ブログネタ
☆★旅日記★☆ に参加中!
メキシコの警官の9%が免職


  治安は大丈夫? メキシコの警官問題

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100831-00000003-cnn-int


   『メキシコ市(CNN) メキシコ連邦警察は30日、汚職にかかわったなどの理由で今年5月以降約3200人の警察官が免職されたと発表した。

  免職者のうち465人は犯罪への関与の嫌疑がかけられている。このほか1020人が機密事項に関する調査で懲戒処分の対象になったという。

  連邦警察の内務問題担当者によると、調査は5月中旬に開始されたという。また、連邦警察の報道担当者はCNNに対し、「(警察の)調査は何カ月も前に始まったもので、これがその結果だ」と語っている。


  警察当局者によると、免職者の中には、数週間前に汚職にかかわったとして内部告発されたシウダフアレスの警察官らも含まれている。


  この問題では、2つの警官グループが警察本部の外で闘争を行ったとされる。


  連邦警察には約3万4500人の警察官がおり、免職された3200人は全体の約9%に当たる。 当局では、免職となった警察官が地元、州、連邦レベルの警察に再雇用されることは認められないとしている。』



   メキシコの警官の約9%に当たる3200人が免職。つまり、警官を首になったということ。
 

  最近のメキシコでは麻薬闘争で麻薬組織に加担していた警官の話もたくさんあった。 特に酷かったのは、刑務所に服役中の囚人に武器を提供し、対立組織などの人殺しを援助した事件。
 
  メキシコのビックリ事件  

  世界の途上国の警察官というのは日本人のイメージとは全然違っている。メキシコは途上国ではないが、似たような状況だ。
 

  僕の経験上、ゲリラが存在している国やメキシコのように麻薬グループと一戦を交えている国の警察官というのは非常にレベルが低いと言える。
 

  ゲリラがいたり、麻薬組織が凄かったりする国の警官は、命にさらされている。日本で言う、犯罪を減らすためにという使命に燃えた警官も少ない。


  ある意味、戦争に行っているようなものだ。いや、それよりもっと酷いかも? 

  メキシコでは捜査上の責任者にでもなったら、自分が殺されるという話も多いのだ。自分だけでなく、家族の身も危ない。 それでいて、給料はそれほど良くない。


  だから、優秀な人間がなりたい職業ではない。警官になるくらいなら、軍人になるだろう。社会的地位や給料がまだマシだから。


  しかし、ゲリラ治安の悪い国ではそれなりに警官の数も必要だろう。

  本当かどうかはわからないが、あまり柄の良くない連中を警官にしているような話も聞いたことがある。そして、彼らは警官の立場を利用して車のスピード違反などを利用して賄賂を要求したりするのである(笑)。


  世界の現状をみると、柄の良くない連中が警官になっている国もあるというのは、十分あり得ることだと思う。


  今回はそれにメスを入れた感じだ。悪徳警官なら、ドンドン辞めさせるべきだけど・・。その数が凄いね。
 

  以前メキシコでは麻薬グループの抗争が酷い地域で、命が惜しいからと町の警官が全員辞職したこともあったけど、全体の10%近くが辞めさせられるなんて・・・。どれだけ腐敗してたんだよ!
 

  ただ心配なのは、彼らが本当に麻薬組織の一員になる可能性があること。
  一般人に比べ、銃の扱い方や戦闘能力は高いだろう。


  逆恨みする連中もでてくるだろう。 これって、後々まで大変な事件だよ。


  日本人旅行者には海外で警官をあまり信用してはいけないといういい教訓だね。