2017年01月10日

ビイック社のホームページ、リニューアルしました


 新年にあたり、当社のホームページが新しくなりました。
ぜひご覧ください。
→http://www.vic-ltd.co.jp/

 また、私のブログもホームページ内で閲覧出来ます。
今後は当社ホームページと当ライブドアブログに投稿していきます。
→http://www.vic-ltd.co.jp/blog/

 今後ともよろしくお願い申し上げます。

(ビイック株式会社 佐藤和森) 


genshin88 at 15:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)感謝 

1月の標語「出来ない理由を上げないで、とりあえず行動する」

「出来ない理由を上げないで、とりあえず行動する」

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
増税前の住宅建築を考えていた方々やマイナス金利による住宅ローン金利が低くなったことによる駆け込みにより、昨年8月からは例年と比較して10%程度地盤調査件数が増加しました。しかし、住宅を建築する方々が増えたわけではありません。この1月からは当然受注件数の伸び悩みが予測されます。

 従って、当社がこれまで取り組んでいる下記商品が今年の売上を支えるように成長させる必要があります。
  ・既存住宅の地盤保証
  ・地盤の揺れやすさ調査
  ・動的耐震計測      です。

 新商品を取り扱う際、これまでの顧客向きの商品であるのか、それとも新規開拓営業をする商品であるのかによって当然アプローチが変わってきます。それぞれの顧客にとってその商品が魅力的に感じる要素が違います。ある方々にとってはAというアプローチであり、他の方々にはBというアプローチかも知れません。

 そしてゴールというものが見えず、どのように進めていくのか分からないときでも、まず行動をしていくといろいろなアイデアが浮かんできます。そのアイデアを進んでいくとまた別のアイデアが浮かび、最後はそのゴールへと近づいていくことを私たちは知っています。

 また目の前にある課題をクリアしていくと、その先にまた別の課題が現れ、その課題をクリアしていくとまた別の課題が現れてきます。しかし、諦めずにそれらの課題1つ1つをクリアしていくとやがて全ての問題が無くなり、素晴らしいものが出来上がります。

 いろいろなことを経験することはとても重要です。しかしこれまでの経験が仇となることもあります。何故ならばそれは出来ない理由を上げ始めるからです。出来ない理由を上げるのは簡単です。そしてその結果として何も行動しないということになります。

 正解のアプローチというものはなく、どのアプローチが効果的であるのかというものを探っていく必要があります。従って、出来ない理由を上げるのでは無く、とりあえず行動をすることが大切です。その行動が失敗することは恥でも何でもありません。しかし、何もしないことが最も恥ずかしいことだと思います。

(ビイック株式会社 佐藤和森) 


genshin88 at 15:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)標語 

2016年12月12日

12月の標語 「整理・整頓」


 今月の標語は、「整理・整頓」です。
昨年12月と同じ標語です。

 今年は、3つの「整理・整頓」をしたいと思います。

 1つ目は、通常の「整理・整頓」です。
不必要な物を処分し、必要な物を必要なときに取り出せるようにします。これにより探す時間を無くすことが出来ます。

 2つ目は、業務の「整理・整頓」です。
時間が取られてしまっている行動があるならば、どのように工夫すれば良いのか。
先方からの回答が無いと進まない業務があるのならば回答をくださらない場合の対処や対応方法を決めてひとつひとつ完結していくようにする。
ルールに従わない人がいて
自分が代わりにそれを行っている仕事があるのならばルールに従っていない人の事情を確認し、どのようなルールであれば対処出来るのかを確認することをします。

 自分だけでコントロール出来るのであれば、
それ程の問題とはならないと思いますが、相手に依存されている場合は、どのようにすれば相手がその目的のために協力してくれるのかを検討し、変更していく必要があります。

 3つ目は、気持ちの「整理・整頓」です。
年末年始はいろいろなことを考える時期であると思います。あせってしまうと上手くこなせずに気落ちしてしまうことがありま
す。まずは何を優先するべきなのかを絶えずイメージしておくようにします。またひとつだけのイメージであるとその通りに行かないときに立ち往生してしまいますので、A計画・B計画など複数のイメージを想定し、臨機応変に対処出来るようにします。

 そして何をするにしても健康が第一です。自分の健康に良いと思うことは率先して行うようにして健康
維持に努めます。

(ビイック株式会社 佐藤和森)



genshin88 at 10:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)標語