カテゴリ: ガーナ・トーゴの文化

最近よく聴くガーナの歌は、
Jerusalem soupというチュイ語の歌です。
歌っているのは南アフリカ出身のコメディアンで、
「スープがおいしいよ〜!」という内容だそうです 


夫が毎日聴いているので、3歳の息子も自然に覚えて、
口ずさみながらノリノリで踊っています。
やっぱり息子にはガーナの血が流れてるんだな〜と実感 


ではー

海外旅行(アフリカ) ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

チュイ語(アカン語)はガーナで一番よく話されている部族語です。
最近、夫はいつも車の中で「サンコファ(sankofa)ラジオ」という
ガーナのラジオを聞いているので、意味は分からないけど私もよく聞いています。
夫はエウェ族ですが、小さい時にアクラに住んでいたことがあるので、
チュイ語も分かるそうです。

私はエウェ語だけでいっぱいいっぱいなので、
今までに覚えたチュイ語の単語はたったの3つだけ 
以下、紹介します。

1. アクワバ(ようこそ)
ガーナの空港のいろいろなところに書いてあったので覚えました。

2. アジべビア(広がる)
ガーナのママがうちに来ていた時によく言っていた言葉です。
当時9ヶ月ぐらいだった息子がうんちする度に
「センツヌー(臭い匂い)、アジべビア(広がる, spreading)」と言っていました 
(センツヌーはエウェ語で、アジべビアはチュイ語)
最近、ガーナでも新型コロナウイルスの感染が広がっているので、
この単語、ラジオでよく聞きます。

3. オニャンコポン(神様)
ラジオではキリスト教の話をよくしているので、
オニャンコポンという単語をよく聞きます。
オニャンコポン…一度聞いたら忘れられない発音ですよね 

そして先日、新たに一つ単語を覚えました。
「オマ○コ」です (恥ずかしくて全部書けません)
意味は「They went」(彼らは行った)です。
例えば、「オマ○コ  イ?(彼らはどこに行った?)」
「オマ○コ  スーパー(スーパーに行った)」
というふうに使います。
ラジオを聞いていると、この単語が耳についてしょうがない

ガーナのママが、ガー語は難しいけどチュイ語は簡単だと言っていたので、
エウェ語の次はチュイ語も勉強したいです。
(いつになることやら…)

なんと、チュイ語、教科書が無料でダウンロードできます 
こちら (東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所作成)
便利ですね。


ではー

海外旅行(アフリカ) ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

去年の梅雨頃からずっと夫の肌の調子がよくないのですが、
梅雨が長くて日光を十分に浴びられなかったのが原因だそうです。
黒人は1日に45分以上日光を浴びないとダメなんだとか。
45分って、長っ

で、かゆいからと、こんな木のスポンジでごしごし洗っていました。

ECE29F02-0850-4A70-AE7F-327FF5A1D69E

お医者さんから絶対に引っ掻いちゃダメだよーと言われてるのに…
医者の言うことは信じない、と
薬を飲まずに、蜂蜜と塩を混ぜて毎日肌に塗っています 


ではー

海外旅行(アフリカ) ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

年末は沖縄旅行に行ってきました 
夫は「トーゴと似てる!」と大喜びでした。

似ているポイント1: 気温
冬なのに毎日20度ぐらいで暖かかったです。
夫はトーゴの冬と同じ感じだと喜んでいました。
(トーゴの冬というのは8月のことです。
朝晩涼しいのでセーターを着る人もいます。)

似ているポイント2: 建物
沖縄はトーゴと同じくコンクリートの建物が多かったです。
南国あるあるですね。

似ているポイント3: ヤギ
沖縄の人もヤギを食べるんです 
山羊汁やヤギの刺身などがありました。

7DCD19F4-8183-4412-A15A-5C3FFDFD834F

お土産に一つ買ってきました。(1袋800円ぐらい)
動物園の臭いがするそうです 


ではー

海外旅行(アフリカ) ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

先日、ガーナ人(エウェ族)の友達に会った時のこと。

私「子どもの名前、「エクエ」と「アエレ」だよ」
友達「ああ、ガー族なのか」
夫「うん。僕、ガーとエウェのハーフだから」
私「え   」

夫と知り合って5年半、ずっとエウェ族だと思ってました。
夫は細かい部族のことなんて興味ないだろうと思って説明しなかったんだと。
興味ありありです 
改めて説明してもらいました。

夫のママはエウェ族、パパはガー族です。
ガーナのアクラに住むガー族、聞いたことあります。
ママはアクラに住んでいた時、チュイ語は簡単ですぐ覚えたけど、
ガー語は難しいから全然分からなかったと言っていました。
で、パパはガー語を話すのかというと、ミナ語を話すのだと。
へ?ミナ語

昔、ガーナのアクラに住むガー族はトーゴのアネハに移住し、
ミナ族と呼ばれるようになりました。
彼らはミナ語を話します。
ミナ語は、エウェ語のトーゴ方言です。
エウェ語はガーナのヴォルタ地方が発祥なので、
ヴォルタのエウェ語は正しくてきれいなエウェ語と言われています。
なので、ヴォルタ出身のママはよく夫のエウェ語(ミナ語)をバカにしていました 

で、子どもの名前に戻ると、
ガーナ人が聞けばガーの名前だと言い、
トーゴ人が聞けばミナの名前だと言うということです。

ちなみに、部族はことばが違うだけで、見た目からは判断できないのだそうです。

今までがんばって覚えてきたエウェ語は、
ヴォルタのエウェ語だったんだろうか?ミナ語だったんだろうか?
めんどくさーい


ではー

海外旅行(アフリカ) ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ