ということで、今回はイラスト編です。
 
 イラストで注目といえば、やはり表紙ですね。
WEBで公開されたときも素晴らしい!と思いましたが、こうやって手に取ると、ほんと、しの先生の渾身の一作だと思います。
 
 しかも、最近話題になった萌え絵なラノベ風の表紙じゃない。
 僕は、多種多様なキャラができるように、複数のキャラを飾るのがTRPGの常識だと思うのですが、これはこれでありかな?と思います。

 まあ、何よりイラストがかっこいいのと、ある程度ダブルクロスが認知されているからだと思いますが。

 じゃなきゃ、いくら、この方が年がわりと高めだったり、女性だったりしても、手に取りやすいですが、ボウケンレッドが出てきそうなくらいの冒険的な表紙だと思います。

 中のイラストも、コミックもダブルクロスらしい、サンプルキャラもかっこいいし、シンドロームのコミックも端的にうまく紹介しているし・・・、やはりイラストの力は偉大ですね。

 魔獣戦線もイラストが欲しいと思う今日この頃です。
 安くて(できれば無料)で素敵なイラストを描いてくれる人いないですかね(いないよ)

 ただ、ちょっと気になったのは、表紙1、表紙2の少年、少女ってサンプルキャラじゃないみたいですね。
 なぜ、だろう?
 コミックにはでているのに?
 あと、コミックの絵とシンドロームの文章イメージがずれているのが何個かありましたが、なぜなんでしょうね。
 なんだか、ひじょうにもったいないと思いました。

 あと、イラストでいえば、噂の春日恭二のいかにもかませ犬っぽい笑みが素敵だと思います。