この1冊で今、もっとも輝いているU−17のすべてがわかる!
超必見!激熱!締切直前!1円〜オークション3日間分掲載中!急いで♪

大後寿々花 画像でいつも身近に感じよう♪

このブログは大後寿々花 画像を中心に女優 タレント 大後寿々花さんに関する情報をお届けするブログです

大後寿々花さんの芸能活動
大後寿々花さん画像
大後寿々花さんドラマ情報
大後寿々花さん映画情報
などなどの情報をお伝えしていこうと思います!

情報量が多くなり、知りたい情報を得ることができなくならないよう
この@大後寿々花画像ブログでは芸能界で活躍する女優 タレント 大後寿々花さんに関する情報を

大後寿々花 画像
大後寿々花 映画
大後寿々花 ドラマ
大後寿々花 芸能活動

にまとめ@大後寿々花画像ブログの情報を
分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

みなさんどうぞヨロシクお願いします(^・^)

大後寿々花 パンチラ

大後寿々花 画像でいつも身近に感じよう♪

ドラマ「セクシーボイスアンドロボ」でニコ役をしていた大後寿々花ちゃん

不覚にも見事な大後寿々花パンチラを披露してくれてます
でもとってもかわいい
中学生だもんねぇ

なんだかほのぼのするよ

この画像はこちらのサイトにて掲載されてました
引用:http://blog.goo.ne.jp/aoichn/e/09304181235f3ba686b7b4214896046d

大後寿々花画像はコチラ↓
>大後寿々花パンチラ1

>大後寿々花パンチラ2

ハプニングバンザイ(笑)

大後寿々花 映画

大後寿々花 画像でいつも身近に感じよう♪

以下に、CINEMA COMIN'SOONシネマブログに掲載されている、大後寿々花ちゃんインタビューに関する記事をご紹介します。


・『バルトの楽園(がくえん)』大後寿々花インタビュー ハリウッドの次はドイツ人俳優と共演!末は国際派大女優!

松平健 、ブルーノ・ガンツ 共演の超大作、『バルトの楽園(がくえん)』で、ドイツ人と日本人のハーフの少女、「志を」を演じている大後寿々花 ちゃん。弱冠13歳にして、数々の大作で活躍する彼女に、この映画について話を聞いた。「ハーフの役で、特に難しかったことはないけれど、志をはかわいそうな子だな、と思いました」と語る寿々花ちゃん。ドイツ人俳優との初共演について、「あまり話す機会がなくて残念でした。もっと時間があって話せたら、きっと面白かったと思います」と、撮影を振り返る。「今後も、色々な国の俳優さんとお仕事をしてみたいです」と、楽しみな言葉を聞かせてくれた。

『北の零年』、 『SAYURI』など、数々の大作映画でその存在感を発揮している、若干13歳の女優、大後寿々花 ちゃん。彼女の最新作が、松平健 やブルーノ・ガンツ ら大物俳優と共演した『バルトの楽園(がくえん)』だ。この春から中学生になったばかりという大後寿々花ちゃんに、学校終了後に少し時間をもらい、撮影現場のエピソードを聞いてみた。

大作映画へ続々と出演していますが、このお話をもらったとき、どう思いましか?

大後寿々花「おもしろそうな映画だな、と思いました。自分が演じる「志を」の役は、何だか、かわいそうだな、と感じました」

「志を」はドイツ人と日本人のハーフ役ですが、演じるのは難しかったですか?出目昌伸 監督からは、どんな風に演じてほしいと言われましたか?

大後寿々花「難しかったことは、特に無かったです。監督からは、どんな風に演じてほしいとは言われなかったんですけれど、一人で旅が出来るくらいしっかりした女の子なんだよ、って言っていました」

では、そんな「志を」は、寿々花ちゃんと似ていますか?

大後寿々花「いや〜、私は一人は苦手ですよ(笑)」

カルルを演じたドイツ人俳優のオリバー・ブーツ さんとは、一緒のシーンが多かったと思いますが、撮影を通じて仲良くなりましたか?

大後寿々花「実は、そんなに話す機会がなくて、全然喋っていないんですけど…ウインクをよくしていました。多分、私にだけじゃないと思いますけど、とにかくよくウインクをしていて、ウインクしてニコって笑うんです」

ドイツ人の俳優さんと初めて一緒に演じてみて、思い出に残っていることは?

大後寿々花「みんなすごく元気でした。ボランティアの方が、お茶やコーヒーを置いてくださっていて、そこに飲み物を取りに行ったときに、ドイツ人の俳優さんがボランティアの方に日本語で「焼酎チョウダイ!」って言っているのを聞きました(笑)。どこで覚えたのかわからないけど、日本語は話せるんだ、と思いました。もっとお話できたら、きっと面白かったと思いますけど、あまり話す時間がなかったです」

『SAYURI』の時は英語を勉強して、英語のセリフもありましたが、今回はドイツ語のセリフはなく、残念でしたね。

大後寿々花「日本語でいっぱいいっぱいです(笑)。セリフをたくさん話すところが多くて、そのシーンが長かったりすると、覚えるのが大変でした。セリフを覚えるのはあまり得意じゃないです」

アワ踊りのシーンはとても楽しそうでしたが、初めて踊ったのですか?また、練習はしたのですか?

大後寿々花「初めてでした。難しかったですね。練習はしていなくて、きっと少しくらい教えてくれるだろうって思っていたら、現場に行ってみると、その場で「ハイ、いきま〜す」って(笑)。でも、撮影の合間に、地元の人に少しだけ教えてもらいました」

撮影中に楽しかったり、大変だったな、とう思い出はありますか?

大後寿々花「撮影中に一度、雪が降りました。徳島には雪はめったに降らないって、みんなが言っていたんですけど、その時たまたま、私が『北の零年』のジャンパーを着ていたので、スタッフの人に「そんなの着てるから雪が降るんだ」って怒られました(笑)。その時は、雪が止むまで待機して、止んだらスタッフの人が雪かきをして撮影しました」

松平健 さんとは初めての共演ですが、印象に残っていることはありますか?

大後寿々花「一番頭に残っているのは、松平さんから「おじいちゃんは何歳?」って聞かれて、「だいたい60歳くらい」と答えたら、「じゃあ俺はおじいちゃんの方に入るんだ」って言っていました。でも、おじいちゃんより全然若いです!」

松平さんと一緒のシーンでは、共演してみてどう感じましたか?

大後寿々花「すごく、松江中佐に合っているな、と思いました」

では、出来上がった映画を見て、自分でどんな感想を持ちましたか?家族の人は、どんな事を言っていましたか?

大後寿々花「楽しいところも悲しいところもたくさん入っていて、すごく面白い映画だな、と思いました。お母さんが見ましたが、松平さんが自転車に乗っているシーンが、一番面白ろかった、って言っていました」

今後、どんな俳優さんと一緒にお仕事してみたいですか?

大後寿々花「色々な国の俳優さんとやってみたいし、日本だけじゃなくて、また海外でもお仕事をしたいです。ハリウッドにもう1回行きたい!」

掲載元:シネマブログ

大後寿々花 映画

大後寿々花 画像でいつも身近に感じよう♪

大後寿々花ちゃんがバルトの楽園に出演した時のインタビューです

映画「バルトの楽園」に、ハーフの子役として大後寿々花ちゃんが出演してま〜す

この映画では、年上の共演者たちに囲まれることになる(当たり前か(笑))大後寿々花ちゃん

周りの共演者にとっては、かわいい子役の大後寿々花ちゃんは、
癒しのキャラだったんだろうなぁ と勝手に想像してます

映画「北の零年」では、着物姿の子供役を演じていた大後寿々花ちゃんですが、
まだ13歳とはとても思えない演技力に釘付けにです
将来が楽しみです 本当に

以下に、産経新聞に掲載されている、大後寿々花ちゃんインタビューに関する記事をご紹介します。


・無邪気と色香の同居 「バルトの楽園」大後寿々花に聞く

平成5年生まれ。1人娘。両親ともにまだ30代だそうな…。「私、パンが大好きで、撮影中はボランティアの人たちと一緒におやつのようにずっと食べてた。おいしかったー」。12歳、中学1年生の女の子は無邪気にしゃべる。子供である。それが、ひとたびスクリーンに登場するや否や、雰囲気を一変させる。あるときはほのかな色香すらも漂わせる。

総製作費15億円の大作映画「バルトの楽園(がくえん)」(17日公開)。第1次世界大戦中の徳島県鳴門市を舞台に、ドイツ人捕虜と地元民との交流をベートーベン作曲の「交響曲第9番 歓喜の歌」に乗せて描く感動作。ドイツ兵の父と日本人の母を持つ少女「志を」を演じ、主人公の松江夫妻(松平健、高島礼子)とふれあう場面が印象的だ。

「ハーフの役は2度目。前回はグレー、今回はブルーのコンタクトレンズを初めて自分で入れてみました。親がいなくて独りで旅を続けるしっかりした子だけど、あまりしゃべらないから表情の演技が難しかった」

立派な女優の顔で答える。実は、彼女はすでにハリウッド映画にも出演している。「SAYURI」であのチャン・ツィイーの幼少時代を演じ、「北の零年」では吉永小百合演じる志乃の娘役を好演した。大作続きで世界的な評価も高い。頭角を現した背景には、両作品に出演した渡辺謙の強力な推薦があった。「謙さんはよく犬を連れて撮影現場に来ていた。料理がすごく上手でピーマンの肉詰め、豚の角煮、お蕎麦などを食べさせてもらった」と「SAYURI」での米国ロケのエピソードを教えてくれた。

「バルト−」にもブルーノ・ガンツ、オリバー・ブーツら国際的な俳優が出演。収容所内でパン職人となるブーツとの共演シーンは心温まる。

英語の個人レッスンを受け、夢も「海外の舞台に出たい」と大きい。一方で、「看護師の資格も取りたい」と現実的なお嬢さん。踊りが上手な女優も目指したいそうで「歌って踊れる松平さんとか…」と笑わせた。

受験前だった昨年11月の徳島ロケを乗り切り、今年4月から「大学までエスカレート」の中学校に通う。天才子役といわれる少女には、まだまだ未知なる可能性が秘められている。


■■■時間あったら勉強したい/せりふ覚えは早寝早起きが一番!

Q 時間に余裕があったら何がしたい
勉強。今、通っている習い事はクラシックバレエ、ピアノ、英会話、塾。土曜日は劇団ひまわりのレッスンがあるので1週間、結構忙しい。

Q 最近腹が立ったこと
短気なので、すぐにいらいらする。仕事で学校へ行けないとき、友達はノートをとっておいてくれたりするんですが、みんなの勉強が先へ先へ進んでいるかと思うと、焦ってしまう。

Q 性格は
恥ずかしがり屋だけど、目立ちたがり屋のところも。周囲のことに気づかないことも多くて、天然バカかも。学校でよく言われる。(笑い)

Q 日々、気をつけていること
早寝早起き。せりふ覚えにもこれが一番!

Q 自分の出演作品は誰と見る
1人で見たいタイプ。家族と一緒に家で見ていると、何だか居たたまれなくなって、こたつにもぐったり、トイレへ行ってしまう。

掲載元:産経新聞

コラム

コラム続きですが・・・

話題となってるエリカ様沢尻エリカ
謝罪しちゃったよ( ・Д・)

映画の舞台あいさつの件で、自身のオフィシャルサイトで謝罪文を発表した。
沢尻エリカさんは謝罪文で、
「女優として、表に出て表現する人間として、プロとして、 あってはならない事で、そして人として、まだまだ未熟だったゆえの事だと思います」
と当時を振り返り、
「これから改めて自分と向き合って考えていきます。 本当に申し訳ございませんでした」
と綴っているんですって

エリカ様の謝罪文全文は以下の通り:

先日の舞台挨拶での私の言動で、関係各位の皆様には、
多大な迷惑をおかけした事をお詫び申し上げます。

諸悪の根源は全て私にあるもので、それを踏まえた上で、
責任を取る考えです。

そして何より今回の一件で、多くのファンの皆様を失望させて
しまった事は、明らかに私のファンへの裏切りです。

女優として、表に出て表現する人間として、プロとして、
あってはならない事で、そして人として、まだまだ未熟だった
ゆえの事だと思います。

今回の事は、自分なりに受け止めています、失った物もあり
ますが、この経験を通して学べた事もあります。

謝罪して終わりになる事ではないですが、これから皆様に
すこしでも何かを返せていけたらと思っています。

これから改めて自分と向き合って考えていきます。
本当に申し訳ございませんでした。

                      沢尻エリカ

今後はエリカ様の登場ないのかなぁ
ちょっと期待してたのに(笑)
でもプロとしてはやっぱりいけない事だよね
いろんな人に迷惑かけちゃ 

サイト発表だから本人の謝罪の言葉かどうかわからないけど・・・