E233系



E233系電車(E233けいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流通勤形電車である。

中央快速線・青梅線・五日市線・八高線で使用している201系や京浜東北線・根岸線で使用している209系は走行機器などの老朽化が進んでおり、その置き換え用として中央快速線等向けが2006年(平成18年)12月26日(青梅線青梅以西・五日市線・八高線は2007年春頃)から、京浜東北線・根岸線向けが2007年(平成19年)秋頃からそれぞれ導入し、運用される。

中央快速線等で運用する車両は、2006年9月21日に東急車輛製造から第1号の編成が出場した。編成番号表記はH43で、出場後同線内での試運転を開始した。営業運転は同年12月26日、豊田5:10発の上り各駅停車東京行(列車番号528H)から開始。東京駅には6:15着の予定であったが、国分寺で3号車のドアが開かなくなるというトラブルが発生し5分程度遅延した。

『食べて寝る』という習慣と同じように『稼ぐ』ということが習慣になる究極のノウハウ!!!




チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site