小島一志〈公式〉Anti-Wikiブログ

小島一志(こじま かずし) ●作家、編集者、株式会社Mugen代表取締役 ●一撃会、青水会代表。日本強育委員会顧問 ●県立栃木高校卒業 ●早稲田大学商学部、1983年卒業 ●武道専門出版社・福昌堂に入社。「月刊空手道」編集長に就任。その後「フルコンタクトKARATE」の創刊に関わる。 ●1988年独立。編集制作会社Mugen設立。 ●1991年、「最強格闘技論」で作家デビュー

相変わらずnetの世界には悪意ある誹謗中傷が蔓延しています。その最たるものが〈Wikipedia 〉です。仮に私が自分のWikipediaに書かれた内容に齟齬や疑問があっても、Wikipedia運営側が不明(責任の所在が曖昧)であるが故に異議申し立てさえ出来ないという現実。一定の資格を持てば誰でもWikipedia編集者になれるということだけで、内容の中立性が保証されない証左と言えるでしょう。私は殆どnetを見ないし、Wikipediaを参考にしたことはありません。 以上、netに流れる流言飛語を無視するのは簡単ですが、相応の対抗手段も必要だという顧問弁護士の勧めでこのブログを開設しました。ちなみに、以前から解説していた旧・ブログが何らかの手違いで内容を抹消してしまいました。昔から読者には当ブログに移って頂ければ幸いです。

12日のBS朝日が放送した梶原一騎ドキュメンタリーをご覧になっただろうか? 観たいという人はよく覚えておいて欲しい。とにかくウソ欺瞞と偽善に満ちた最低の番組だった。 梶原が死ぬまで頼りにした添野義二は出てこない。梶原の命を救った士道館や宮川道場の青年たち ...

極真系団体が採用する愚かな型試合私は「月刊空手道」時代の10年間、伝統派(全空連)、沖縄空手などを見続けてきました。型試合の根本的矛盾は棚に上げます。それを言い出したら他のスポーツも含めキリがないからです。型を試合化する場合、当然「比較が可能になる共通する ...

今日、10月7日。士道館主催の国際大会が開催された。 大会運営は士道館の幹部支部長たちが一体となって行われた。まさに本来あるべきアマチュアリズムに徹した「手作りの大会」だった。士道館には「キックボクシング興行団体」というイメージを持っていたが、支部長も選手た ...

↑このページのトップヘ