Dosemap_Tokatsu_geograph_ver1
 東葛地域の放射線量マップを編集・作成しました.この地域は周辺地域に比べ,放射線量値が高いことから,関東地域でももっとも早く,多くの住民の方々が協力して,放射線量を詳細に調べ,子供たちの健康を守るため日々努力されているところです.そして,自治体でも住民の強い要望を受けあるいは圧されて,対策をとりはじめています.そうした努力はこれからも必要です.

 その際に,利用しやすい放射線量値のマップが必要かな,と思い,東葛地域を中心に作成した次第です.図サイズを極力大縮尺にしたかったため,野田市の北部,我孫子市の東部がカバーできませんでした.同地域については,すでに公表している茨城県南のマップを利用していただければ幸いです.

 実際に現場で利用すると,いろんな不備な点が明らかになるものです.すべてについて対応ができないとはおもいますが,ご要望を受けて,これからも改良する予定ですので,是非,本ブログコメント,ツイッター(@geodoctorkk)を通じて,ご意見いただければとおもいます.

 マップの仕様:
 前に記事で公開しているマップと同様に,市町村による校庭・園庭・公園広場での公表された測定値の数値を標高段彩図と市街地図にプロットしたものです。6月半ばぐらいまでの全公表データが網羅されています。
 各測定点の緯度・経度、測定値は、「国・自治体による高さ1m・0.5m計測を中心とした放射線量マップ」サイトからの転載です。

 今回は,1km四方のメッシュを重ねてみました.距離や測定点の密度などがわかりやすくなるものと期待していますが,どうでしょうか.

 地形の段彩図は,国土地理院の50MDEMを使ってGIS上で作成したものですが,段彩の取り方と色付けの仕方がいまいちかもしれません.見やすくなるように,工夫していく予定です.最低点は標高2m,最高点は標高25mほどです.

 その他,本放射線量値マップの特徴の補足説明は,前の記事「地形段彩図を利用した放射線量のポイントマップ(改訂0630)」をご参照ください.

 放射線量マップのダウンロード:

 下記のGoogle Docsサイトから閲覧・ダウンロード(PDF)できます。

(ダウンロードはサイト上のメニューバ左の「ファイル」から選択)

 
 ・標高段彩図版と市街地図版(ver.1) 
http://p.tl/mMzH