危険

2012年08月06日

はじめに

このブログは、平成23年2月時点で最も利用者が多いと思われる
ポイントサイト「げん玉」の長点と欠点、特に「欠点」に着目し、
欠点を克服したげん玉の使い方と稼ぎ方を紹介するものです。

先だって注意して頂きたい事として、このブログではげん玉による「安定した収入を得る方法」や「目指せ100万P」とか
そんな事は一切紹介しません。

あくまで「安全に稼ぐ方法」を紹介するだけのブログです。幾らの収入が得られるかなんか私の知った事じゃないです。結局はあなたの努力次第ですから。

ですが、あ、じゃあいいですとか思ったあなたもちょっと待って。
げん玉に少しでも興味を持った方、或いは既にげん玉を利用している方達には「What's げん玉?」のカテゴリにある記事に一通り目を通して頂いて、げん玉の実態を知ってくれると嬉しいです。
特にすでにげん玉を利用している方達は、自分が「危険な使い方」をしていないかどうかを確認するいい機会だと思います。

----------------------------------------------------------------------
また、このブログは管理人による独断と偏見ほぼ100%で運営されています。
お前の考えなんか必要ねぇ、俺は俺の道を行ってやるぜヒャッハーな方はどうぞ回れ右をして下さい。
そうでない方はとりあえず「What's げん玉?」のカテゴリから順に読んでいく事を推奨します。

勝負だ、げん玉!


gentamanual at 14:15|Permalink

2011年01月19日

げん玉のネガティヴポイント②「げん玉紹介サイトに騙されるな!」

さて、前項で「げん玉は詐欺サイトではない」と解説しましたが、
逆に考えてみる事にしましょう。
「何故げん玉は詐欺サイト呼ばわりされているのか?」
勿論、これは前述した「個人情報を盗み取る悪質なサイト」の存在もあるのですが、
それよりも「げん玉で稼げるってあのサイトに書いてあったのに全然稼げないじゃないか」という話を良く耳にします。

当然です。
なぜなら、「げん玉を紹介するサイト」にロクな解説をするサイトなんて少しの少し、もうほんの少ししかありませんから。
(それ以前に「楽して儲けよう」なんて考えてポイントサイトに手を出す事が間違いなのですが、それについてはまた追々解説していくことにします。)
私はこういう記事を書くにあたって、いくつものげん玉紹介サイトを見てきましたが、
「月一万円稼げる!」「げん玉にあったこんな裏技」「お手軽に始められるポイントサイト」……

誇大広告も程々にしやがれって感じです。

で、まあなんでこんな誇大広告を出しまくって人を登録させたいのかと言いますと、ほら、前に言いましたよね。
「友達紹介制度」

ちなみに、果ての果てには「オンラインゲームなどのチート情報やるからげん玉に登録しろ」なんて言うクズもいます。
ポイント欲しさ見えっ見え。欲望の塊ですよ。

もういい加減、げん玉紹介サイトの存在理由は分かっていただけたでしょう。
ですから、紹介サイト経由でげん玉に登録する場合は本当にそのサイトの話を信用していいのかどうか自分で一度疑ってから登録して下さいね。

……ちなみに、ここまでの解説を聞いてこのサイトが信用できなくなったのであれば、「ポイントサイトなんて無かったんだ」と思いこんで、さっさと布団にもぐって寝てしまいましょう。
そっちの方が、まだ懸命な判断なのかもしれませんしね。

さてと、これまで散々言ってきたので、大方の方々はそろそろ気になって来るでしょう。
「じゃあ、げん玉で稼ぐのって難しいんじゃないの?」
それについては、また次項で語りたいと思います。

げん玉のネガティヴポイント①「げん玉は詐欺サイト?」←Back   Next→げん玉のネガティヴポイント③「げん玉で稼ぐのって難しい?」

紹介サイトが詐欺っぽいのであって、
げん玉自体は詐欺じゃないのです


gentamanual at 20:16|Permalink

2010年08月07日

げん玉のネガティヴポイント①「げん玉は詐欺サイト?」

googleの検索予測で「げん玉 詐欺」「げん玉 危険」といったキーワードが上位に立っています。
何故なのかといえば、人はやたらネガティヴな点を見たがる「サガ」がやっぱりあるわけでして。
じゃあ、解説します。「げん玉は詐欺サイト」なのか?

答えは
ノーです。
使い方次第とも言えますが。

前の項でお話ししました、げん玉を運営している会社「リアルワールド」に関しましては、怪しい会社というわけではまったくありません
軽く検索すればわかることなので、この事実について詳しく話す必要は無いでしょう。

だったら、どうしてげん玉が詐欺サイトなどと言われているのか。

スポンサーが依頼した案件は、どれもげん玉の厳しい審査を通った上でサイトに掲載されています。
ですが、その網目をかいくぐり、個人情報を集める為に案件を出している様な悪徳スポンサーが少なからず、いや結構存在しているのです

げん玉が詐欺サイトだと謳われる所以は、そういった「黒い案件」に手を出し、結果危険な目に遭ってしまった人が大々的に話しているからだと思います。
私はこういった方々がいるのはやはり低質なげん玉紹介サイトが存在している事が大体の原因であると考えます。

自分の利益の為だけに低質なげん玉紹介サイトを作り、
そのせいで増えていく被害者……。

許せませんよね?

さて、本題に戻りますが、「黒い案件」については、逆に言えば「手を出さなければ安全」であるということです。

この「黒い案件」と「白い案件」については、少し調べればある程度簡単に見分ける事ができます。

その方法に関しては「Let's げん玉!」カテゴリを後ほどご参照していただければわかるかと思います。

その他にも見るからに怪しい案件はそのまんま危険なケースが大半です。ポイント目的でわざわざ店に行ったりするのは自殺行為であると私は考えます。

結論を言うと、案件をこなす際にはむやみやたらにアクションを起こさず、しっかりと案件が安全かどうか確認してから利用する事が重要だという事です。
この事をしっかり守っていれば、げん玉で危険な事に出会う事はまずありません。

次回はここまでで散々触れてきた「げん玉紹介サイト」についてです。
大半の悪影響というのはこれが原因であると思って差し支えないかと。

人のサガ←Back  Next→げん玉のネガティヴポイント②「げん玉紹介サイトに騙されるな!」



まぁ結局、使い方次第ってわけですよ


gentamanual at 21:52|Permalink

2010年08月06日

げん玉とは何か

げん玉は株式会社リアルワールドが運営している大手ポイントポータルサイトです。

でもってポイントポータルサイトというのは、簡単に言うと
ポイントポータルサイトで紹介されている様々なサービスを利用する事で利用者にポイントが付与され、溜まったポイントを現金或いはそれに近い物へ交換できるといったものです。

げん玉に登録されているサービスは様々です。
無料会員登録や懸賞応募、商品購入やカード発行等々。
これらの「アクション」を起こす事によって、スポンサーから広告料が支払われ、それがポイントとなって利用者の手元に届くわけですね。

では、沢山のポイントポータルサイトの中で、何故「げん玉」は他よりも人気なのか。
それは「ポイントの入りやすさ」と「換金可能額の低さ」が大きなアドバンテージになっているからだと思っています。

「換金可能額の低さ」は結構魅力的です。
他のポイントサイトを見ても、300円からというこれほど低い額から交換可能なサイトはあまり見かけません。

「ポイントの入りやすさ」もかなり高評価です。
他のサイトと比べて広告の量が圧倒的に多い他、
ミニゲーム的なもので少量ですがポイントを稼ぐ事ができるため、
総合的な換金効率はげん玉がナンバーワンと言っても過言ではないでしょう。おそらく。

という事で、ポイントサイトに興味をお持ちになった方は、とりあえずこの「げん玉」から始めてみる事をおすすめします。
このブログをよく読んで、楽しくお小遣いを稼いでみましょう!




と、ここまではげん玉紹介サイトでは定型通り。
ここまで読んで貰って、げん玉すげー、今すぐ始めてーとか思いましたか?
ダメです。そんな簡単にポイントサイトを利用してはいけません。
ポイントサイトというのは、システム云々はどうであれ結局はマネーが主要で関わってくるサービスな訳でして。
お金がかかっている以上、使うかどうかは真剣に考えて頂きたく思います。
上記の説明では、げん玉の「メリット」だけを集中的に書き綴っています。
「デメリット」については何の記述もされてないわけです。

正直に言います。
げん玉は「メリット」こそ大きいですが「デメリット」もそれ相応に大きなサービスです。
上手く稼げる様になるには一筋縄ではいきません。
また、やり方次第ではかなり危険な状況に遭遇する可能性もあります。

ここまで読んで「これは臭い」と思った方は今すぐ以上このブログを見るのを止めましょう。
知らなくていい事もいっぱいあります。

それでも「俺はげん玉を使うんだ」って方や、「げん玉の欠点、危険性等を知りたい」という方は先へお進みください。
中身をよく読んで、本当に自分は上手く利用できるのかを確認してみてください。
げん玉を上手く使うのはそれだけ難しいことなのです。

Next→人のサガ

登録はよく考えてから!


gentamanual at 15:09|Permalink