WFお疲れ様でした

WFに参加された方お疲れ様でした。

当ディーラースペースにお立ち寄り頂いた方 キットをご購入された方 ありがとうございました。 


前々回、前回、今回と作った「ルドウイーク」ですが 
数年は創作続けられるくらい格好良いキャラクターだと思っているので、作れてよかったです。

今後も自主的に製作は続けるかもしれませんが、ガレージキットとしてイベントで販売するのは今回で一区切りかなと思っています。
(世に広めたくなるくらい良い立体が出来たら、また出すかもしれませんが。)

そして、今後の造形イベント活動は未定です。
楽造形等を作りつつ、何かイベントに出たくなったら出ようと思います。


ではでは

2018夏WF

お久しぶりです

2018夏WFに参加します

販売物は
Bloodborne より ルドウイーク(頭部)

全長 約9cm
パーツ数 16
販売数 20
4000円 を予定しています

20180514




20180705







20180709.2







20180709.3






20180709.4






20180709.5





















手流し複製ガレキです
購入前にパーツの状態を確認したい場合は、その旨お伝えください


ではでは

年末

年末です。

何事もなく無事に過ごせた1年でしたが一応振り返ってみます。


デジタル3D造形練習にZBrushCoreを買いましたが、3日坊主で終わりました。
スカルピーでフィギュア作る方が楽しい と感じたのと
10年近くかかって、ようやくスカルピーを使って自分の思った形を出せるようになってきたのに
また泥人形を量産するところから始めるのかと思うと、なんだか気力が失せてしまいました。
歳は取りたくないです。
作業中の拡大縮小、左右反転、モールド貼り付けなど
アナログ造形に無い利点が多いと聞いていますので、少しずつでも慣れていければと思います。

20170910







20171119












2









20171230









個人的に、
対象の形を正確にとらえて精密に造形するか、不要な情報を排除して単純で美しい形を造形するかが理想だと思っています。
と同時に、
そういう凄い造形物はプロや造形家に方々に任せて、私のようなアマチュア(というかフィギュア好きのおっさん)は
インパクト重視、丁寧に作るより勢いのあるもの、じっくり観察すれば粗雑だろうと人目を引くようなものを目指せば良い とも思っています。
ですが、
勢いがあるわけでなく、正確で精密でもなく、単純で美しくもなく、なんだかぱっとしない形の上に
なんだかよくわからない模様が刻んであるだけのモノを作っている気がします。
造形に自信がないから不安なのでしょうね。
自信がないものを覆い隠して誤魔化すために、必要のない部分まで複雑(に見せかけるための3パターン程度の模様の繰り返し)なモールドで埋め尽くさないといられないのでしょうね。
創作活動が自己表現の1種なら、創作物にそういう事が現れるのはまあいい事なんでしょうが。
面倒くさがらずに練習して造形力上げるか、俺は俺の好きなものを作っているからこれで良いんだと言い張れるようになるか、どちらにしろ楽しく造形していきたいです。
特に、皮膚(体表の皴)・衣服の皴・髪の毛・体毛・炎・雷などの形を覚えたいと言いつつ
何もしなかったので来年こそは…と思います。


こんなところでしょうか。

来年も良いもの作りたいですね。

ではでは
プロフィール

gezimukade

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ