報道通信社から発行されている報道ニッポンを毎月欠かさずよんでいますが、報道ニッポンの編集スタッフの方が書かれているブログもよく読んでいます。
先日、卵の賞味期限についての書き込みがあったのを興味深く読みました。
賞味期限を4日過ぎた卵を食べたところ、特に異常なく大丈夫だったとのことでした。
それを読んで、1週間ほど前に冷蔵庫を掃除していたところ、特売で買って奥に入れ込んでいた卵を発見し、その卵が賞味期限を2日過ぎていたため捨ててしまったことを思い出しました。
加工品の場合は賞味期限が少々過ぎていてもあまり気にせず食べてしまうのですが、卵はお腹を壊したらと思うと怖くて捨ててしまったのでした。
2日過ぎだったら食べても大丈夫だったかも、と惜しい気持ちになりました。
そういえば、賞味期限とはおいしく食べることのできる期限なので、期限を過ぎてしまってもすぐに食べられなくなるわけではないのでした。
もう1つの表示である消費期限の場合は、期限内に食べてしまわなければいけません。
卵に記載されていたのは賞味期限だったので、ブログに書かれていたように、焼いて食べればよかったです。
今後はできる限り賞味期限の前に使い切るようにしたいと思います。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社