2015年11月

娘へ144 君たちに 憎しみという贈り物はあげない

 ここの所、長女が異常に怖がっている。
何に・・?  
 パリ同時多発テロだ。
同じヨーロッパに在住のため、怖いのだと思う。
だからといって、日本でも安心感はないけれど・・。

そんな中、次の様なニュースを見た・・

「君たちに憎しみという贈り物はあげない」――。
パリ同時多発テロで妻を亡くした仏人ジャーナリストが、
テロリストに向けてつづったフェイスブック上の文章に、共感が広がっているとの事・・。

パリ在住の仏人映画ジャーナリスト、
アントワーヌ・レリスさん(34)が書いた。
13日夜にコンサートホール「ルバタクラン」で起きたテロで、
妻エレンさん(35)を失った。

「金曜の夜、最愛の人を奪われたが、君たちを憎むつもりはない」
という書き出しで始まる文章は、妻の遺体と対面した直後に書いた。

「君たちの望み通りに怒りで応じることは、君たちと同じ無知に屈したことになる」と憎しみを否定。
「君たちの負けだ。
(略)幼い息子の幸せで自由な日常が君たちを辱めるだろう。
彼の憎しみを勝ち取ることもないのだから」と、
1歳半の息子と2人で普段通りに暮らし続けることを宣言している。
 文章は19日現在、フェイスブック上で20万回以上共有され、
「あなたの言葉は武力よりも強い」などと多くのメッセージが寄せられているとの事。


  <メッセージ全文> 和訳

金曜の夜、君たちは素晴らしい人の命を奪った。
私の最愛の人であり、息子の母親だった。
でも君たちを憎むつもりはない。
君たちが誰かも知らないし、知りたくもない。
君たちは死んだ魂だ。
君たちは、神の名において無差別な殺戮(さつりく)をした。
 もし神が自らの姿に似せて我々人間をつくったのだとしたら、
妻の体に撃ち込まれた銃弾の一つ一つは
神の心の傷となっているだろう。 
 だから、決して君たちに憎しみという贈り物はあげない。
君たちの望み通りに怒りで応じることは、
君たちと同じ無知に屈することになる。
君たちは、私が恐れ、隣人を疑いの目で見つめ、
安全のために自由を犠牲にすることを望んだ。
だが、君たちの負けだ。
(私という)プレーヤーはまだここにいる。

 今朝、ついに妻と再会した。
何日も待ち続けた末に。
彼女は金曜の夜に出かけた時のまま、
そして私が恋に落ちた12年以上前と
同じように美しかった。
 もちろん悲しみに打ちのめされている。
君たちの小さな勝利を認めよう。
でもそれはごくわずかな時間だけだ。
妻はいつも私たちとともにあり、再び巡り合うだろう。
君たちが決してたどり着けない自由な魂たちの天国で。
 私と息子は2人になった。
でも世界中の軍隊よりも強い。
そして君たちのために割く時間はこれ以上ない。
 昼寝から目覚めたメルビル(息子)のところに行かなければいけない。
彼は生後17カ月で、いつものようにおやつを食べ、私たちはいつものように遊ぶ。
そして幼い彼の人生が幸せで自由であり続けることが君たちを辱めるだろう。
彼の憎しみを勝ち取ることもないのだから。

   ↓    ↓    ↓ 
http://www.asahi.com/sp/articles/ASHCM5V6YHCMUHBI029.html?iref=sp_alist_6_02


 私達遺族は、色々な事が理解できずに苦しんでいる・・。
どうして亡くなったのか・・
どうしてあの時期だったのか・・
何がそうさせたのか・・

 しかし、徐々に日常を取り戻していき、
まずは、この訳の分からない苦しみに屈しないという決意が必要である。





1447838741872



人気ブログランキングへ


コメントが5件入っていましたが、
内容に大変不適切な内容、言葉が使用されておりましたので
削除させて頂いております。ご了承下さい。
今後、コメントは、確認後に公開させていただきます。
悪質なものについては、コメント拒否となります。

娘へ143 たくさんの遺族の言葉

先週は教会墓地にて昇天者への祈祷が行われた。
大勢でお祈りできて良かったと思う・・

あなたの写真は教会の1階に他の方々といっしょに
飾らせて頂いて、感謝だった・・。
その写真は、来年のためにも教会で
保管して頂けるそうで・・置いて帰りましたが、
家で飾っていたのがなくなってしまい、寂しくなり・・
今日は、同じ写真と写真立てを準備します。
やはり、家にも同じものがないと落ち着かないのです。

さて、続いて、どうやって日々、仕事の辛さを
抱えながら自死遺族としてやっていきましょうか?

その4. 同じ自死遺族の方たちの気持ちが書いてある
  スレッドをたくさん読んで浸る。
  あるいは、自分の気持ちと同じ歌や詩を
  集めて、その心に思いっきり浸る。

もちろん、人それぞれで合わない場合もあるけれど、
私の場合、効果があったのは、
[ 家族を自殺で亡くした人・13 ] という
大勢の人たちの2chの書き込み。

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1258865132/
もう、いっぱい、もういいわ!ってくらい読んで
遺族の気持ちに浸りました。

印象に残っているのは、
(俺はもう二度と生まれ変わらん )
( 世界一の長寿国って
  世界で一番不幸かもしれん ・・
  人生は長すぎる・・ )

という切実でストレートな言葉・・。
仕事などでの辛い時にも、本当に同感でした。
まったく、私もそう思う!

本当に多くの遺族がおられます。
あなたにも、どこかで同感できる言葉が
見つからないでしょうか? 

もしかしたら、傷ついた人生の長い道のりに
その時々に必要な癒やしとなる言葉が・・

注意が必要です: 2chですから、時々、
   不用意な気配りのない書き込みが
   間に入っていますので、
   飛ばして 読まねばなりません。
   気になってしまう方は、2chは
   読まないで下さい。
   



IMG_20151104_153607



人気ブログランキングへ

娘へ142 精神の安定について

時々、あんなつらい事があったけれど、
強いねと言われる事がある。

父方の叔母から・・
長女から・・
あるいは、遺族同士の話で・・

しかし、私が強いわけがない。
たまたま私には、慰めてくれる連れ合いはないし
自分達を養って食べさせてくれる人はいないのだから
早く立ち直らざるをえないわけで・・
しんどいからと言って甘えてゴロゴロ寝ていては
死が待つばかりである・・。


さて、回復について考えてみた・・
ひとつひとつ自分に合った方法を
それぞれが見つけて試してみるしかないけれど、
ここに述べる方法は
多少でも私に効果があったものなので、
他の人には合わないかも知れない。

とりあえず述べる事しかできないけれど、
参考程度に・・。

 1: 無理をしない事・・
私の場合、責任の重い仕事から外してもらって、
ストレスを減らす事を考えた。
時間も残業がほぼない事も大切だ。
それによって給料が減っても良いと考える事。
大きく考えると、生きているだけで良い。
心と体の健康を一番に優先する事。

そのためならば、家賃の低いアパートへ
引っ越す事もいとわなかった。

 2: とりあえずいくつかしたら合格
他の自死遺族の方も言っておられた方法。
今日は、とりあえずいくつかしようというのを書かれていた。
とりあえず、歯磨き、茶碗洗い・・これと・・これ
しんどい時は、とりあえず・・だ。
そうこうしているうちに、
家の中が色々と少しずつ片付いていって
身が軽くなった。
部屋が片付くと気分は違うものだ。


 3: 子供さんがおられる場合は
  自分自身を悲劇のヒロインにしない事。
子供は常に見ている。
頑張らなくて良いが、
しかし、常に泣いていると、
子供の情緒が不安定になってもしかたがない。
もしも、子供が不安定になってしまうと、
そのツケは、必ず自分に返ってくると知るべし。


また後から、少しずつ綴ってみたいと思うけれど、
もしもたったひとつでも他の方の良い方法があれば、
調べてみて、合う、合わないに関係なく、
試してみるのも1つの方法かもしれない。


  精神科で使用される薬のニュースが・・

今日のニュースに、
 [有名論文、うのみは危険? 
 精神医学、治療効果の信用度37%・・]
というのが目に止まった。

娘が、治療効果の信用度が
たった37%のものを飲んでいたのかと思うと・・
悔しさは100倍である。
   ↓   ↓   ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151101-00000001-kyt-sctch



1445741339534





人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

gensei39

ギャラリー
  • 娘へ158 必ず向き合う個人作業
  • 娘へ157 後悔しないために・・
  • 娘へ156 なぜなんだろう?
  • 娘へ155 アラン幸福論
  • 娘へ154 G7の後、続けて広島へ
  • 娘へ153 フィジーと日本の若者の幸せの共通点
  • 娘へ152 競争ではない幸福の掴み方
  • 娘へ151 この世の時間は
  • 娘へ150 生活の質のランクが・・