東雅夫の幻妖ブックブログ

アンソロジスト/文芸評論家の東雅夫による 怪談/ホラー/幻想文学関連出版情報サイト

『文豪妖怪名作選』収録内容一覧

DFKEzB5VoAAPY9O


 8月12日発売予定の東雅夫編『文豪妖怪名作選』(創元推理文庫/装画・カット=北村紗希)。ウェブ書店などでも予約が始まりましたので、以下に収録内容を御紹介いたします。何卒よろしくお願い申しあげまする!

尾崎紅葉「鬼桃太郎」
 ※『金色夜叉』の文豪による抱腹絶倒の「ウラ桃太郎」絵物語。
泉鏡花「天守物語」
 ※2017年に発表から百周年を迎える妖怪戯曲の最高峰!
柳田國男「獅子舞考」
 ※「天守物語」に影響を与えた可能性の高い「おばけずき」の盟友による論考。
宮沢賢治「ざしき童子のはなし」
 ※『遠野物語』の波紋から生まれた愛すべき佳品。
小泉八雲/円城塔訳「ムジナ」
 ※妖怪譚の大定番を円城塔による斬新な直訳で味わう!
芥川龍之介「貉」
 ※「妖怪」と「物語」の誕生の秘奥に迫る、知られざる珠玉作。
瀧井孝作「狢」
 ※芥川「貉」へのアンチ・テーゼ!? 文豪同士の微笑ましき交流が伝わる佳品。
檀一雄「最後の狐狸」
 ※『檀流クッキング』の著者が遺した珍しい妖怪小説。
日影丈吉「山姫」
 ※奇怪な狼娘の描写が強烈な印象を残す、現代版山人幻想譚。
徳田秋聲「屋上の怪音~赤い木の実を頬張って」
 ※自然主義の文豪が語る迫真の神隠し/天狗実見談。【史上初復刻/全集未収録】
室生犀星「天狗」
 ※天狗信仰が盛んな金沢の幽暗な風土を活写した名品。
椋鳩十「一反木綿」
 ※〈鬼太郎〉シリーズでもおなじみの人気キャラのエログロナンな実態とは!?
内田百閒「件」
 ※近ごろ巷で人気の妖怪「クダン」を描いた名作中の名作。
小田仁二郎「からかさ神」
 ※幻の名作『触手』の作家が『西鶴諸国噺』をベースに描く「傘ばけ」幻想譚。
火野葦平「邪恋」
 ※河童小説の巨匠の豊富なレパートリーから、知られざる傑作を紹介。
佐藤春夫「山妖海異」
 ※故郷・和歌山の荒々しい自然と怪異が響き交わす逸品。
稲垣足穂「荒譚」
 ※作者が繰りかえし作品化した『稲生物怪録』幻想の原点が、ここに!
獅子文六「兵六夢物語」
 ※再評価の呼び声高い昭和の文豪が鹿児島を代表する一大妖怪譚を作品化していたとは!
寺田寅彦「化け物の進化」
 ※「宇宙は永久に怪異に充ちている」──締めは文人学者によるユニークな妖怪変化論!

東雅夫の講演出演カレンダー

BR9A7346ss

写真/五十嵐美祢

 本年も、講演講座、朗読、イベント出演等々、怪談&幻想文学の全国行脚を続行中。
 下記にスケジュールを掲げますので、ぜひともお運びください!
 (詳細の記載ないものは後日公表される予定の企画です)


◆2017/08/05(土)18:30~【金沢市】百万石怪談朗読会(講演)於四高記念館(石川近代文学館)
 ※詳しくは→https://twitter.com/ishikinbun/status/872675382301868033

◆2017/08/06(日)17:00~【大聖寺市】大聖寺怪談会(講演)於実性院(大聖寺市下屋敷町)
 ※詳しくは→https://twitter.com/ishikinbun/status/872675382301868033

◆2017/08/10(木)19:00~【江東区】加門七海+北村紗希+東雅夫『文豪妖怪名作選』発刊記念トーク「江戸東京おばけ談義」(座談会)於深川江戸資料館(江東区白河)
 ※詳しくは→https://fukagawakaidan.tumblr.com/

◆2017/08/10(木)~20(日)【江東区】深川 おばけ 今昔(展示協力)於深川江戸資料館(江東区白河)
 ※詳しくは→https://fukagawakaidan.tumblr.com/

◆2017/08/16(水)~17(木)※熊本・益城町の阿弥陀寺で子供たちと「おばけ合宿」を致します。

◆2017/08/20(日)18:00~【北九州市】ふるさと怪談トークライブ in 北九州(出演)於教学寺(北九州市戸畑区)
 ※詳しくは→http://hurusatokwaidan.web.fc2.com/2017kitakyusyu.html

◆2017/08/26(土)~27(日)※世田谷某所で文豪怪談で文豪妖怪な草葉イベントがありそうです。

◆2017/09/02(土)※金沢で天守的でプレトーク的な豪華座談会があります。

◆2017/09/09(土)※金沢で学芸員大集合的な何かがあるかもしれません。

◆2017/09/16(土)18:00~【川口市】怪談夜宴・幻想ノ夜(講演)於旧田中家住宅(埼玉県川口市末広)
 ※詳しくは→http://www.roudokusha.com/posts/2618522

◆2017/10/08(日)~09(月/祝)※金沢で「天守物語」的な舞台公演があります!

◆2017/10/15(日)※福島でゲストが凄い黒塚的な何かがありそうです。

◆2017/11/19(日)※金沢で鏡花的な何かがあるかもしれません。

◆2017/12/01(金)~02(土)※大府市で文豪で朗読的な何かがありそうです。

◆2017/12/08(金)※東京で映像+舞踏+トークによる幽霊ナイト的な何かがありそうです。

〈文豪怪異小品集〉フェア開催中!

イメージ (970)


 平凡社ライブラリーの〈文豪怪異小品集〉シリーズの最新刊『夢Q夢魔物語』発売に合わせたブックフェアが、全国の特約書店で開催中です。
 御購入の方には、ご覧のポストカードを進呈しております(数に限りがありますので、お早めに)。
 同シリーズ6冊のために中川学さんが描き下ろした表紙画のパーツを組み合わせて成った、スペシャル・バージョンですよ!
 (大きな声では云えないが、〈文豪怪異小品集〉が〈文豪怪小品集〉になってるのは御愛敬)

【編纂】夢Q夢魔物語 夢野久作怪異小品集(2017/07/10)

イメージ (966)


 今夏の〈文豪怪異小品集〉は、夢野久作。
 怪人夢Qが遺した膨大な作品の中から、小品、童話、ルポルタージュ、短歌などに照準を絞って、全60篇を収録しました。
 前代未聞、空前絶後、誰も知らない夢Qワールドへ、さあ御一緒に。
 魔・魅・夢・冥・妄!

 中川学さんによる表紙画が、常にもいや増して素晴しいので、帯なしバージョンの書影も掲げておきます。


イメージ (967)

【監修】第27号 山田風太郎(2017/06/29)

イメージ (974)


 今年の『幽』夏号がお目見えです。
 特集は「山田風太郎」。特集トビラに掲げた拙文を、以下に再掲しておきます。

一九六〇年代を席巻した〈忍法帖〉シリーズの一大ブーム、七〇年代から八〇年代にかけて文芸の玄人たちを驚嘆させた〈明治物〉連作、晩年の〈室町物〉や〈死〉をメイン・テーマとする異色の作品群──言葉本来の意味での「伝奇」作家としての巨大な生を全うした「小説の匠」山田風太郎。一見すると怪談文芸とは無縁に思われるヤマフウだが、実はその原点には怪異怪談への並々ならぬ関心があったとおぼしい。あたかも古代中国において、「志怪」の混沌から「伝奇」の奔流があふれだした故事にも似て──現地探訪取材や知られざる文献資料の復刻、多士済々な識者たちの寄稿・談話によって、風太郎魔界に息づく秘められた怪異への情熱を浮き彫りにする。
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ