入院日記

2005年05月20日

最後に入院費用の清算(退院証明)をしました。
今回のお支払いは108,340円でした。
栄養相談費用も含まれています。

次回の通院は6/16、血液検査と24時間蓄尿、随時尿検査があります。
その前に6/12からプレドニンが20mgになります。

自宅用で尿たんぱくの検査紙を買いました。
新ウリエースBT
10枚入りで800円くらいでした。
近所の薬局には10枚入りしかありませんでしが、もっと大量に入った割安な商品があったんですね。
急に必要だったので、今回はあきらめますが、次回はネットで購入をしたいと思います。

gfg03365 at 19:36コメント(2)トラックバック(0) 
ステロイドのトータル摂取量:2465mg
血圧130/75
体温36.8℃
体重400g増。

本日のメニュー。

朝食(352Kcal・たんぱく質8.2g・食塩1.4g)
・パン(楕円形1個60g相当)
・ハムと胡瓜、キャベツのノンオイルドレッシング和え
・ヨーグルト(加糖)
・イチゴジャム(残しました)
・マーガリン(6gパック)

昼食(498Kcal・たんぱく質14.2g・食塩1.8g)
・ご飯(150g)
・鯵の空揚げ野菜ソース(胡瓜・玉ねぎ・トマト)
・アスパラとにんじんの葛煮
・ごぼうとにんじん、胡瓜の和風サラダ

昨夜、担当医師が訪れ「急な入院を要する患者がいるので、予定より早く退院してもらうかも」との予告をしていきました。
そしてそのとおり、今日の朝に「午前中で退院してほしい」と告げられました。

退院前に医師と少し話をして、以前からまとめておいた退院後の生活についての質問をしました。
・薬(プレドニン)を飲み忘れたら?
 →当日中、気づいた時点で飲む
・どういう状態になったら受診するか?
 →1.尿たんぱくが3+になり、下肢のむくみがひどい
  2.血圧140以上が3日以上持続
  3.のど風邪をひいて発熱があった
  4.肉眼的血尿
・入浴は?
 →1日おき
・食事制限は?
 →入院食と同等(たんぱく質40〜50g、塩分5g)
・アルコール摂取は?
 →飲みすぎなければOKだが、尿酸値が高いのでビールは避ける

次回の通院日と栄養相談の予約(今日は空いていたので受けられました)、退院後の薬を受け取り、荷造りをして入院費の精算を済ませ、退院をしました。

その後大きな荷物を抱え、栄養相談室へ。
約1時間、今後の食生活のことをいろいろうかがいました。

大体の1日の食事量は目安で下記のとおり。
・ご飯160g×3(800Kcal・たんぱく質12g)
・果物もしくは芋類100g(75Kcal・たんぱく質1.5g)
・野菜300g(75Kcal・たんぱく質4.5g)
・魚60g(120Kcal・たんぱく質12g)
・卵50g(60Kcal・たんぱく質6g)
・肉30g(60Kcal・たんぱく質6g)
・絹豆腐60g(30Kcal・たんぱく質3g)
・乳製品90ml(30Kcal・たんぱく質3g)
・この他に砂糖・でんぷん・油製品で350Kcal・たんぱく質0g

塩分は1食当たり1.7gを目安に、めりはりのある味付けを心がけるといいそうです。
あとは酢やカレー粉、香味野菜を利用しましょうとのことでした。
また、麺類は汁を全量残すと、全体量の半分の塩分を摂取したことになるそうです。

今回の入院日記のメニューを元に、いろいろ試行錯誤しながら、制限食のメニューなども掲載していきたいと思っています。

gfg03365 at 19:17コメント(0)トラックバック(0) 

2005年05月19日

ステロイドのトータル摂取量:2465mg
バイタルサインデータ不明

本日のメニュー。

夕食(560Kcal・たんぱく質10.6g・食塩1.3g)
・いなり寿司(1個)
・胡瓜と卵の海苔巻(3個)
・チンゲンサイとにんじんの炒め煮
・胡瓜とわかめの酢の物

無事に病院に戻ってきました。
そして今回は無事に夕食も届いていました。

病院に戻る前に本屋で新刊本の予約をし、商店街で洋服を物色。
夏に向けて白いスカートを買いました。
ジーンズに貸さねてはこうと思っています。

病院の売店で購入した食品成分表をいろいろ読み返して見ました。
昨夜のお寿司はやはりたんぱく質・塩分とも少し大目だったようです。
「新外食・テイクアウトのカロリーガイドブック」女子栄養大学出版部によりますと、ローソンの握り寿司8貫でたんぱく質20.3g、塩分3.7gです(サーモン・マグロ・海老・数の子・卵・いくら・いか・穴子)。
これに追加して納豆巻を食べたようなものですね。
寿司ネタとしてたんぱく質が少ないのはいか・ほたて・河童巻。
覚えておきましょう。

みかんの缶詰は100gでカロリーは64Kcal、たんぱく質0.5g、塩分は0g。
250gの缶詰だったのでカロリーは160Kcal、たんぱく質は1.25gになります。
これを寒天で固めて4分割して食べたので40Kcal、たんぱく質0.31g相当ですね。

お昼に食べたカレーはちょっと計算が難しいです。
これからはレトルトにしようかなと思いました。
塩分を考えると1食/半分が相当かしら。
成分表示がはっきりしているもの+ご飯の方が気が楽に食べられます。

gfg03365 at 18:56コメント(0)トラックバック(0) 

2005年05月18日

ステロイドのトータル摂取量:2440mg
血圧不明
体温36.7℃
体重50g減。

本日のメニュー。

朝食(390Kcal・たんぱく質6.9g・食塩0.9g)
・レーズンパン(1個60g相当)
・レタスと胡瓜、トマトのマヨネーズ和え
・ヨーグルト(加糖)
・杏ジャム(残しました)
・マーガリン(6gパック)

昼食(582Kcal・たんぱく質17.8g・食塩2.1g)
・ご飯(150g)
・ほっけ(半分残しました)
・絹さやの牡蠣油炒め
・茄子の炒め煮
・ほうれん草とハム、トマトのサラダ
・カップアガロリー(150Kcal・たんぱく質0のゼリー・残しました)

今日は眼科検診・骨密度検査・外泊と盛りだくさんです。
午前中に眼科検診を。
遮光カーテンで仕切られた暗い個室の中で、視力・眼圧・眼底を検査しました。
瞳孔を開く点眼薬をさしたため、視界がぼやけて見づらいです。
検査の結果は異常無し。
ほっとしました。
白いところや明るいところを見たときに、チラチラしたものが見えるときがあったので、少し飛蚊症かな?という不安があったので。
半年後や1年後にまた検査でいいということでした。

午後はこれから骨密度検査です。
何をするのか楽しみです。
その後に外泊をして、明日の夕方に戻ってきます。

gfg03365 at 12:04コメント(0)トラックバック(0) 

2005年05月17日

ステロイドのトータル摂取量:2415mg
血圧112/75
体温36.8℃
体重100g増。

本日のメニュー。

朝食(377Kcal・たんぱく質9.5g・食塩1.8g)
・食パン(1枚60g相当)
・キャベツとにんじん、玉ねぎのソテー
・ヨーグルト(加糖)
・リンゴジャム(残しました)
・マーガリン(6gパック)

昼食(614Kcal・たんぱく質15.0g・食塩0.9g)
・ご飯(150g・半分残しました)
・冷凍野菜のソテー(にんじん・ブロッコリ・カリフラワー)
・インゲンのオカカ和え
・タラの吉野煮
・アップル寒天

夕食(558Kcal・たんぱく質15.8g・食塩1.5g)
・ご飯(150g・半分残しました)
・豚もも肉の野菜炒め(玉ねぎ・にんじん・ピーマン)
・白菜のお浸し
・里芋の炒め煮

昨日の検査結果が出ました。
尿たんぱくは+1、総量で0.86gでした。
少しずつですが減ってきていて嬉しいです。

クレアチニンは1.27でした。
相変わらず、尿酸値が高いです。
これもステロイドの副作用なのでしょうか。
足に痛みが出るようだと、尿酸値を抑える薬が出されるそうです。

検査結果を医師が持ってきてくれた際、薬の副作用の検査をお願いしました。
胃腸は痛みが無いようだったら、特に検査は不要ということで、眼科検診と骨密度検査をお願いしました。
明日の朝か金曜にすることになると思います。

どうやら早ければ今週末、遅くとも来週中には退院になりそうです。
栄養指導もお願いしようと思っていたのですが、医師は早く退院させたい雰囲気があるので(大きな初期の副作用が無いので)、栄養指導は外来の時にしていただくかもしれません。
糖尿病の副作用が怖いので、できるだけカロリーも考えて生活したいと思っています。

gfg03365 at 18:50コメント(0)トラックバック(0) 

2005年05月16日

ステロイドのトータル摂取量:2390mg
血圧126/77
体温36.5℃
体重350g減。
採血3本、採尿あり。

本日のメニュー。

朝食(438Kcal・たんぱく質13.0g・食塩1.4g)
・ロールパン・黒糖コッペパン(各1個)
・もやし、胡瓜とにんじん、セロリの醤油フレンチ和え
・ヨーグルト(加糖)
・はちみつ

昼食(483Kcal・たんぱく質16.3g・食塩1.8g)
・海老ピラフ(ご飯150g相当・玉ねぎ・マッシュルーム・ピーマン)
・ひじきサラダ(にんじん・枝豆)
・茄子の炒め煮

夕食(563Kcal・たんぱく質14.7g・食塩1.1g)
・ご飯(150g・半分残しました)
・鯵の塩焼き
・絹さやとお揚げの炒め煮
・ポテトの炒め煮
・胡瓜と紫蘇の酢の物

会社の先輩がお二人でお見舞いに来てくださいました。
職場の近況などをお話して盛り上がりました。
普通にお話できることがとても嬉しかったです。
何しろ、今の病室では話相手がいませんので。

今朝、担当の医師から今週の外泊の話が出ました。
水・木で外泊を考えています。
退院に向けて、着々と進んでいっています。
退院の前にできれば薬の副作用の検査をお願いしたいと思います。
なにしろ、外来での検査は待たされるので、病棟にいる間に検査は全部しておきたいのです。
胃腸(胃潰瘍)と眼科(白内障・緑内障・糖尿病)はお願いしたいですね。

今日の検査結果はまだ出ていません。
採血の際、前回の血液漏れのせいで青あざが両腕にできていたため、通常の注射器では採血できず、点滴用の細い針で採血をしました。
通常の針より短く細いので、確実に血管に刺さると看護士は説明してました。

今日はネット通販で低たんぱく質食品をいくつか購入しました。
もちろん、寒天も。
寒天は固まらせるものにもよりますが、低たんぱく質でカロリーの操作がしやすく、繊維質が豊富なので、うまく食事療法にいかしていきたいと思っています。

gfg03365 at 19:30コメント(2)トラックバック(1) 

2005年05月15日

200505150735.jpg
ステロイドのトータル摂取量:2365mg
血圧不明
体温36.4℃
体重200g減。

本日のメニュー。

朝食(364Kcal・たんぱく質10.3g・食塩1.5g)
・食パン(1枚)
・胡瓜とカリフラワーのナムル
・ヨーグルト(加糖)
・マーマレード(残しました)
・マーガリン

画像は毎朝出てくるヨーグルト。
カロリー77Kcal、たんぱく質3.2g。

昼食(627Kcal・たんぱく質16.2g・食塩1.2g)
・ご飯(150g・半分残しました)
・ムキガレイの空揚げ
・タルタルソース
・アスパラとわかめの胡麻ドレッシング和え
・里芋とにんじんの煮物

夕食(505Kcal・たんぱく質15.0g・食塩2.4g)
・ご飯(150g・半分残しました)
・豚もも肉、キャベツとピーマンの炒め煮
・練り物のあんかけ(絹さや・銀杏・海老)
・小松菜のマヨネーズ和え

家族が来てゲームボーイのソフトを持ってきてくれました。
昔のソフト(中古で購入)はいいですね。
いまさらですが、Dr.マリオとピクロスにはまっています。

同室の方のご家族におやつとして南部せんべいをいただきました。
多分食べませんが、気持ちだけ、美味しくいただきます。

昨夜は同じフロアの人に急変があったらしく、ディルームに急変した患者さんのご家族が呼ばれていました。
24:00くらいだったのですが、ご家族の話声や椅子の音が響いて眠りが浅くなりました。
いつもナース・ステーションで叫んでいるおじいさんも、急変の騒ぎで目がさめたらしく、昨夜も叫んでいたし。
その上、寝たきりの同室の人の目覚ましが5:00台に鳴り響き。。。
というわけで午前中は眠ってすごしました。

同室の毎日だんなさんが来ている方、どうやらだんなさんと看護士とで喧嘩をしたらしいです。
病状は変わらないのに、5月中に退院すると言っていたので、どうしたのかと思ったら。
患者である奥さんは「もう2度とこの病院には入院しない」と不満をよく言ってました。
だんなさんは食事内容の件でも医師にクレームをつけていたりしていたので、喧嘩をしたと聞いても納得です。

多分、この病院は「医療」と「看護」に重点を置いている病院なんでしょう。
寝たきりの患者さんが望むような、手取り足取りで、なんでも看護士がついていて、介護してくれる病院(経営方針として)ではないと思います。
長期(だいたい2ヶ月以上)の入院はさせたくないようですし、看護士も数が少ない(フロア50床で土日の看護士数は4人くらい)。

動ける入院患者であるわたしには、この病院の放任なところが合っていると思っています。
家からも近く、待ち時間はかかりますが外来も通いやすいですし。
会社の病院とも連携があるので、仕事を続ける上でも安心です。
現在の病院のサービスとわたしのニーズとは合っていると思います。

喧嘩したご夫婦の求めるものと、病院の提供するサービスが合っていないなら、転院するのもありでしょう。
実際わたしが寝たきりの状態になった場合は、ここに入院はしないと思います。
寝たきりの同室の方への対応を見ている限りでは(苦笑)。
急に入院する場合は病院を選べませんが、病院との相性や、病状と病院の方針とのマッチングも大事ですね。

いままで、コメントをいただいていたのに気づかず、放置していたコメントに返信させていただきました。
申し訳ありませんでした。
これからはこまめにチェックしますね。

gfg03365 at 19:06コメント(0)トラックバック(0) 

2005年05月14日

ステロイドのトータル摂取量:2340mg
血圧114/66
体温36.4℃
体重150g減。

本日のメニュー。

朝食(389Kcal・たんぱく質6.9g・食塩0.9g)
・クロワッサン(1個)
・キャベツ、胡瓜とにんじんの醤油フレンチドレッシング和え
・ヨーグルト(加糖)
・リンゴジャム
・マーガリン

昼食(561Kcal・たんぱく質19.1g・食塩1.6g)
・ご飯(150g・半分残しました)
・ポークピカタ(ヒレ・1切れ)
・ミックスベジタブルのバターソテー
・茄子のお浸し
・さつま芋の甘辛煮

夕食(578Kcal・たんぱく質15.7g・食塩1.7g)
・ご飯(150g・半分残しました)
・カジキの竜田揚げ(レモン1/10添え・1切れ)
・南瓜の含め煮(3個)
・ほうれん草のオカカ会え

家族が来て郵便物(含む図書)を持ってきてくれました。
追加で売店で雑誌を買ってもらったので、しばらく読むものには困らないと思います。
今日買ってもらったのはCUTiE。
30代で読むのはおこがましいかも(苦笑)ですが、洋服が見たかったので。
年齢相応の雑誌だと、みなさんゴージャスなお洋服なのでついていけません。
わたしは普段着はTシャツ&ジーンズが基本なので、どうしても10代向けの雑誌を見てしまいます。
他によく見るのはKERA!とかです。
今、手元にある雑誌はZipperと婦人画報とレタスクラブ。
あとは4コマ漫画雑誌が1冊です。

婦人画報は洋服やジュエリーは超高価なものが掲載されていますが、華道や茶道に関する記事と旅行記事、和服関連の記事が興味深いのでたまに買います。
家庭画報もおなじく。
レタスクラブはお料理などの身近な記事目当てですね。

病棟フロアに面会場所(ディルーム)があるのですが、今日はそこでPCを持ち込んでいる患者さん(男性)見かけました。
やっぱり他にも持ち込んでいる人、いるんですね。
通信手段はPHSかグレー電話でしょうか?
ベッドの横にLANケーブルらしいコンセント(未開通)が設置されているので、この病院は将来はLANを設置する(貸し出し)かもしれませんね。
まぁ、単に医療用かもしれません。
あまり期待せずに。。。

gfg03365 at 18:42コメント(0)トラックバック(0) 

2005年05月13日

ステロイドのトータル摂取量:2310mg
血圧不明
体温36.3℃
体重50g増。

本日のメニュー。

朝食(388Kcal・たんぱく質8.0g・食塩1.6g)
・パン(楕円形1個)
・レタス、胡瓜とハムのフレンチドレッシング和え
・ヨーグルト(加糖)
・いちごジャム
・マーガリン

昼食(497Kcal・たんぱく質13.0g・食塩1.3g)
・ご飯(150g・半分残しました)
・キンメダイの照り焼き
・インゲンと春雨の炒め煮
・鉄之助(ふりかけ・残しました)

夕食(637Kcal・たんぱく質18.6g・食塩2.0g)
・ご飯(150g・半分残しました)
・田毎蒸し(ポテトとにんじんの卵擬制、鶏ひき肉あんかけ)
・胡瓜とわかめの胡麻酢和え
・蕪とにんじんの田楽
・マクトンビスキー(残しました)

隣のベッドの新しい方、またしてもイライラする内容を話し掛けてきました。
このイライラはステロイドの副作用からくるのでしょうか?
それとも話の内容によるものなのでしょうか?
自分で判別がつきません。
まぁ、会話のキャッチ・ボールになっていない会話をしているので、内容でイライラしているのだと思いましょう。
自分の話したいことだけを話されているようですので。

今のところ、ステロイドの副作用だろうと思われるのは
・不眠傾向
・イライラ傾向
・おでことあご下のにきび
・ちょっとムーンフェイス
の4点です。

同室の他の方のだんなさん(だんなさんが毎日来ている方)は、「病院の食事が自分の奥さんの病状に合っていない」と医師に文句を言っています。
どうやら、他の場所で食事内容を調査したようです。

腎臓の病状は人それぞれで、透析を受けている/いない、保存期などがいる中、コスト面も含めてかなりこの病院はがんばっているとわたしは思うのですが。
たしかに、透析の人の朝食にバナナが出たりしてるので、問題が無いとは言えないとは思います。
でも100%全員に合う食事を提供するのは、総合病院で700床を超えるようなところでは難しいのではないでしょうか。
自分で勉強して、出てきた食事から調整をするほうが、無理ない/文句ないのではないかな?と思いました。
その辺は人によって考え方も違うので、これはわたしの意見です。
確かに出てくるものだけを食べるしかない人もいるので(病状によっては勉強もできないので)、病状に100%合わせてほしい人の気持ちもわかります。
でも退院した時のことを考えると、多少の勉強は必要ですよね。

日曜からステロイドの量が減ります。
25mgになります。
来週からは減量による副作用が出るのでしょうか。

gfg03365 at 18:47コメント(0)トラックバック(1) 

2005年05月12日

ステロイドのトータル摂取量:2280mg
血圧128/90
体温36.0℃
体重250g減。

本日のメニュー。

朝食(404Kcal・たんぱく質9.5g・食塩1.0g)
・ロールパン(2個)
・レタス、胡瓜とラディッシュのサラダ
・ヨーグルト(加糖)
・マーマレード
・マーガリン

昼食(511Kcal・たんぱく質11.7g・食塩1.6g)
・わかめご飯(150g)
・厚焼き玉子(砂糖味・半分残しました)
・ポテトとにんじんの炒め煮
・オクラとえのきのお浸し

夕食(563Kcal・たんぱく質18.5g・食塩2.0g)
・ご飯(150g・半分残しました)
・鶏肉揚げ団子(直径2cmが5個)
・キャベツのソテー
・ハンペンとしいたけ、絹さやの含め煮
・茄子のお浸し

隣のベッドの新しい方、わたしと医師の話しているのを聞いて、それに関してコメントをいろいろ言ってきます。
余計なお世話です。
3日目にして、かなりウンザリ。
「退院決まってよかったですね。」って、まだ確定じゃないですから。
決まっているのは直にステロイドが25mgになることと、来週の平日に外泊をもう一度することだけですから。

今朝の尿検査の結果、1+でした。
24時間蓄尿で1.0g、潜血は2+。
このまま順調に減っていってほしいものです。

ステロイドの副作用でしょうか、集中力が減ってきている気がします。
本を読んでもちょっとしたことが頭をよぎります。
前のように没頭している感じがありません。
単に好みの本・文章じゃない、もしくは気分が乗らないだけだといいのですが。

今日もNetで本を購入。
「デスノート」の6巻と吾妻ひでおさんの「失踪日記」。
他に輸入版のCDで「The Last 5 Years」のオリジナル・キャストを。
このCDは7月に日本版の上演が決まったので、観劇前の予習用として購入しました。
これらも届くのが楽しみです。

gfg03365 at 18:44コメント(0)トラックバック(0) 
Blog Ranking


Blog Rankingに登録しました。
よろしければクリックをお願いいたします。
Recent Comments
Counter


本カウンタはふらくたるパブリックカウンタサービス様からお借りしました。
Profile
いしはら
30代会社員。持病(慢性腎炎/IgA)あり。
趣味は観劇・読書・お茶・着物など。

本ページの掲載物の著作権は全ていしはらが保有しています。
著作権は放棄していませんので、転載などの際にはご一報ください。
また、ここに記載されている療法等は、わたしとわたしのかかっている病院の医師とで決定した内容です。
同じことをしても同じ結果になるとはかぎりません。
療法等はご自身とご自身のかかっている病院・医師との合意の判断で行ってください。

わたしの記事に一切関係がないと感じられるトラバ&コメントは削除させていただくことがあります。
ご了承ください。
特にアダルト系と思われるトラバやコメントは全てお断りさせていただきますし、全て削除させていただきます。

当ブログ内にはアフィリエイトはありません。
Medicines
現在のお薬

朝食後:
・ニューロタン(50mg/錠)
・プレドニゾロン(1mg/3錠:隔日)
・プロマック(1錠)

夕食後:
・リピトール(10mg/錠)
・プロマック(1錠)

その他:
・イソジンガーグル30ml

  • ライブドアブログ