腎臓

2008年10月21日

a9532e5a.jpg
ヘルシーフード(株)さんのいきいき御膳 なすのミートグラタンを試してみました。

・なすのミートグラタン(312Kcal・たんぱく質7.9g・塩分1.7g)

旅行や外食で、食生活が乱れ気味(^^;;;です。
検査結果を見て、安心していると、すぐにオーバーになってしまって、それに慣れてしまう気がします。。。
検査結果では、なんとか低たんぱく質&低塩分は守られているけど、たまに心配。

ということで、冷凍のお弁当です。

今回も電子レンジで5分加熱しました。

メインの茄子ミートグラタンは、茄子が小さめなのが少し残念ですが、ソースにチーズとお肉のうまみがあって、とても美味しいです。
ご飯にも合うけど、パスタやパンでも美味しそう。

付け合せも、冷たいほうがいいなぁというおかずは入っていないので、暖かいまま美味しくいただけました。
特にポテトカレーが思ったよりもスパイシーで、美味しく思いました。

いまいちなところをあえて挙げるとすると、全体的に油っぽいこと。
特に、茄子のグラタンは、冷めて油が分離してくるとちょっと食べづらく感じるかもと思いました。

メニュー構成も、わたしの好みでしたので、これは冷凍のお弁当を買うときはリピートすると思います。




gfg03365 at 20:23コメント(1)トラックバック(0) 

2007年12月31日

28日は12月の通院日で、年内最後の通院日でした。
今回は12:00予約。
さすがに年内最終日だったせいか、13:30くらいまでかかりました。
病院はそんなに混んでいなかったのですが、薬局が混んでました。

今回の通院は採血、随時尿、蓄尿検査をしました。

2007/11/26の検査結果

 尿たんぱく:2+
 たんぱく質摂取量(食事内容):35g
 塩分(食事内容):7.9g
 Ccr:93くらい
 尿たんぱく量/日:1.1g

2007/12/28の検査結果(一部)

 尿たんぱく:2+
 BUN:7
 クレアチニン:1.00

時間がかかったためか、一部の検査結果が出ていました。
またしても1日あたりの尿たんぱくが増えてます。
今回はCcrがとても良かったのですが、医師いわく「全体的に数値が多めに出ている可能性がある」「前回から比べて、このCcrはおかしい(通常は70くらい)し、1日あたりの尿たんぱくも多すぎる」「いつもから比べて食事のたんぱく量も多すぎ」とのことで。
「今月は参考値でいいと思う(検査数値が信用置けないってこと?)」だそうです。
うーん、いいのかな?

来月(今月の検査結果)は減っていますように。。。

食事内容は35gくらいなら全然問題無いとは言われましたが、自分的には納得いかず。
BUN/クレアチニンが10以下なら食事制限は良いとは言われましたが。。。

貧血の方は鉄剤のおかげでフェリチンが40になった&ヘモグロビンが12.5になり、改善しました。
鉄剤(フェロミア錠50mg)は無事に終了。
副次効果として、目の下のくまが良くなったので、驚きました。
貧血のせいでくまが濃かったのですね。

イベント続きで食事療法に要注意+旅行で気が緩むので、注意していきたいです。
今日の年越しソバもげんたうどんの予定です。

今年もみなさまのおかげで、無事に一年を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。
ブログは投稿オンリー気味で、コメントのお返事が遅れがちでごめんなさい。

来年も年始から旅行の予定なので投稿に間が開くと思います。
無理しない程度にボチボチやっていく予定です。
来年もよろしくお願いいたします。

gfg03365 at 21:30コメント(0)トラックバック(0) 

2007年12月21日

c438ae92.jpg低たんぱくのおやつのご紹介です。
先日、出張先で小腹が減ったので、おやつを探しに入ったコンビニ(ampm)で見つけました。

natori「ひとくち黒ごまおさつ」(72kcal・たんぱく質0.2g・ナトリウム24mg)

ちょっとわかりづらいですが、袋のサイズは長いほうの辺で10cmくらい。
グミやキャンディーの小袋くらいです。
中のお菓子も小ぶりで、ハイチュウくらいの大きさなので、口に入れやすいです。
職場でも目立たずに食べられるのが嬉しいです。
芋ケンピや芋満月のようにパリパリ音がしないのもいいところ。

味はまんまさつま芋です。
干し芋のような芋羊羹のような、ほんのり甘いやさしいお味です。

これくらいのたんぱく質だったら、気にせずに食べられますね。
やっぱりさつま芋のおやつは低たんぱく質です。


gfg03365 at 10:09コメント(0)トラックバック(0) 

2007年12月11日

bbac2fae.jpg12月も10日を過ぎて、年末って感じがしてきましたね。
相変わらず、年末のこの時期は仕事が立て込んできて、ブログや家のお掃除(苦笑)が手抜きになってしまいます。

年末になってきて、白菜が美味しいこの時期は、やっぱりお鍋。
うちでは扁炉という白菜と春雨がメインの、あっさりとした調理が簡単なお鍋をこの時期はよく作ります。
以前から大好きな、妹尾河童さんの著書で紹介されているのを読んで以来、家族ともども大好きなお鍋です。
味付けや分量などは、うちに合うよう、本のレシピからアレンジしてます。

材料:白菜(1/4)・干ししいたけ(20gくらい)・豚バラ肉(150g)・鳥もも肉(1枚)・ごま油・春雨(100g)
→でもいつもかなり適当(^^;)です

1.干ししいたけを戻す(わたしは手抜きでスライスの干ししいたけを使っています)
2.白菜をざく切りに切り、芯(白いところ)と葉とを分ける
3.鍋に白菜の芯を入れ、干ししいたけと戻し汁(ひたひたになる程度・足りなければ水を追加)、ごま油をたらーっと鍋一周分いれる
4.煮立ったら、一口大に切った肉類を入れる
5.さらに煮込み、ころあいを見て、白菜の葉の部分を入れる
6.白菜がくたくたになったら、春雨を入れる(わたしは手抜きでそのまま入れられる春雨を使用してます)
7.最後にごま油をたらーっと鍋一周分かけ、出来上がり

味付けは食べるときに各自が塩と一味唐辛子でつけます(鍋のスープを取って、塩と一味を溶かしてタレとして食べる)。
低たんぱく&減塩のわたしは唐辛子だけで、肉は避けることができ、家族は好みの味付けでお肉もしっかり食べられます。
本当の扁炉の味付けは、塩と一味だけですが、胡椒やしょうがなどで食べることもあります。

お鍋の締めで雑炊も美味しいですが、春雨をしっかり食べるとカロリーが高いので、その辺は要調整です。
このお鍋は無塩でも美味しいと思えるレシピの一つです(食物由来ナトリウム除く)。

紹介記事(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%81%E7%82%89


gfg03365 at 17:29コメント(0)トラックバック(0) 

2007年11月26日

今日は11月の通院日でした。
今回は仕事の都合で朝一番の9:00予約。
9:30には病院を出て、10:00には薬局を出ることが出来ました。
8:45くらいに病院に着いたので、一番最初の診察でした。

今回の通院は随時尿、蓄尿検査をしました。

2007/10/15の検査結果

 尿たんぱく:1+
 BUN:7
 たんぱく質摂取量(食事内容):26g
 塩分(食事内容):3.5g
 Ccr:71くらい
 尿たんぱく量/日:0.76g

またしても1日あたりの尿たんぱくが増えてます。
潜血が減っているし、Ccrがいいので体調的なものでしょうと、医師には言われました。
来月(今月の検査結果)は減っていますように。。。

食事内容は断然良い(検査数値的には)とのことで、医師にはほめられました。
2006年1月からの検査結果の記録を見ても、BUNは最大で13、最小で5なので食事療法の結果は出ているのかな〜と思っています。
みなさまのBlog等で情報収集できているおかげですね!

ただ、貧血は進行しているようで、フェリチンが5になった&ヘモグロビンが10を切ってしまいました。。。
鉄剤(フェロミア錠50mg)が追加処方されました。
飲むと便が黒くなるそうで、驚かないようにと言われました。
どれくらい黒くなるんだろう。。。ちょっと楽しみ(笑)。
人によっては胃もたれするそうですが、現時点ですでに胃薬が2種類処方されているので、大丈夫だろうとのことでした。

次回の予約は年末の病院営業最終日、12月28日(金)です。
3連休と年末年始の影響で、今回は金曜日にしてみました。
忘年会シーズンですので、食事には更なる注意が必要ですね。


gfg03365 at 18:20コメント(0)トラックバック(0) 

2007年11月07日

64191ad0.jpg最近、お仕事の都合でまたまた外食の機会が増えてきています。
食事制限上はあまり外食がお勧めでないのは承知しているのですが、複数の方と出張するときに、「わたしだけ別行動で」とか「お弁当を持ってきているので」とか、言いづらいですよね。
特に自分の会社以外の方と出かけるときは。

食事制限をされているみなさんは外食が続くときはどうしているのかな〜?

わたしの場合は、出張先で一人だったら下記3パターンのいずれかです。

(1)お弁当が食べられそうなところなら、お弁当持参
  低たんぱくご飯のおにぎりとか、低たんぱくパンのサンドウィッチとか、簡単なものを持参します。
  最近は観劇にもお弁当持参しているので、2食分持っていくことも。

(2)チェーン店で成分表示のはっきりしているお店に入る
  ハンバーガー屋さんでポテトとサラダとか、セルフのうどん屋さんで素うどんと茄子の天ぷらとか。

(3)カキフライのあるお店か、インドカレーのお店を探す
  カキフライはたんぱく質制限しているひとの強い味方ですよね。
  インドカレーの店はベジタリアンメニューが豊富なので、外食でも低たんぱく質にできます。
  ただ、低塩分にするのは難しいので、ついてくるお味噌汁やドレッシングをなしにしてもらったり工夫が必要です。
  カキフライ定食で大体ですが、800Kcal・たんぱく質20g前後、野菜カレーとナンのセットで大体ですが700Kcal・たんぱく質15g前後(ナンをご飯にすればさらに低たんぱく)(これはわたしが調べた範囲の数値ですので、必ずご自身で再度調べてみてください))。

あとは、外食がわかっている場合は、前後の食事を低たんぱく・低塩分にするようにしています。

複数で出かけたときに、ご好意でご馳走になったりする(=自分にメニュー選択権が無い)のが一番困ります。
お店が一緒なだけなら、メニューの中で低たんぱく・低塩分そうなものを頼むことで、自分でコントロールできるんですけどね。
たとえば、前述のカキフライとか、コロッケの定食。
パスタや麺よりご飯ものの単品(ピラフとか中華丼(肉を残す))を頼むとか。

外食が続くと太るのも問題です。
ジーンズがきつくなってきました。。。
冬に向けて脂肪蓄積中と思われます。


gfg03365 at 14:02コメント(2)トラックバック(0) 

2007年10月26日

昨日、24日に放送されていた「ためしてガッテン」の録画を見ました。
わたしとしては、特に目新しい情報は無かったですが、復習のためには良かったです。
どちらかというと、一般の方に興味を持ってもらうための番組でしたね。
尿検査は繰り返し受けることが大事など、今まで腎臓を気にしたことの無い人への気づきを促す内容に思えました。

2007年5月25日にブログで紹介した「慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease、CKD)診療ガイド 」も取り上げられていました。
http://www.jsn.or.jp/jsn_new/news/CKD-web.pdf

番組の内容はこちら。(NHK「ためしてガッテン」過去の放送のsite)
http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2007q4/20071024.html

しかし、95人中58人が尿検査に引っかかったというのはすごい数値です。
この検査を受けた人には、ぜひこの機会に腎臓内科の受診をしていただき、病気予防をしてほしいですね。


gfg03365 at 11:36コメント(2)トラックバック(0) 

2007年10月18日

cc205c5a.jpg家に帰り着いていたら、見る番組の一つ「ためしてガッテン」。
来週のガッテンは「予備軍2000万人!腎臓病の真実」だそうです。
わたしも録画して見るつもりです。

http://www3.nhk.or.jp/gatten/

以下、番組HPから引用。
---
自覚症状がないまま悪化し、尿毒症や腎不全などによって死に至る危険な病気「慢性腎臓病」。
今年、日本腎臓学会が行った調査では、なんと、患者の予備軍・“隠れ腎臓病”が2000万人にも上ることが判明!
だが、大多数の人は腎臓病をほとんど気にも留めないため、症状が進み毎年新たに一万人もの透析患者が増加。
新たな国民病・腎臓病とどう向き合えばよいのか、腎臓病の最新予防・対策に迫る。

・最新基準で判明!広がる“隠れ腎臓病”の恐怖
・ある日突然、透析に!腎臓悪化に気づかないわけ
・早期発見のカギは「尿」!

ゲスト:
藤田弓子、円 広志、山瀬まみ
---

放送予定は各地域や緊急ニュース等で変わってしまうかもしれませんので、ご自身でNHKのHPや新聞等でご確認ください。

本放送:
10月24日(水)午後8時00分〜8時43分(総合テレビ)
再放送:
10月31日(水)午前1時15分〜1時58分(総合テレビ)
再放送:
10月31日(水)午後4時05分〜4時48分(総合テレビ)


gfg03365 at 10:36コメント(0)トラックバック(0) 

2007年10月16日

追記です。
昨日の外来通院で、プレドニンが減りました。
20mg隔日→15mg隔日です。
今は多毛とにきびっぽさくらいの副作用ですが、やっぱり減るのは嬉しいです。

これでやっと2006年1月の時点の量まで、ステロイドの量が減りました。
扁桃腺摘出する前の2007年4月の量(2mg/隔日)になるまで、1年3ヶ月かかるのかと思うと、ちょっと長い道のりにうんざりです。
でも、考えかたを変えれば、2009年にはステロイドと縁が切れているはず。
明るい見通しのほうを目指して、ポジティブ・シンキングでいきたいと思います。

現在のお薬

起床時:
 ・フォッサマック 1錠

朝食後:
 ・プレドニゾロン5mg 3錠(隔日)
 ・タケプロンOD 1錠
 ・アプレゾリン 1錠
 ・プロマックOD 1錠

昼食後:
 ・アプレゾリン 1錠

夕食後:
 ・アプレゾリン 1錠
 ・プロマックOD 1錠
 ・リピトール 1錠


gfg03365 at 14:54コメント(0)トラックバック(0) 
d0a97349.jpg昨日は10月の通院日でした。
今回も12:00〜12:30の予約という、朝の一番最後の時間帯だったのですが、13:30には病院を出ました。
ただ、この時間での予約は会社に午前中出勤してからになるので、どうしても到着がギリギリです。
今回はタクシーで移動してしまいました。
確定申告の医療費控除申告の際、忘れずに加算しなくては。

今回の通院は血液検査、随時尿、蓄尿検査をしました。
今回も結果はすべて次回になりました。

2007/9/10の検査結果

 尿たんぱく:1+
 たんぱく質摂取量(食事内容):18g
 塩分(食事内容):2.7g
 Ccr:65くらい
 尿たんぱく量/日:0.48g

1日あたりの尿たんぱくは前回の祈りむなしく、微増です。
誤差の範囲という医師の言葉を信じます、というか信じたいです。
Ccrもちょっと悪くなりました。
これも誤差と思いたいです。

実際、扁桃腺を摘出してからは、尿たんぱく/日量は0.6g〜0.2gの間、Ccrは60〜70の間なので、誤差の範囲かもしれませんが、数値として出てくると気になるものです。
気にしないようにとは思うんですが、一喜一憂です。

前回は蓄尿前日に蕁麻疹と発熱(微熱ですが。。。)があったのですが、数値には特に影響は出なかったです。
それより、蕁麻疹と発熱のため、食欲がなく1食抜いてしまったのが、ちゃんとたんぱく質摂取量と塩分摂取量に出たのが驚きです。
最近、「どうせ食べ過ぎてもあまり結果に出ないもんね〜」とあまく見ていた(苦笑)たんぱく質摂取量と塩分摂取量の結果ですが、きちんと結果に出ることがわかりました。

毎月、外来日には食事療法を頑張る!と言っている気がしますが(笑)、気合を入れるために毎月外来に行くのは効果的かもしれません。
ということで、毎月恒例ですが、食事療法頑張ります。

11月の外来日は26日です。
食欲の秋に負けないよう、たんぱく質・塩分・体重(最近これも増加傾向。。。)バランスよく食事療法していきたいと思います。


gfg03365 at 14:31コメント(0)トラックバック(0) 
Blog Ranking


Blog Rankingに登録しました。
よろしければクリックをお願いいたします。
Recent Comments
Counter


本カウンタはふらくたるパブリックカウンタサービス様からお借りしました。
Profile
いしはら
30代会社員。持病(慢性腎炎/IgA)あり。
趣味は観劇・読書・お茶・着物など。

本ページの掲載物の著作権は全ていしはらが保有しています。
著作権は放棄していませんので、転載などの際にはご一報ください。
また、ここに記載されている療法等は、わたしとわたしのかかっている病院の医師とで決定した内容です。
同じことをしても同じ結果になるとはかぎりません。
療法等はご自身とご自身のかかっている病院・医師との合意の判断で行ってください。

わたしの記事に一切関係がないと感じられるトラバ&コメントは削除させていただくことがあります。
ご了承ください。
特にアダルト系と思われるトラバやコメントは全てお断りさせていただきますし、全て削除させていただきます。

当ブログ内にはアフィリエイトはありません。
Medicines
現在のお薬

朝食後:
・ニューロタン(50mg/錠)
・プレドニゾロン(1mg/3錠:隔日)
・プロマック(1錠)

夕食後:
・リピトール(10mg/錠)
・プロマック(1錠)

その他:
・イソジンガーグル30ml

  • ライブドアブログ