カテゴリ: ガーナ・トーゴの旅の知恵

7年半ぶりにガーナとトーゴに行くことになったので、
ガーナとトーゴのビザを取りました
どちらもネット上でできて、前回取った時よりずっと楽でした

ガーナ
まず申請の前に、黄熱ワクチンの証明書(イエローカード)が必要なので、
子どもたちは注射 二人とも泣き叫んでいました
(公益財団法人日本検疫衛生協会東京診療所というところで受けました。
ついでに狂犬病とA型肝炎も)
私は前回のイエローカードが生涯有効なので、そのまま使えました。
旧姓のままで古いパスポートにくっついていますが、問題なしでした

在日ガーナ大使館のHPの「Passport & Visa Application」というところから申請します。
必要書類をアップロードしてプリントアウトして郵送しました。
+3000円で急ぎでやってもらいましたが、1〜2週間程度でビザ取得できました
トーゴ
在日トーゴ大使館は現在ビザの発行業務はしていないそうで、
トーゴ政府が運営しているサイトで、e-Visaの申請をしました。
まずアカウントを作って、必要書類を添付します。
こちらも2週間程度でできました

子どもがガーナとトーゴのパスポートをもらえば、次回からは私だけビザを取ればいいので、もっと楽になるはず


ではー

海外旅行(アフリカ) ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

夫はガーナ・トーゴに一時帰国することになったので、
親戚からお土産をいろいろと頼まれているようです

前回、インスタントラーメンを持って帰ったら、反応はイマイチだったそうです
弟(ガーナの若者)だけはインドネシアのインスタントラーメンを食べ慣れているので、
おいしいと言ってくれたそうですが、
ほかの人たちは食べ慣れている料理以外は全く受け付けないようで…

今回は電子機器をお土産にすることにしたそうです。
が、新品だとすぐ壊されてしまい、もったいないので、
リサイクルショップで安物を買っています

子どもたちにはクレヨンやペンなどの文房具をたくさん買っていました。
日本のは質がいいからね

お母さんには、手動のハンディチョッパー
玉ねぎのみじん切りに持ってこいのアイテムです

私はお姉さんたちへのプレゼント用に、いらなくなったピアスを袋詰めしておきました
前回すごく喜んでくれて争奪戦になっていたそうです
わざわざ新品を買う必要なし←雑


ではー

海外旅行(アフリカ) ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

ガーナとトーゴに行く前は、
トイレは水洗なのかな、便座はあるのかな、トイレットペーパーはあるのかな、
とトイレのことが心配でした。
行ってみると、普通の水洗トイレで、トイレットペーパーもありました。
でも、それはホテルやレストランだけでした
一般の家は、水洗トイレであっても
タンクに毎回バケツで水を入れないといけなかったり、
直径10センチぐらいの丸い穴が開いているだけの
ぼっとんトイレだったりしました。
家族はぼっとんじゃかわいそうだからと
気を遣ってシャワー室を使わせてくれました

町にはこんな表示があります ↓
ファイル 2016-09-29 9 08 37

体、反りすぎ

ガーナもトーゴも、あらゆるところでトイレ(小)をしている人を見かけます。
タクシーやトロットロ(バス)の運転手も、
突然車を止めて道でトイレ(小)をして戻ってきます。
ロメ(トーゴ)の海沿いの道は特にそういう人が多く、道も汚いので、
サンダルで行かないほうがいいです

私も長い時間外出している時は、
仕方なくこういうところを見つけてしました。 ↓
ファイル 2016-09-29 9 07 18
トイレのベストスポット

トイレ(大)の時は何で拭くのかというと、これです ↓

ファイル 2016-09-29 9 07 37

とうもろこしを食べた後の芯です。
柔らかくてちょうどいいそうです。
確かに、いろんなところによく落ちていました。
触らなくてよかった


では



海外旅行(アフリカ) ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

アクラ(ガーナの首都)やロメ(トーゴの首都)のホテルではお湯が出ましたが、
アングロガー(ガーナ東部の村)のホテルでは、シャワーのお湯が出ませんでした。
フロントに言えばバケツに熱湯を入れて部屋まで運んでくれるのですが、
最初の数日は知らなかったので、仕方なく水でシャワーをしました

水といっても日本のように冷たい水ではなく、生ぬるいので、
全然問題ないといって、夫は普通にシャワーをしていました。
彼のガーナの家族も、トーゴの家族も、毎日お湯なしで生活しています。
(それなのにみんなスマホは持っているから不思議

私はお湯なしでは風邪を引きそうだったので、どうしよう と困っていたところ、
友人がいい方法を教えてくれました。
それは、

家に着いたらすぐシャワーを浴びること

外は暑いので、家に着いてすぐはシャワーの水がむしろ気持ちいいくらいです。
一休みしたいところですが、休む前にシャワーを済ませるのが得策です。


では


海外旅行(アフリカ) ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

ガーナやトーゴでは、日本と中国を同じ国だと思っている人が多く、
富士山や寿司なども全く知られていないので、
いわゆる日本らしいお土産はあまり喜ばれません。
また、2000円、3000円するようなものをあげた場合、
「それなら現金でくれたほうがよかったのに」とがっかりされてしまいます。

そこで、一番いいのは、100円ショップのキッチングッズです。
にんにくの皮をむくピーラー、魚のうろこ取り、
しょうがのおろし器、折りたためるコップなど、
毎日使える便利なものは、女性たちに非常に喜ばれます。

子どもたちには、文房具をあげました。
ボールペンや消しゴム、ノートなど。
ガーナやトーゴには、中国製のものが多いので、
日本製の質のよい文房具は喜ばれます。

それから、ポラロイドカメラで一緒に撮った写真を
そのままプレゼントしたり、折り紙の鶴をあげたりもしました。

男性たちには、乾電池で動く小型扇風機や懐中電灯、
古いパソコンやデジカメ、USBなどの電化製品をあげました。
誰も使わないような10年以上前のパソコンやデジカメでも、
ガーナやトーゴではなかなか手に入りにくいものなので、
すごく喜ばれます。

今後日本で服や物を捨てる際は、取っておいて、
次回アフリカに持って行こうと思いました。


では



海外旅行(アフリカ) ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ