2005年11月08日

いよいよ華やぐ仙台の夜の街 

デートコースのいいものがない。

仙台は東北一の都会なのに、それを満たしてくれる
 デートスポットがない。子供や年配者の遊び場は結構あるが
  大人の若者たちの満足は得られない。

仙台の冬の夜景の輝きは日本一きれいであると思う。
なぜならば、仙台の気象条件が冬型の気圧配置で北西の山越えの風が強く吹くため
水蒸気量が低く乾燥していて風が強いため排気ガスなどもたまらないで流されるためである。

これほどきれいな夜景を観る方法は、
仙台国際空港から飛ぶ、セスナ機で大パノラマの夜景を見に行くことだ!
これからが最高のシーズンである冬の12月の仙台光のページェントに合わせて
企画されている。「“SEDAI光のページェント ナイトSky クルーズ”」

さあ!予約は簡単だ!
エアープロポーザルが運営する遊覧飛行予約サイトから簡単に申込が出来る。


遊覧飛行予約サイト
http://www.tobitai.com
TEL 022-777-1320
仙台市泉区高森2丁目1-40  21世紀プラザ研究センター3F

2005年04月23日

ごめんなさい!暫らく書き込み休んでます。

暫らくブログの書き込みしていなくて申し訳ありません。

いろいろ、所要があり、なかなか、書けません。


もう少し、お休みをください。




遊覧飛行予約サイト

2005年03月26日

飛行機を操る

私の書いているブログについて反省です。
思いつきで書き、宣伝ばかりだし、テーマも一貫性もないので
読者の方は何を言いたいのか分からないのではないのかと、反省です。
でも、もう少し、気まぐれにお付き合いください。

今日は、仙台にもだいぶ春がやってきて、プロ野球で話題の楽天イーグルスの
フルスタ宮城での初試合も4月1日です。
こけら落しで多分、メディアの人たちも大騒ぎになるのではと思います。

日程は
4/1 楽天vs西武 18:10〜
4/2 楽天vs西武 13:00〜
4/3 楽天vs西武 13:00〜

もし、チケットを持っていない方は、当社の仙台の街をスカイクルーズ
観光するタウンスカイクルーズをご利用ください。上空より、野球観戦が出来ます。
やった〜〜!
料金は、仙台の街の上空観光付きで \8,800円(大人1名)です。
ご予約は下記ホームページから↓
遊覧飛行予約サイト

すみません! 商売熱心で また、宣伝でした。

次回から、飛行機操縦の指先やお尻で感じるなんともいえない心地よさを
書いて行きたいと思います。

2005年03月16日

さくら開花予想発表!

今日、さくらの開花予想が発表になりました。


東北地方の予想
宮城県・仙台市 4月10日 □ 青森県・青森市 4月25日
青森県・八戸市 4月23日   秋田県・秋田市 4月18日
岩手県・盛岡市 4月18日   岩手県・宮古市 4月20日
山形県・山形市 4月15日   山形県・酒田市 4月15日
福島県・福島市 4月9日    福島県・いわき市 4月9日


仙台ではほぼ、平年並みというところです。


春は、桜に時期は皆さん方向が決まっています。
やはり、桜の時期には進路が決まっていないと
あせりと寂しさでなんともいえない気持ちになるものですよね!


今年は、思い切り、桜スカイクルーズで仙台空港から
大河原の 一目千本桜を空より、愛でてください。


それに、東北の春は花見だけでなく、蔵王や月山、朝日連峰の
人がまだ近づかない、春の陽光にまぶしく光る雪景色の山々の光景を
楽しむことが出来ます。!!!



遊覧飛行予約サイト

2005年03月14日

東北一の桜街道!一目千本桜を空より愛でる

桜スカイクルーズの準備に入る。

今年はいつまでも雪が降り、春の暖かさが遠いので
のんびりしてしまっていましたが、確実に春が来ています。


仙台の情報紙を出している「仙台.ルヴォン」さんから
春情報のねたを出してくれることになり、大河原の一目千本桜の空からの
スカイクルーズが紹介されることになりました。

空からみる桜も荘厳です。春風に乗って空遊散歩です。


仙台.ルヴォンは
仙台市内を中心に、無料で配布しているエリアマガジンで
【配布エリア】仙台市全域で(青葉区、泉区、宮城野区、太白区、若林区)130,000
部程発行されているようです。


是非みなさん見てください。 3/22発行です。


遊覧飛行予約サイト

2005年03月11日

ITの将来性

最近テレビでも放送とITの話題が多いが、当社でも、こんなにいい情報が送れるのはITのおかげだ!

映像やリアルタイムの情報も送れるように検討する必要がある!

本当に、みなさんに見ていただきたい上空からの世界! 楽しみでしょう!



遊覧飛行予約サイト

2005年03月10日

スカイクルーズの観光としての魅力

テーマはないですが、

興味を持ってみていただいている方。

スカイクルーズで思うところある方、

又は、観光事業の方からのご意見やひやかしがほしいです。


アドレス: info@tobitai.com まで



遊覧飛行予約サイト

2005年03月09日

沈思黙考

今日は体は忙しいが、気はとても落ち着いて先の道筋を考える。

わくわくしてくる!

きっと、皆さんもわくわくしてくるだろう!


遊覧飛行予約サイト

2005年03月08日

風も空気も春だ!

4月の花見に関係したスカイクルーズ商品の検討と

連休の商品の企画会議実施


確定申告もいよいよ大詰め! 当社もやっと済ます!


午後、航空関係の人と今後の進め方の話し合いする。

とても前向きな考えになる! 早い者勝ち! になるだろう!





遊覧飛行予約サイト

2005年03月07日

システム開発

遊覧飛行予約サイト

やっとだが、システム開発が動き出した。

これが完成すれば、スカイクルーズを何処でも扱ってもらえる!

そして、消費者にも組み合わせとバラエティーさに富んだ魅力ある商品が

出回るだろう!


飛行機会社さんはやはり動きが遅く、旧態依然の体制である。

安全運航という使命があり、運航という立場から考えるとしょうがないのか?

じっくり説明して行く必要あり!


スピードが全く違う、

IT関連と運輸関連は!  時間もうちょっと必要だ!

2005年03月06日

スカイクルーズを楽しめるようにする

遊覧飛行予約サイト

私ども遊覧飛行予約サイトは、

スカイクルーズを

 1.スカイマリンクルーズ
 2.スカイマウンティンクルーズ
 3.スカイタウンクルーズ
 4.スカイナイトクルーズ

と分けて、それぞれのシーンをみなさまに楽しんでいただく
フライトを企画しています。

スカイマリンクルーズは仙台の場合は松島の島々を飛行機で一気に見て回り、
それぞれの位置関係が即座にわかります。
後で、地上から訪れるにも、もっとも素敵な場所にまっすぐ行くことが出来ます。

また、昔、魚群探知を飛行機を使ってやっていたのですが、
上空から、魚の群れや、いるかの群れが良く分かります。

また、海上を巡航する大型船やフェリーとも飛行機で仲良く巡航が出来ます。

そんな、自由で気楽な海上を遊びまわれるのもスピードのある飛行機で
一気に飛ぶからです。

ところで、きょうは、天候がよくフライトなされた方は、ラッキーでした。

2005年03月05日

雪の後のはれ

遊覧飛行予約サイト


昨日からの大雪で仙台も20センチぐらいふったらしい。

午後からは徐々に回復していい天気になる。

こんな日、飛行するとすごく明るい。

航空写真なんかとるとかなり強く絞らないと露出オーバーになる。


雪景色を目いっぱい楽しむのは豪雪地帯の蔵王連峰や朝日岳、月山、飯豊連峰を

冬ばれの快晴の中を飛ぶと、物凄くきれいで神秘的だ!

こんなとき、この仕事をしていて良かったと思うときなのだ。


が、平野部の雪はいくら降っても仙台の場合すぐ茶色くなってくる。

やはり、秋田や、青森といった、本格的雪国は白さも鮮やかである!




2005年03月04日

春の大雪

遊覧飛行予約サイト


今日は全国的にであるが朝から湿った雪!

今年は、全般的に温暖化のためか、低気圧が南岸をとおり湿った雪が降りやすい。

仙台は寒気が強いと乾燥した太平洋側の天候で風は冷たいが、日中は太陽で
日向の暖かだ


こんな日は、低空を飛んでいると機体にへばりつくアイシングが起きる。

たまらない、状況になる。大型機ははるか上空を飛ぶので温度も低く、

乾燥しているので機体に氷がまとわりつかないのである。


やはり、飛行機の進歩で安全性が飛躍的に上がっている。

2005年03月03日

3月のこころ

遊覧飛行予約サイト

3月に入り、仙台はまだまだ春の雰囲気はないのだが、日本列島は長いので
大変洋側の南は春の雰囲気が満開になる時期である。

すぐに移動が出きる何処でもドアがほしい!何処でもドアがあれば飛行機がなくても良いか?イヤ!飛行機の滑空感がとてもいい感じなのだ!

今の時期、雪山のフライトもいいものだ! ヤホー! ヤホー!ヤホー!

誰も入らない雪の山々、春スキーをやる人をたまには見かける。

この、大自然の中を機を操り、思い切り大自然を駆け巡る! 爽快感抜群!


今年の目標である!

仙台での遊覧飛行の取扱数を10,000人と定め計画する。

10,000人のお客様を呼ばねばならない!皆さんに協力を依頼!



2004年12月28日

どうしてたんですか?

遊覧飛行予約サイト

そうなんです。旅にでも、ホネヤスミピタルに行っていた訳でもなく
ただただただ忙しくて書く暇も、書く気にもならなかったのです。

本当!皆様の夢のお手伝いをしていて、皆様のパワーに驚かされました。  

夜景飛行が人気で、とても提供している立場としてはうれしいのですが、皆さんが夜景飛行にかけるこころのパワーというものに圧倒された気がしました。

みんな元気だ!人は夢を持って毎日をいきいきしている

そんな、多くの元気を逆にもらってしまいました。

ありがとう!


思い切り元気になれる商品開発したろと心に決めました。来年は!


まだ少し、早いですが、よいお年お迎えください。


2004年11月26日

やめるべきだ2

遊覧飛行予約サイト

つづきです!


飛行機に乗っていて「ひやっとした」ことはないと言い切ってしまった。


自分の考えとしてプロの飛行機乗りは事前の準備が行き届いている。
なので、簡単に言ってしまうと予定通りのフライトを
完璧に近い形でこなすため危険に遭遇するわけが無いという理論です。


これを話すとやることがたくさんありすぎ書くのが大変なので
おいおい書いていこうと思いますが、飛行機の安全はフエルセイフの
考え方で安全のバックアップがあるという事です。


もちろん航空機メーカーの設計思想もそうですし、パイロットも
2人のりですし、無線機や航法装置もダブル、トリプルについて
1台が故障してもすべてバックアップできるようになっています。


当然、パイロットの考え方や点検の方法や訓練の仕方も
すべてフエルセイフの考え方で運航していかねばなりません。


よって、ヒヤッとするような予測できない状況になること事態が
あってはならないということです。


アクロバットもすべて計算された安全性があり、
失敗するわけが無いわけです。
それなのに事故が起きたりします。
これは、パイロット自信の過信や怠慢、プロとしてのエアーマンシップが
喪失しているのです。


だから、緊張やプロパイロットしての努力が出来なくなった
人は、操縦桿のを握るのを辞退しなければならないのです。



それが、プロです。




2004年11月25日

なんかいそがしい

遊覧飛行予約サイト


昼ごはん食いぱっぐれた。


今日は何かいそがしい雑用や処理が多すぎ!
何かいらいらしている人生損をするからゆっくりゆっくり楽しく

言い聞かせた! 自分に!



2004年11月23日

やめるべきだ

遊覧飛行予約サイト

こんにちは、今日はちょっと自分の考えをぶつけてみよう!
結構反発かうかもしれませんが?


昨日、ラジオの収録でパーソナリティーの方に聞かれた内容ですが、
空を飛んでいて(パイロットをやっていて)
ひやっと!したことはございませんか?
という質問がありました。


私は、そくだに、ありませんとにべもなく答えていた。
車と違いありませんとか口走っていたように思う。


なぜ、こんなににべもなくいってしまったかというと、
自分の中でここがもっとも大事にして来たことだったんです。


プロのパイロットとして!
私の守り本尊でした。


なぜか?は、


今日はもう眠いので、また、次のとき書きます。




2004年11月22日

発信と収録

遊覧飛行予約サイト

今日はやっと出来た仙台の新しい商品、ヘリコプターによる
スカイクルーズをやっとアップできた。どんどん、情報を発信しなくては!です。

それに、今日は宮城大で一流のマーケッターの話も聞けてラッキーな1日であった。

それに、まだ、もう1つ、地元のラジオ局のFMいずみで遊覧飛行予約サイトを
取り上げてもらい収録があった。とても緊張して何をしゃべっているかよく分からない。
阿部清人さんというパーソナリティーに話していただいたがやはり声の質もいいし、
落ち着きもさすがだ。

今度の日曜日11/28日PM18:00から放送だ。

時間のある人は聞いてください。

ドリーミングトークと言う番組です。

2004年11月19日

雲が発生

遊覧飛行予約サイト


朝から快晴だ。

太陽が出るのが遅いので朝早くは雲っているように見えているが、
だんだん明るくなり、やはり快晴である。
天気予報でも今日は申し分のない1日になるでしょうといっている。


しかし、10時過ぎ頃になるとさあ〜っと雲が出て太陽が隠れる。
そして、夕方になると又、太陽が顔をだして夕日が美しい。


東北地方の天気の典型的な特徴だ。
上空がひんやりしていると、日中天気が良いと太陽の熱で温められた
気流が上昇していって
上空の冷たい空気に触れて雲を発生させるのである。


この現象は、発生した雲がねじれてきれているのをみても分かる。
そういう時は天気が良いのに気流がすごく悪く不快になる。


やはり、先に話した上昇気流で大気の安定がなく
空気流が激動しているからだ。