自分のやりたいことが、

よくわかっているあなたも
よくわからないあなたも

こんにちは。

明太子パスタに入れるめんたいが少な杉田です。

1週間お疲れさまでした!

人気blogランキング
ranking2

↑ こ、こんな順位になってしまうなんて・・・


まずはちょっと友人と私の会話を。


友人 「自分が次にどんな仕事をしたいかわからないんですよ」

私  「またまたぁ、本当はやりたい仕事なんてないんでしょう?
    会社にいる人たちがいい人で、その人たちの中で楽しく働ければ、
    業界とか、職種だとか、そんなのどうでもいいでしょう?」

友人 「アッ!確かにその通りだ!」


この会話から2つのことがわかります。

1つ、普段の私はなかなか失礼なコトを言うヤツだということ。(笑)

そしてもう1つ、

この友人は、実は「やりたいことがハッキリしている」ということ。

みんな「やりたいこと」という話になると、

どうしても「業界」、「分野」、「職種」、そういう切り口ばかりになってしまいますけど、
実はそれだけじゃないと思うんですよ。

この友人のしたいことは、「人と仲良くする」ことなんです。

私は、「○○業界で働く」、「△△の資格を取って〜になる」
ということだけでなく、

「人と仲良くする」っていうことも、仕事をしていく上での
立派な1つの「やりたいこと」だと思うんですね。

それなのにこの友人は、そんな自分が一番スキで大切にしていることを
上手く言語化できずにいただけだと思うんです。

なので、この友人の場合は「業界」とか「職種」にこだわるよりも、

「職場にいる人、雰囲気、人間関係」を重視して
次の仕事を探す方がいいんでしょうね。

あっ、そういえば前にそんなタイプの人をテーマにブログを書いたなぁ。

(前にそんなタイプの人をテーマに書いたブログはコチラからどうぞ)
Beingタイプの悩み


で、今回のブログなんですが、仕事に限らず、

「自分が何をしたいかわからない」

と思っているあなたのために、
ちょっとだけヒントになるお話をしちゃおうかと思います。

私、今でこそ心理セラピストをしていて、
ありがたいことに「これって天職かもなぁ」なんて思っていますけど、

昔の私は「何をしていいかわからない」どころか、
「ハヤク、ニンゲンニナリタイ・・・」だったんですよ、ホント。(笑)

自分が何がスキか、どうしたらいいかわからずに、
ずっと悩み続けていたんです。20年もですよ。(笑)

でもそんな私も、最近になって周りの人から、

「杉田さんはスキなコトが見つかっていいですね。
私、今、やりたいことを探している最中なんです」

なんて言っていただけることもあるんですけど、
今になって私が思うのは、

「自分がしたいこと」、「自分がスキなこと」って、
わざわざ「探す」必要なんてなくて、

もうすでにその人が「今までの人生で散々やっていること」

だと思うんです。

「やりたいこと」は、「探す」というか、「在る」っていう感じ。

でも多くの人が、そのすでに「在る」モノを、
上手く言語化できずにいるだけだと思うんですね。

例えば最初にお話した友人は、長い時間一緒に過ごしたので、
普段から「何よりも人と一緒に過ごす時間を大切にする人」
だと知っていたんですよ。

だから、「本当はやりたい仕事(ジャンル)なんてないんでしょう?」
なんて残酷なこと言ったわけです。(笑)

友人の「やりたいこと」は、「探す」必要なんてなくて、
「人と仲良くする」という、今までの人生で散々やってきたことなんですね。

う〜ん、というか、
そもそも「スキ」なモノって、意識して探します?

「カレー」がスキな人って、
「カレー」を探してから、スキになったんでしょうかね。(笑)

あっ、待てよ、

映画とかで、今まで会ったこともないのに突然スキになって、
「あなたをずっと探していたんです」なんて言いますよね。(笑)

でもコレって、本当は「よっこいしょ、よっこいしょ」って
その人を探していないと思うんですよ。(笑)

流れの中で出逢ったのを、
「探していた」って表現しているだけだと思うんだけどなぁ。

まぁいいか。(笑)

とにかく「スキ」とか、「やりたい」という気持ちって、
「探す」とか意識的なものではなくて、

本来もっと自然に、知らず知らずにうちに、
いつの間にかそうなるものだと思うんですね。


で、ということで、今回は私なりに

そんな「何をしたいか」を上手く言語化できない時に、
「あなたのやりたいことを焙り出す質問」を2つ考えてみました。

まず1つ目の質問。

質問 ,△覆燭普段、「そこまですることないだろう」と思うのに、
      ついついやってしまうことってなんですか?

      そしてそのどんな部分が
      ついついあなたにやらせてしまうのですか?


私、毎日、結構な数のメールをいただくんですよ。
雛形で返信できないようなメールが。

そんなメールに毎日返信しているのですが、

なんだかわからないのですが、私のヘンなサービス精神というか、
ついついウケを狙って、凝ったメールを書いてしまうんですよ。時間なくても。(笑)

時に1通に30分以上かけてしまうことも。(笑)

普通に考えれば、「そこまですることないだろう」って思うんですけど、
でもやめられない。(笑)

これって何が言えるのかというと、

こういう、「誰から評価されるわけでもないのに、ついついやってしまうこと」って、

自分が本当にスキな、
本当にやりたいことのヒントが隠されていると思うんですよ。

私の場合、単に「人にウケたい」んでしょうね。(笑)
すると、自分が人に必要とされている気分を味わえるというか、自分の存在感を感じる。

だから人から「面白いですね!」とか言われると、すごく満たされるというか、
すごくうれしくて、マゲを結って、お城の天守閣で高笑いしたいような気分になるんですよ。(笑)

「殿ー!」(家老の声)

あっ、丸刈りだからマゲは結えないか。(笑)

まぁ、そんなその人が本当にスキなことが、この質問,らわかるんです。

ある人なんて、質問,療えが、

「パソコンが最適化されている時の画面をジッと見ているのがスキ」

なんて言うんですよ。(笑)

これって、ヘンなことを言っているようにも聞こえますが、
実は結構深いこと言っていて、その人のやりたいことのヒントが大いに隠されていると思うんです。

その人は、「ちらかっている<ナニか>が整理されていくのがスキ」
なんでしょうね。

だからってこれを安直に「掃除がスキ」とか捉えすに、
もっと大きく捉えることもできると思うんですよ。

例えば、この人の<ナニか>には、「情報」とかも含まれるかもしれないですよね。

こんな風に質問の答えをキーワードに考えてみると、
あなたも何かが見えてきませんか?

まぁ、実はこの最初の質問,
全然ジャブ程度の質問なんですけど、

この次の「あなたのやりたいことを焙り出す質問」こそが、
あなたの本質を打ち抜くんです。

その質問は・・・

☆彡


ん?

(トス)

ウッ!

・・・・・


す、すみません。
久々の寸止めシリーズ。(笑)

ちょっとこの先は話はあまりにも長くなりそうなので、
また次回にします。

あっ、実はですね、

今、私のメルマガを読んでくださっている方に無料レポートを差し上げようと思って、
こっそり作っているんですよ。

「正しいネガティブのススメ」ベスト・オブ・ベスト

みたいな内容になるとか思います。
こっそりご期待ください。

(無料レポートはコチラからどうぞ)
「正しいネガティブのススメ」無料レポート



それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。
また次回お会いしましょう。


人気blogランキング
ranking2

↑ あ、あなたのような方が押して下さるなんて・・・


メンタルヘルスブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
↑ あ、あなた、まさかこちらも押して下さるなんて・・・