鏡さんから、自由とミステリーシナリオについての僕のブログに対する質問の回答が来ました。

http://www.rpgjapan.com/kagami/2008/06/post-146.html

【結論】
 すいません。
 あまり理解できません。
 mixiでも2ちゃんでも、メールでもいいので、鏡さんが何を言いたいのか教えてください。
 とりあえず、僕の読解力でわかったのは、
・鏡さんのいう自由は、聞いても理解できない自由なので、荒唐無稽、または実現不可能だなあと思う。
・ミステリーシナリオは、鏡さんの説明では、やはり「自由」と相性が悪そうだ。
と思いました。

【だらだらと】
 いや、こうなりそうだと、2ちゃんねるのスレでの発言もありましたが、本当にそうなりましたね。
 鏡さんのいうミステリーシナリオってのは、たぶん、普通に想像するミステリーシナリオとは違うものなんでしょうねえ。
 鏡さんの言葉遊びからすれば、「管理」を前提にしたシナリオのひとつがミステリーシナリオだと思うのですが、どうなんでしょう?
 そもそも、鏡さんは「何故ミステリーシナリオを取り上げたのか、について。それが「自由」とは相性が悪い、と思いこんでいる方がいるだろう、と考えたからです。」と書いてありますが、鏡さんの文章を読めば読むほど

   ミステリーシナリオと自由は相性は悪い

と再認識させられます。
 というか、前回の鏡さんの説明では、どう考えても相性が悪そうです。
 相性が悪くないというのなら、それを説明してください
 自由にできるというのなら、それでGMもプレイヤーも楽しむ方法を提示してほしいなあと。

【ふと思う】
 鏡さんの制約と自由は、言葉遊びの定義としては理解しましたが、荒唐無稽な話ですね。
 そこで線引きする理由がわかりません。
 言葉遊びの類としか思えません。
 というか、鏡さんの定義では、GMの管理のほうが厳しいようにいいますが、重厚な世界設定のほうがプレイヤーの自由意志を制限すると思いますし(たとえばルンクエとか)
 プレイヤーが楽しめば自由、GMが自分の楽しみを提示すれば管理、システムは神様、いやあ、TRPGってGMが奴隷のようなゲームなんだなあと思いました。
 だって、プレイヤーの望むことしかしちゃいけないんだもん。
 ああ、自由にTRPGを楽しむって、GMが管理されるわけですね。

【とはいっても】
 僕がそう思うだけで、実は違うかもしれないので、みなさんの感覚ではどうなのか、教えてくれるとうれしいです。

【最後に鏡さんへ】
 どうしても納得いかず、書いてしまいましたが、ミステリーシナリオ、および鏡さんのいう自由に対する記事はとりあえずやめるつもりです。
 この記事に関するトラックバックは受け付けますが、トラックバックした記事について、反論感想は書きません。
 どう考えても水掛論でしょうし。
 あ、ただ、鏡さんの記事を読んで、ああ、僕が間違っていたんだと納得できた場合は、また記事を書きたいと思います。
 最初にも書きましたが、僕にとっては

  ミステリーシナリオと鏡さんのいう自由は相性が悪い
  僕からすれば、鏡さんのいう自由や、それに対するアプローチは絵空事としか読み取れない

としか思えません。