Made in TAURINI

ムルティプラのことなど、備忘録。

トップページ > ルーフテントでキャンプ (キャンプ) | Travel (旅行) > 夏の旅行(無印良品嬬恋カンパーニャキャンプ場 8月14日〜17日)レポート

夏の旅行(無印良品嬬恋カンパーニャキャンプ場 8月14日〜17日)レポート

Date :
2008年08月18日
Category :
ルーフテントでキャンプ (キャンプ) | Travel (旅行)
当初の予定通り14日〜17日まで、群馬県嬬恋村にある無印良品キャンプ場へ行ってきた。
100_4223
いつものようにETC深夜割引を利用しようと、午前3時半出発予定。が、15分遅れて出発したため、かなり頑張って走ってなんとか3時58分にETCゲート通過。ここまでで精神力をほとんど使い切ったため、あとのことは良く覚えてないが、北陸道、上信越道と走り、須坂長野東ICで高速を降り、国道406号で菅平高原を経由。国道144号へ出て、嬬恋村へ到着。
嬬恋パノラマラインという道路で、嬬恋キャンプ場があるバラギ湖方面へ。
途中、インターネットなどで情報を得てはいたが、どこまでも広がるキャベツ畑に感動。遠くは浅間山まで一望できる大パノラマに家族一同感激し、車を停めてしばし休憩。
100_4202

100_4209  100_4205

昼前にキャンプ場に到着。チェックインは13時からとのことで、無印良品のショップや、バラギ湖周辺を歩いて散策。湖畔を吹く風が涼しくて気持ちよい。借りたサイトは大草原に面した、F28というところ。湖に向かって全体的に傾斜しているが、面積も広くて眺めも最高。サニタリー棟もあちこちにあり、無駄なものは一切ないが、とても良く管理されたキャンプ場だと思った。
100_4216 100_4214

100_4217

さて、今回は3泊滞在するということで、ランドステーションにインナールームを入れ、そこを寝室にした。家族4人でも充分な広さだと思う。
夏なのでランステだと閉塞感があってちょっとうっとおしいかなぁと思ったけど、午後になってから分かったのだが、毎日凄い夕立が来るので、ランドステーションにしておいて本当に良かったと思った。普通のヘキサタープだけのサイトの方は、横殴りの暴風雨が凄くて、とても食事どころではなかったようだ。
100_4227

100_4237 100_4226 100_4228

100_4240 100_4242 100_4271

初日の夜は、オイルフォンデュをしてみた。衣をつけなくてもいいし、素揚げするだけなので超簡単。油っぽいかと思ったが、あっさりしていて美味しい。ソースは、バーベキューと、マヨネーズ+しょうゆ、マヨネーズ+ケチャップの3種で。途中、激しい落雷と豪雨にびびったが、ランステが倒壊することは無く無事食事終了。
外でBBQをされていた人は大変だったと思う。
雨が上がったあとは、子どもたちは目の前の草原に出て行き、紙飛行機を飛ばしたり、娘はバッタ捕獲に精を出していた。
100_4230 100_4231 100_4233

100_4236

2日目は車で、鹿沢のスキー場を利用して作られている、「ゆり園」へ行って見た。ゲレンデいっぱいに色とりどりの様々な種類のユリの花が咲き乱れていてとても綺麗だ。残念ながらユリのことは良く分からないので、「綺麗だな」くらいしか思いつかないのだが、それにしても、これだけのものを維持管理していくのは大変だろうなと思う。
100_4251

100_4259 100_4256

さて、夕飯やらの買い物をするために、144号を少し下った、Aコープまで買出しに。観光シーズンのためか、県外ナンバーの車で駐車場があふれかえっている。ってうちもだけど。
食材やらなんやら大量に買い込んで、10キロほどの道のりを又キャンプ場へ戻った。お昼の弁当を食べだしたが、買ったものの大半をスーパーへ置き忘れていることが発覚。。。再びスーパーまで戻る羽目に。
で、無事積み忘れのものを受け取り、再びキャンプ場へ。途中、キャンプ場の近くにある、湖畔の湯でお風呂に入った。キャンプ場にはお風呂がない代わりに、ここの割引券をくれるのだ。こじんまりとした入浴施設で、大きな浴槽が1つしかないので、「露天風呂はどこ?」と子どもたちは不満だった様子。
 3時ごろにサイトへ戻り、夕飯の準備。今晩は嬬恋キャベツと豚肉のダッチオーブン蒸しにしてみた。といっても、切ったキャベツと豚肉を交互に敷いて、塩コショウと酒を振り掛け、これを繰り返すだけ。う〜ん、手抜き。。。
ポン酢をかけて食べたらあっさりしていて美味しかった。
100_4268

100_4269

100_4272

100_4273

夕立が来そうだったので、ランステの開口部分を出来るだけ閉じたりしていたら、キャンプ場スタッフの方が来られ、「明日の朝キャベツ収穫祭があるので是非来て下さい」との案内であった。1サイト2個までキャベツ刈りができるらしい。
その直後、昨日ほどではないがやはり夕立に見舞われた。


 3日目は7時から「キャベツ収穫祭」に出かけた。15分くらい前にバラギ湖反対側の会場へ車で移動。ほとんど人がいない。と思ったが、後から続々と凄い台数の車が。早めに行ってよかった・・・。
子どもも大きなキャベツ収穫は初めてだったのでとても喜んでいた。
100_4277

 サイトに戻って朝ごはんを食べ、今日はどこも行かずにキャンプ場でゆっくりすることに。でも子どもが釣りがしたいというので、バラギ湖の釣り専用池へ歩いて行って見た。バラギ湖では、カヌーをする人やルアー釣りをする人、フライフィッシングをする人など沢山いた。
100_4304
釣り専用池はそのバラギ湖横にある5メートル四方くらいの池で、ニジマスを釣るようになっている。借りた竿に餌は「イクラ」である。管理棟のおじさんは、すぐ釣れますよと言っていたが、やってみるとさっぱり釣れない。先に来ていた方に聞いてみたら、積極的にえさを動かさないと釣れないとのことで、それにならってやってみた。試行錯誤しながら観察したら、ニジマスは水面にえさが落ちた瞬間と、それが水面をスピーディーに移動していく時にしか反応しないようで、只釣り糸をたれていても全然餌を食おうともしない。で、なんとか3匹は釣ったが終了。バケツに入れたまま歩いてキャンプサイトまで帰ったが遠かった。
100_4310

 3時前にサイトに戻って「どうもなんか降ってきそうな気がする」と思った瞬間、激しいスコールが。まだタープやテントを設営中の人もいるのにこれは厳しい。一度雨がやんで、モブログを書いたりしていたのだが、夕方になってさらに激しい夕立が。今度のは今までで一番凄い!。ついに、傾斜したサイト内に川が出来た。あー、長靴持ってきて良かった。インナールーム内は水没しなかったけど、ランステ内のダイニング&リビング部分は完全に川に。でも日が暮れる頃には雨もほとんど止んだ。サイトは黒土だったが、水はけも良く、すぐに水溜りはほとんど無くなった。でもキャンプ場内の砂利道は雨で流されて通行不能になった箇所もでていた。
100_4306 100_4311 

 4日目の朝は日が差し、ランステもどんどん乾いてきた。インナールームの下は未だどろどろだったので、まずはグラウンドシートやインナールームを外して泥を洗い流して乾かした。ペグもどろどろだったので子どもたちに洗ってもらった。12時チェックアウトなので、ひたすら撤収作業。今回は3泊して荷物も多かったのでなかなか大変。でも撤収時には晴れて乾燥してくれたのが幸い。11時前には撤収完了し、無印ショップで買い物したりしてその後チェックアウトした。
 
 帰りは、万座ハイウェイを抜け万座温泉へ。
日進館というホテルで温泉に入った。日帰り入浴も出来、温泉の雰囲気もとてもよい。今回は浴槽もたくさんあって子どもも満足。硫黄の香りが強い白濁した温泉が疲れを取ってくれる。内湯にも露天風呂があるのだが、いったん外へ出て歩いていく露天風呂もあるよう。絶景露天風呂らしいが、当日はあいにくの凄い霧。
妻が入浴に行ったのだが、景色は何も見えなかったといっていた。
僕は子どもと、駐車場で飼われている、ウサギとニワトリと遊んで待っていた。
100_4312 100_4318

 その後、白根山の方へ上がり、志賀高原方面へ抜けたが、全くの視界ゼロ。標高2300メートルを車で走る、本来なら360度の大パノラマの景色が楽しめるはずの昔から本当に大好きな山岳道路なのだが、今回は雲の中で景色が全く見えず残念だった。天気が良かったら、白根山の湯釜(エメラルドグリーンの池)に行こうと思ったけど視界が悪いのでパス。
そのまま志賀高原まで抜けたけど、志賀高原では気温14度で結構肌寒い。
景色も見えないのでそのまま湯田中の方へ降り、道の駅の北信州やまのうちへ寄って得盛ざるそばを食べた。値段も安く美味しくてお奨め。
 そして、信州中野ICから上信越道に乗り岐路へ。
 今回は不安定な天気ではあったが、家族各々が色んな体験も出来、とても充実した旅行を楽しむことが出来た。そして又機会があったら、是非行きたいキャンプ場であった。

コメント一覧

    • INA
    • 2008年08月29日 06:10
    • 5
    • こんぬつわ♪
      呼ばれて飛び出てきましたよ(^。^)

      お?デザイン変えましたね?

      レポ、楽しく読ませて頂きました。
      なかなか行動的ですなぁ
      MUJIキャンプ場、ますます行きたくなるこの頃です。雨対策が重要ですね。

      我が家の15日夜はあるキャンプ場ではないキャンプ場(苦笑)で一泊。公園内の四阿でちゃっかり屋内テント。夜半から明け方まで豪雨でしたが、音がうるさい以外何の問題もなく撤収も楽珍でしたが、四阿がなかったらと思うとね。

      しかし、ウサギちゃんですよ。プリチーですね!
      やっぱ耳とシッポがポイントでしょう(?
    • gensyoo
    • 2008年08月30日 08:55
    • INAさん、いらっしゃいませ。
      荒天時、四阿にテントはいいですよね。M姫湖には大きいのあるし、豪雨にも心配ないですね。キャンプのためにもうちの四阿、全国にもっと普及させましょう(笑。
      ちなみに嬬恋MUJIのあるところは、四阿山という高い山の下でした。
       ウサギちゃん、耳としっぽが・・・って、センセ、それ違うウサギちゃんのこと言ってませんか?
    • imaba
    • 2008年08月30日 14:20
    • こんにちは、

      嬬恋MUJIのキャンプ楽しまれたようですね?皆様の様子が伝わってきました!!
      嬬恋キャンプ場は、草原の中のキャンプ場と言う感じなんですね?開放感があっていい感じです。GENSYOさんの写真をみて、是非行って見たくなりました。

      毎夕の夕立ですか、南国の島のスコールみたい。行くときは、気をつけます。(笑)
    • gensyoo
    • 2008年08月30日 14:44
    • 嬬恋のMUJIは、昔からある林間サイトと、MUJIが開発した草原サイトからなっているようで、今回は開放感のある草原サイト(それも端っこの草原との境目のエリア)にしました。おかげで開放感は本当に抜群でした。
       それにしても山の天気はやばいですね。
      (最近は街中でも油断できないけど)
      文字通りゲリラ雷雨が来るので、夏山キャンプにはシェルター系のものが必須だと感じましたよ。
    • yamatomo
    • 2008年09月20日 21:44
    • はじめまして

      MUJIキャンプ場の近くの「湖畔の湯」駐車場にて偶然にも横に並んだ同県ナンバーのディスカバリー乗りです。
      珍しいムルティプラにルーフテントが気になり、探したところブログにたどり着きました。
      私もクルマ好きのキャンプ好きです。またお会いすることがありましたら、よろしくです。
    • gensyoo
    • 2008年09月21日 11:03
    • yamatomoさんはじめまして。覚えてますよ!隣同士だったのを。ウインチやサス、タイヤなど、いい具合に手を入れられていてカッコいいランドローバーだなあと思い、デジカメで写真を撮らせて貰ってました。キャンプサイトでもお見かけしたのですが、一日早くお帰りになったようでお声かけ出来ませんでした。次回どこかで是非お話しましょう。因みにあのキャンプの時は、前のサイトの方もたまたまディスカバリーでした。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

PageTop