環境問題が解決しないのは、何で?


リンク

米ハーバード大学の研究者らが、上空20kmの大気中に化学物質を注入する「エアロゾル・インジェクション」を数週間以内に開始するという驚きのニュースが舞い込んできた。一部では「ケムトレイル」との関連も指摘され、大きな話題になっている。

「Futurism.com」(3月28日付)などによると、同計画は世界最大の地球工学プログラムになる見通しで、火山噴火にともなう大気の冷却効果を人工的に引き起こし、地球温暖化を緩和することが目的だという。2022年までに2つの物質の散布を完了する予定とのことだ。

 火山と地球冷却の間には一見したところ何の関係もなさそうだが、実は火山噴火が原因の世界的な冷害はこれまで何度も起こっている。

【緊急】ハーバード大教授がケムトレイルで地球温暖化を防止へ → 失敗すれば5年以内に大飢饉発生・人類滅亡もの

 1991年、フィリピンのピナトゥボ山が噴火した際には、大量の大気エアロゾル粒子が成層圏に放出され、全球規模の硫酸エアロゾル層を形成し何か月も残留したことで、太陽放射が遮断され、地球の気温が約0.5℃下がった。

にほんブログ村 環境ブログへ 続きを読む

恐怖!!全国で導入続々!!”スマートメーター”で「不眠」「頭痛」「めまい」「耳鳴り」「吐き気」世界では反対運動!!

愛詩tel by shigより以下引用です
リンク
・世界的電磁放射線汚染源「スマートメーター」
政府は2020年内までに、日本全戸にスマートメーター導入予定 
(略)
スマートメーターとは、「電気の使用量を30分ごとに電磁放射線(マイクロ波)で送信する新しい電力検針器」のことだ。

これは「電力量計」、「通信機能を備えた電力メーター」、「インターネットにつながった積算電力計」などとも呼ばれている。
ちなみに電気の検針器だけでなく、
ガス、水道に関する使用データをマイクロ波で送信する検針器もスマートメーターと呼ばれている。

しかし現在、日本で問題になっているスマートメーターはほとんどが電気に関するものなので、本書で「スマートメーター」と使う場合は、電気に関することに限定する。
(略)
にほんブログ村 環境ブログへ 続きを読む

恐怖!!全国で導入続々!!”スマートメーター”で「不眠」「頭痛」「めまい」「耳鳴り」「吐き気」世界では反対運動!!
愛詩tel by shigより以下続き引用です
リンク

・40人の科学者・医療専門家が正した「ウソ情報」

カナダの情報誌『21世紀の家』が、スマートメーターの危険性について
40人の医師たちのコメントを載せた。

これは2012年5月24日付、モントリオール 日刊誌『ル・ドボワール』に掲載された、「ワイヤレス・スマートメーターが人の健康に与える危険性はない」という文書に対して出された反論であり、
『スマートメーター 粗野なニセ情報を正す』というものだ。
彼らは電磁放射線の健康影響についての、何百もの論文を共同で執筆してきた国際的な専門家たちであり、科学者と医療関係の専門家たちだ。

 問題のウソとされる文書は、ケベック州のエンジニア・物理学者のグループによって提起されたものだ。彼らは何千もの研究結果は、低レベルマイクロ波の曝露によるがんの増加を示していない」などと記述していた。
にほんブログ村 環境ブログへ 続きを読む

このページのトップヘ