September 04, 2005

ファイトクラブ 番外編 プロレスオリンピック決勝戦

決勝戦 藤田和之(フリー)VS高山善廣(フリー)

いよいよ決勝戦。プロレス・チャンピオンメダル争奪戦、いよいよクライマックス。
20050904tf1試合の流れなんて関係ないとばかりに殴り合い、蹴り合う。試合開始から打撃のみで激突。高山は半立ちの藤田の顔面に容赦なくキックも膝も叩き込む。

20050904tf2藤田もそれを耐え切る。藤田の体だからこそできる受けの技術。一方の藤田も切れ味鋭いタックルで簡単にテイクダウンを奪う。日本広しといえども高山からこれほどあっさりとテイクダウンを奪える男はいないのではないか?そしてサイドポジションから膝小僧連打。高山の横腹が赤く腫れ上がる。

20050904tf3スタンドになっても藤田の攻勢は止まらない。そして1回戦、準決勝の勝負を分けたハイアングルパワーボムが炸裂!それでも高山は3カウントを許さない。


20050904tf4そして高山の猛反撃。しかし健介を葬ったジャーマンすら決定打にならない。しかし膝蹴りの連打でダウンを奪うと、さらに膝立ちの藤田へ膝蹴り!完全に顔面を捉える渾身の一撃。さすがの藤田もこれには失神。決着は壮絶なKO決着!初代オリンピック王者は高山。



WINNER 高山(膝蹴りによるKO)

しかし小橋が、秋山が、天山が王者挑戦に名乗りを挙げた。天龍が、レズナーが、ムタが、サップが、、、

To Be Continued  

Posted by germansupurex at 09:45Comments(0)TrackBack(0)