2019年02月

2019年02月28日

食品や薬の中に入れて、大衆の頭を悪くさせる方法

食品や薬の中に入れて、大衆の頭を悪くさせる方法 

リンク
------------------------------------------------------------------
 大衆の頭を悪くさせる方法として、食品や薬の中に有害な物質を入れることが挙げられています。記事では、フッ素、重金属(水銀など)、精神薬、キャノーラ油、遺伝子組み換え食品が挙げられており、それぞれについて簡単な要約があります。

  フッ素に関しては、ディビッド・ウィルコック氏が、人間の直感力を司る松果体を石灰化させてしまうとして、水道水に含まれているフッ素に警鐘を鳴らしていました。
  重金属は、食品や薬だけではなく、現在ではケムトレイルで大気中に散布されており、これは厄介な問題だと思っています。
  精神薬は、かえって患者を本当の精神病にしてしまう可能性があり、できれば、安易に精神科に行って薬をもらうのは避けるべきだと思います。このような精神薬より、ガヤトリー・マントラや愛のマントラの方が、遥かに効果が高いと考えています。
続きを読む

gensenkeijiban at 14:54|PermalinkComments(0)

我々の血税が「天皇派」の勢力拡大のために使われているという憂うべき現実。

リンク(リンク

日本の歴代首相はとにかくいつもバラマキ、バラマキ。マスコミはそれを弱腰外交と言ってさんざんバカにしてきましたが、なぜかこれまでの全ての歴代首相が、なぜバラマキをやるのか、その理由を全く説明せず、批判されても全く何も言い訳しなかった。
 
なぜ言い訳しなかったのか。本当にお金をばらまいていたから言い訳しなかったのか。
 
いいえ。そうではありません。彼らにはその理由をはっきりと言うことができなかったのです。この世の中が「天皇派」と「教皇派」に分かれて争っていて、「天皇派」の勢力拡大のためにお金をばらまいている。そんなこと、口が裂けても言えるわけがありませんから。
 
しかも、彼らは我々の収めた税金を海外にばらまいているのですよ。であるなら、その使い道をきちんと我々に説明するのが筋というものではありませんか。
続きを読む

gensenkeijiban at 11:24|PermalinkComments(0)

2019年02月27日

竹田恒和氏贈賄疑惑…東京五輪ごり押し一味はみな“悪”じゃ(室井佑月)

日刊ゲンダイDIGITAL より転載です
リンク


竹田恒和氏贈賄疑惑…東京五輪ごり押し一味はみな“悪”じゃ
 公開日:2019/01/18 06:00 
----------------------------
「仮に百歩譲って意図的にお金をワイロのつもりで渡していたとしても合法。違法ではない」(竹田恒泰氏)

 面白いもの見つけちゃった。1月13日付の「論壇net」の「竹田恒泰氏、パパの贈賄疑惑について『意図的にワイロを渡していたとしても違法ではない』と主張していた」という記事。

 なんでも、2016年5月29日にJOCの竹田恒和会長の長男、竹田恒泰氏が読売テレビ「そこまで言って委員会NP」に出演し、冒頭の発言をしていたんだと。それがさ、ついこの間、19年1月11日、櫻井よしこ氏がホストを務めるインターネットテレビ「言論テレビ」に登場し、
続きを読む

gensenkeijiban at 11:16|PermalinkComments(0)

2019年02月25日

日本が売られる

日本が売られる (幻冬舎新書)– 2018/10/4 堤 未果 (著)リンク

水と安全はタダ同然、医療と介護は世界トップ。そんな日本に今、とんでもない魔の手が伸びているのを知っているだろうか? 法律が次々と変えられ、米国や中国、EUなどのハゲタカどもが、我々の資産を買いあさっている。水や米、海や森や農地、国民皆保険に公教育に食の安全に個人情報など、日本が誇る貴重な資産に値札がつけられ、叩き売りされているのだ。マスコミが報道しない衝撃の舞台裏と反撃の戦略を、緻密な現場取材と膨大な資料をもとに暴き出す!

第1章 日本人の資産が売られる

1 水が売られる(水道民営化)
2 土が売られる(汚染土の再利用)
3 タネが売られる(種子法廃止)
4 ミツバチの命が売られる(農薬規制緩和)
5 食の選択肢が売られる(遺伝子組み換え食品表示消滅)
6 牛乳が売られる(生乳流通自由化)
7 農地が売られる(農地法改正)
8 森が売られる(森林経営管理法)
9 海が売られる(漁協法改正)
10 築地が売られる(卸売市場解体)
続きを読む

gensenkeijiban at 11:20|PermalinkComments(0)

2019年02月24日

現代の日本を蝕む巨大な「医の誤り」

武田教授が呆れた、現代の日本を蝕む巨大な「医の誤り」
(リンク)より転載

****************************
■現代の日本を蝕む巨大な誤りの一つ「医の誤り」とは

現代の日本には「巨大な誤り」がいくつか存在するけれど、その一つが「医の誤り」だろうと思います。その誤りは毎日患者さんを相手に治療している「普通の医者」からでたものではなく、厚労省で力を持っている特殊な医者や、医師会などで指導的な力を発揮している医師などが作り出したものです。

薬のメーカーとの癒着があったり、天下り先を作るために役人に頼まれたり、そんな立場にいる医師や、国立がんセンターなどの研究をしている医師や医療研究に携わっている人が問題なのです。

彼らは、現実の臨床などに携わっていないし、論文などを出して注目されなければならないなど、「現場の多種多様の問題」に接していないので、観念的になり、間違いを起こすものと考えられます。
続きを読む

gensenkeijiban at 11:34|PermalinkComments(0)