Made in TAURINI

ムルティプラのことなど、備忘録。

ABARTH500になりました。

Date :
2017年05月19日
Category :
ABARTH500
2013年に買ったパンダ3ですが、4年目で7.5万キロほどでクラッチ板がダメになり、要交換となりました。保証も切れたし今後のデュアロジックの故障の事も考えて、乗り換えることに。
で、昔から乗りたかったアバルトへ。マイナーチェンジが終わった直後で、前のオリジナルモデルの最終型の在庫車がディーラーに一台だけあった!!
というわけで、アレヨアレヨと契約となりました。
その後2ヶ月、毎日の運転がかなり楽しいです。ミニと交互に乗っても全然違うところと、なんかドライビングがワクワクするところは共通してます。どっちもイイ!!
IMG_6625

さよならムルティプラ

Date :
2013年08月13日
Category :
FIAT PANDA3 | FIAT MULTIPLA (ムルティプラ)
既に先月末の話なのですが...

走行165,000キロを超え、あちこちお疲れが来たムルティプラ。先月もワイパーモータ故障やドライブシャフトジョイントの異音のため交換修理に出したのですが、修理から帰ってきた直後にクラッチから異音が。。。
またレリーズベアリングが逝ってしまったようです。再び修理のサイクルに入って来てしまったようで急に維持する気持ちが萎えてしまいました。
あちこち細かい不具合が発生するクラシックミニの事もあり、一家に一台は安心して乗れる車を!という事で、急遽パンダを購入。うーん、ムルティプラはもっと乗るつもりだっただけに複雑な心境。
ムルはうちに来てから丸10年、その間に家族が増えたり、減ったり、様々な人生の泣き笑いの傍らで一緒に過ごせた事に深く感謝です。本当に使い勝手の良い楽しい車だったなぁ〜。

というわけで、これからはツインエアのパンダと共にいきます。あー、ムルほどは荷物も人も乗らないので、以前のようなキャンプは無理でしょうけど。

panda

ローバーミニ

Date :
2012年11月02日
Category :
Classic Mini(ミニ)
大事にし過ぎるあまり、普段あまり乗らなかったFIAT500ですが、そのまま古くなっていってしまうのももったいないので、毎日大切に乗ってくれる友人に譲りました。
で、その代わりにローバーミニを買いました。
チャコールブラックのボディーにベージュ革内装の94年式35周年記念モデルです。専門店でしっかりと整備、板金塗装などをしていただいての納車です。
ATモデルですが運転が楽しいです。車と運転者の一体感、ダイレクトなハンドリングなど、乗っても乗らなくても(見ているだけでも)とても楽しい車です。大事にしたいと思います。
my Rover Mini 35th

my Mini 35th

ムルティプラオルタネータ破損とバッテリ交換

Date :
2012年09月22日
Category :
FIAT MULTIPLA (ムルティプラ)
先日の事ですが、調子良く乗っていたムルが、翌朝エンジンをかけようと思ってもうんともすんとも言わなくなりました。セルが回る気配もなく、そのうちドアロックモーターも動かない状態。
「こりゃぁ電気系統死亡だな・・・」と思い、車屋さんに連絡。
ローダーで引き取りにきてくださいました。
診断の結果は、オルタネータがダメ、バッテリーももう寿命。ということで、一気に交換へ。
オルタは純正部品が無いようで、交換部品にてすぐに対応。すぐに手元に戻ってきました。
その後の調子はすこぶる良いです。まぁ15万キロも走ったので良く持ったのではないでしょうか。
 出先ではなく、自宅の駐車場で不動になるあたり、うちのムルティプラは賢い車です(笑。

チンクェチェントの近況

Date :
2012年07月01日
Category :
FIAT 500 (Newチンク)
チンクの方は不具合も無く順調に走っています。まぁそもそもあんまり距離数走ってないので、それで壊れると困るんですが。
 最近いじったところでは、ステアリングをBLACK社製のブラックとアイボリーの革巻きのものに交換しました。純正のアイボリーのも良かったんですが、少し汚れてきたのと、外装を車高落としたりマフラー換えたりしている車としてはステアリングが少しファンシーすぎるかなぁと思い、もう少しレーシーなものにしてみました。
握りやすくてグリップも良く、なかなかいい感じです。でも白い革の部分はやっぱり汚れちゃいそうですが。ホーンボタンやオーディオコントローラー部分は純正をそのまま利用です。交換作業はディーラーにてお願いしました。
428504_326446917429804_1114427044_n

PageTop