2017年05月26日

戦争を渇望する軍産複合体(1/3)

アメリカだけの話ではないようだ。日本にも軍産複合体が蠢いている。
リンクより引用
・・・・・・・・・・・・・・引用開始・・・・・・・・・・・・・・・
  戦争を渇望する軍産複合体   民需行き詰まり軍需に傾斜
  破壊と復興で一挙両得     2017年4月19日付
米国の後追いする日本企業

 米トランプ政府がシリアにトマホーク59発を撃ち込み、アフガニスタンに通常兵器で最強の爆風爆弾「モアブ」を投下し、逆らう者は軍事力行使でたたきつぶす姿勢をあらわにしている。朝鮮半島近辺では過去最大の米韓軍事演習で挑発し、反発して北朝鮮がミサイルを発射すると原子力空母を急派した。このなかで軍需産業銘柄の株価が急騰した。軍事緊張が高まれば高まるほど値がつり上がる関係で、防衛政策トップの稲田防衛相などは軍需関連株を2万2000株所有し、国民の生命・財産を犠牲にすることでばく大な利益を得ている。一連の武力行使や軍事挑発をめぐり、戦争を渇望する勢力の存在が露わになっている。

トランプ登場後高騰する関連株

 アメリカが原子力空母を展開し朝鮮半島をめぐる緊張が激化すると、細谷火工(照明弾や発煙筒)、興研(防毒マスク)、石川製作所(機雷や弾薬)など軍需関連企業の株価がそろって年初来の高値を更新した。
続きを読む

gensenkeijiban at 11:33|PermalinkComments(4)

戦争を渇望する軍産複合体(2/3)


(1/3)からの続き
リンクより引用

国内製造業の変化 軍需にたかる三菱重工

 現在、国内製造大手の内部でも民需を切り捨て、軍事部門へ傾斜していく動きが加速している。三菱重工業を見ると、同社で製造する主な兵器は戦車やイージス艦、潜水艦、ミサイル艇、戦闘機、軍用ヘリ、ミサイル、魚雷など多岐にわたるが、もっとも重視されているのは岩国基地などに配備したステルス戦闘機F35の国際整備拠点づくりである。
 2014年に日米両政府はF35の国際整備拠点を日本に置くことを発表し、場所をF35のエンジンや機体組み立てを受注した三菱重工業小牧南工場(愛知県)とIHI瑞穂工場(東京都)を指定した。この計画にそって機体整備拠点を2018年までに三菱重工小牧南工場につくり、その3~5年後にエンジンの整備拠点をIHI瑞穂工場につくる段取りである。
 人員面でも戦闘機部門を強化するため、2013年前半には長崎造船所から航空部門のある名古屋地区と下関地区へ約170人を配置転換した。同年10月にも長崎から93人を名古屋航空宇宙システム製作所に配転させた。さらに名古屋の大江工場と飛鳥工場から小牧南工場へ300人規模で移転させる。
続きを読む

gensenkeijiban at 11:29|PermalinkComments(0)

2017年05月15日

人口増加に歯止めをかける為に、意図的にガンを発生させる金貸勢力

「wantonのブログ」産の記事を紹介します。
リンク


【ほぼ全てのガンは今すぐ治療可能だ。しかし、今後公開される可能性は無い。~ロックフェラー研究所】 

ロックフェラーが操る優生学 推進 組織、家族 計画 連盟(Planned Parenthood)
の代表リチャード・デイ博士が、1969年にピッツバーグでの医師たちの会議で、来たるべき国際社会の変革についてどう発言していたかを以下綴ろう。

個々の計画的変革が書かれた長いリストの詳細を述べる前に、彼は集まった医師達に「録音器具の電源を切り、メモを取らない様に求めた。

だが、ある医師はメモを取り、後にそこで話されていた事を公にした。
40年後の現在、私達は、デイ博士が如何に並外れて正確だったかを確かめる事ができる。
1969年に彼が医師達へ話した以下の内容にある。
続きを読む

gensenkeijiban at 11:12|PermalinkComments(9)