2007年07月16日

ぎぐみぃああとvol.1終了しました!

5b236b0d.JPG14日、15日とに渡って開催しましたイベント
「ぎぐ みぃ ああと vol.1」〜GIGとARTにはさまれた私、どうしたらいいの?!〜
無事に終了いたしました。
ありがとうございました!!

台風直撃か!?と心配しておりましたが、何とか何とかなりまして、
楽しい時間を過ごすことができました。私はね。


あんまりよくないお天気の中ご来場いただいたお客様、
結構ハードなスケジュールの中ご出演いただいた皆様、
いっぱいご迷惑おかけしてしまったパンゲアの皆様、
一から、あれやこれやお手伝いいただいたスタッフの皆様、
本当に、本当にありがとうございました!!

皆様の中にギグもアートもいいもんだぁねぇと少しでも思っていただいたなら、
このイベント大成功だと思います。

やっぱりギグもアートもカッコいい!!


名前はまだなゐ 青木さん。  
Posted by gigmeartstaff at 13:43Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月15日

パンゲアまでの道のり。

こんにちは。名前はまだなゐの青木さんです。
今日はパンゲアまでの道のりをご案内しようと思います。

堺。けっこう遠いんじゃないの。
と思っていたあなた。
けっこう堺は近いところにありますよ。

パンゲアは南海電鉄の南海本線堺駅なのですが、
なんばからは急行に乗れば10分ほどです。
普通に乗っても15分ほどなんですよ。
JRを使われる方は、環状線の新今宮からでも南海電車に乗り換え出来ますね。
因みに南海電鉄のHPはこちらです。
http://www.nankai.co.jp/index.html

ぴやっと堺にまでついたら、

南海本線堺駅で下車しまして、西出口に向かいます。
コチラが改札を出たところ。


少し進むと、右手に階段があります。
こちらを降りてみましょう。


その左手には、こんな公園みたいなところがあります。
真ん中に立ってるオブジェも素敵です。

この公園を抜けて、写真の中央らへんにある階段をあがりましょう。


階段を上がったところに、この看板があれば間違いありません。


先ほどの看板と向かい合ったところで、右手を向いてください。
その先に高架下へと続く道があります。
そちらを目指してください。


高架下の手前で左を向けば、幸せを売る店ジャパンのおっきな看板が見えます。


高架の入り口はこんな感じ。車にご注意ください。


高架を抜けるとこんな感じ。
パンゲア見えてきました。
このあたりも車にお気をつけくださいね。


あ、指入っちゃった。


パンゲアまであと数歩。


パンゲア到着ー!!
こちらの赤い扉が目印。


こうやって、お越しくださいね。

お待ちしております。

あぁあぁお天気が心配!
強力な晴れ男、晴れ女、いないかなぁー。
是非そんな方もおまちしてますよ。
私はけっこうな雨女なんですがね。

あぁドキドキ。ワクワク。  
Posted by gigmeartstaff at 22:44Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月13日

出演者紹介8!

ea738674.jpg名前はまだなゐの杉田です。
写真はラーメンです。
お腹がすいたんでラーメンの写真見たらどうか、と思いましたがダメですね。

写真は食べれませんからね。

さて、15日の出演者紹介の続きです。
いよいよ佳境です。
LAINY J GROOVE です。
京都から来るステキなステキな音使いです。

流れる音に純粋に肌が波打ち、脳が踊りそうな気分になるライブを展開します。

同じフレーズを繰り返し、その中に新しい音が混ざってきていつの間にか違うフレーズに変わったりする様は、

目の前で展開していた物語が桃太郎だと思っていたら、桃を割った瞬間、中から青い顔のでかいロボットが出てきて

てけてけてん、GOOD MUSIC!!

と言い出すぐらいのあっけに取られる感じです。
目の前で起こっていることが「スゴイ」ことは分かるのに、そのスゴイを言葉に出来ない。

なのに体は揺れている…

そんなバンドです。

日常が繰り返しだと思っていたら、そこに刺激や、感動が転がっていることには気づきません。
フレーズやメロディーが繰り返しだと思っていたらそこには刺激や感動が詰まっていました。

見てしまう。
見てしまう。

から見てください。




そして、いよいよ明日から「祭」です。
台風?なんのことやら!



杉田真吾
  
Posted by gigmeartstaff at 15:25Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月12日

CMです!

どうもこんにちは。修理したMACが壊れて帰ってきて
傘をさして自転車にのったら転んで怪我をして
プレゼンの準備で徹夜したら大雨で学校が休講になったおっぺけです。
パソコンがないため、バイトの休憩時間に漫画喫茶にくるという
荒技にチャレンジしています。

さて、ぎぐみいああとはもうすぐですが、ぎりぎり予告編ということで
CMがアップされました。どうぞご覧になってみてください。
そして当日来てください!!

http://www.youtube.com/watch?v=1nuzOcxfhsw  
Posted by gigmeartstaff at 19:09Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月09日

タイムスケジュール発表!!

いよいよ今週末!
ワクワクですな。名前はまだなゐの青木さんです。

15日の素敵出演者のご紹介の途中ですが、
お待ちかねのタイムスケジュール発表です!!
なんか、スケジュール見てるだけでも楽しい!

◇14日◇

17時00  開場 ギグシャク
17時30〜 チッツ
18時00〜 開会式
18時15〜 名前はまだなゐ
18時45〜 転換
18時55〜 コレクトエリット
19時25〜 転換
19時40〜 希ノボリコ
20時10〜 転換
20時25〜 ha-gakure
20時55〜 転換
21時10〜 ワッツーシゾンビ
21時40 終演予定


◇15日◇

13時00  開場
13時20〜 開会式
13時35〜 ダルガリーズ
14時05〜 転換
14時20〜 lainyjgroove
14時50〜 転換
15時00〜 三条ハンソン
15時30〜 休憩イベント かのうとおっさん
16時00〜 わたなべゆう
16時30〜 転換(お楽しみイベント予定!)
16時45〜 neco眠る
17時15〜 休憩イベント クリトリック・リス
17時45〜 休憩イベント ギグシャク
18時05〜 転換
18時15〜 ザ・イプセンズ
18時45〜 転換
19時00〜 BOGULTA
19時30〜 転換
19時45〜 ゆーきゃんmeetsあらかじめ決められた恋人たちへ
20時15〜 閉会式

*スケジュールはあくまでも予定時間になりますので、
当日の状況により時間がずれ込むこともございます。
ご了承ください。

この他にも転換中に素敵ゲストも予定しております!
そして、2つ下のたいようさんからのご紹介もありましたが、
15日にはライブペインティングが開会式あたりから始まります。


ホント14日も、15日も、一日中あっちでこっちで楽しめてしまう!!


2日通し券も、まだご予約いただけますよ。
でもお早めにー。
チケットご予約は
gigmeart@hotmail.co.jpまで。
ご予約の際、お名前、枚数、予約いただく日にちなども忘れずに。


あぁ凄いなぁ。ほんと楽しそうだなぁ。  
Posted by gigmeartstaff at 13:19Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月08日

出演者紹介7!

97aaf173.jpg写真はやはりネコです。
アスファルトが濡れているのは排泄したのでしょうか…

それではさらに15日の出演者紹介に入りましょう。

かのうとおっさん!!

これだけ聞けば推理できるはずです。
そうです!!表現者はズバリ「かのうさん」と「おっさん」です。
…まてまてまて。
「かのうさん」は分かります。
しかし「おっさん」は不可解です。

「おっさん」って…

そんな魅惑的な名前の個性派ユニット「かのうとおっさん」
実はこの二人組、本当に個性的、且つ面白い!!特にアドリブ芝居は必見です。
この2人しか持ちえない空気で2人しか持ちえない芝居を作り上げます。

昨年の「名前のない祭」でも大爆笑に大爆笑を重ねる荒業。
何より下の「かのうとおっさん」ブログを見れば彼らの面白さは少し、伝わるはずです。

論より証拠!

http://blog.livedoor.jp/kanoutoossan/


そして続いては「わたなべゆう」
はじめての出会いは路上でした。ゆうさんは黙々とギターを弾いていました。北新地の路上で、彼のギターは優しく響いてました。
ギターがあんなに優しく響く、ということに僕は驚いたのを覚えています。

ゆうさんは家族をその一本のギターで支えています。
そしてそこに妥協はしません。今のゆうさんのギターの優しさは父親としての優しさでもあるのかもしれません。

現在、全国をギターを担いで駆け回るゆうさんですが、その優しい音色はどこに行っても変わりません。

わたなべゆうHP「うきわ」

http://ukiwa.boy.jp/



杉田真吾
  
Posted by gigmeartstaff at 13:10Comments(0)TrackBack(0)

追加パフォーマンスと出演者紹介その6

1b5e0344.jpgちょっと更新遅くなりましたね!すみません
三条ハンソンのたいようです!
ちなみにしゃしんはチラシのなかの1コマですよ!皆さんもうチラシは見てもらえたのかなあ。。



チケッとの予約、順調に来ています!
みなさま!お急ぎください!もちろんまだ大丈夫ですから!間に合いますからね!

14日は1500円(1dr1込み!)15日は2500円(2dr込み!)です!
二日通し券は3000円(2dr込み!破格!)です。



さああなたも!
gigmeart@hotmailへご予約ください!
人数と名前のみでOKです!
件名にチケット予約!と書いていただけるとなおわかりやすいです!




ってなわけで
そろそろ、ぎぐみいああと2日目15日!の出演者紹介行きますか!







そ、の、ま、え、に、



お知らせです!!


なんと!
15日はライブや芝居と同時に!ライブペインティングも決定しました!
今回はほんまにすごい!夢の競演です!


無国籍世界無政府爆走絵画雑誌の出版やステッカーレーベルを主催そして15日出演のBOGULTAのベーシストでもあるヨシカワショウゴくん(http://www17.ocn.ne.jp/~hepalin)と関西アンダーグラウンド屈指の女性画家(下ネタ大好き!)で不思議の国のアリス的存在の内田ユッキちゃん(http://www.geocities.jp/uchidayukki)そして今回のイベントチラシでも活躍中我らが!?イトウタカアキ画伯(普段は演歌雑誌「歌謡アリーナ」のデザインも担当!特殊アート集団練習研究会ではスター担当http://www.sutegoro.com)


による夢の競演です。絶対に最初で最後のコラボです!!!
当日は3名で一つの絵を完成させてもらいます。いたいどんな絵が出来上がるのか。。
イトウさんのヤンキー漫画に気鋭のアーティスト2人はどんなインスピレーションを受けるのか・・・。


わくわくドキドキです!!!



その他東京から噂のDJや、その他スペシャルゲストも!!!予定
ライブやお芝居の間にも色々お楽しみあり!!



イベント中ずーっとたのしいですよ。。。






でわでわそろそろ
ぎぐみいああと2日目15日の出演者紹介いきましょうか!



まずは
ダルガリーズ
なんとメンバーは変動制大体3〜8人編成で演奏しているそうな。総勢20〜?人といったライブもあるらしいです!とにかく、曲がすばらしい!だるーくて、ゆるくて・・・ピースフルな感じ。へんに刺激されないことが刺激!そう!なんとな〜く抱きしめられることが刺激的なようにね!
HPでは音源も聞けます。そして変則的にかわっていくメンバーのかなり面白い紹介も見れます!!
http://www.geocities.jp/darugaries/

ちなみに私ごとですが音源を最初に聞いたときラストの小学生たちと一緒に演奏している曲ではは思わず涙を流したほどです。





続いて!!
BOGULTA
現在多数のバンドで活躍する関西アンダーグラウンド最重要にして最強のドラマー砂十島NANIと
無国籍世界無政府爆走絵画雑誌の出版自身のステッカーレーベルの主催メタルナイトのVJ等
世界、ジャンルを超えた幅広いアート活動をしているベーシストヨシカワショウゴによるバンド。
まさに今回のぎぐみいああと〜ぎぐとああとに挟まれた私〜にぴったりの方々です。
とにかくNANIがなんだか、アゲアゲでかっこ良すぎるのです!DJ OZMAとかゆうてる場合じゃないのかもしれへん。ガリ勉(最近聞かない)もヤンキーもとにかく彼らのギグを見て踊らない者はいないはず。
誰も傷つけないのがユーロビートの真髄!らしいっす。
こちらマイスペース!http://profile.myspace.com/index.cfm?
fuseaction=user.viewprofile&friendid=1000529030
こちらがYOUTUBEです!http://www.youtube.com/watch?
v=HyqBHS2EIzM


いやあかっこいいです。。。
今日も私ライブを見てきたのですが3曲目くらいでかっこよすぎて、、いっぱいいっぱいになって戻しそうになりました(実話)






続いて
neco眠る
新世界ブリッジを拠点に活動するバンド。SPLAYというイベントを主催。
園児から老人まで対応型ダンスホ〜ルと自ら語る通り、ほんとうに老若男女が盆踊り感覚で楽しめるライブは絶品です。一説には1600年代のREBEL MUSICとか百姓一揆DANCE HALLというのもあり、初めて見る人もすぐに好きになれちゃいます。

こちら YOUTUBE http://www.youtube.com/watch?v=-ftNPKI66oY

わお〜こんな音楽海辺で聞いたらどうなります?気持ちよすぎますよねえ〜〜〜
なんか心にしみてくる楽しさってこういうことなんでしょうか。
好きな子とゆらゆらしたくなりますよ!
みんなで踊りましょう!




というわけで、きょうはこの3組!明日また、残りの出演者を紹介しちゃいますよ〜〜。。





いよいよ1週間きりました!!
みなさん!絶対きてくださいいねえ〜〜〜!!!!!!!




  
Posted by gigmeartstaff at 04:14Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月02日

チケットご予約に関するお知らせ!!

こんにちは。
3年ぶりくらいに髪切った、名前はまだなゐの青木さんです。

14日の豪華出演者さんのご紹介がいったん落ち着いたところで皆様にお知らせです!!


海の日の前の日くらいに開催される『ぎぐみぃああと』なのですが、
カフェという会場の関係上、14日、15日の両日ともチケット予約の枚数を限定させていただくことになりました!

あっ。

と思われた方、いてはるんじゃないでしょうか。
ご予約はコチラのメールまで!
gigmeart@hotmail.co.jp
その際に、お名前、枚数、ご予約される日付などのご記入もお忘れなく!


もう7月です。
色々と迫ってきております。
色々とです。
チケットご予約はお早めにどうぞー。
  
Posted by gigmeartstaff at 13:30Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月01日

出演者紹介 その5


コレクトエリットで台本を書いたり、演出なんぞしたりしているべかおです。

僕からは、名前はまだなゐ物語を。
始まりはひとり。
杉田真吾ひとりで、とある家族の話を、オトンと息子と時々オカンもすべて演じ、時折はさまれる詩的な叫びによりなんだか、もう、名前なんかまだついちゃいない感情に出会えちゃう作品が、私的な僅少の観客の前で繰り広げられた日が始まり。
上演後、その会場に備わるカウンターでひとりジョッキ生をちびちびやる姿、その印象は未だ鮮明。
あれから2年と少し。
彼はひとりのままでしかし、出会いつづけた。
様々な出来事と別れと表現者という名の人間たちと。
別れとすら出会うのが彼のすごさ。
そのすべてを結晶化して作品をつくりつづける。
だから彼の生み出す作品は見逃せない。
否、見逃したくない。
いや、観逃さないぞと。僕は思うのです。
  
Posted by gigmeartstaff at 05:38Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月29日

出演者紹介 その4

2ed9b252.jpg引き受けまして。
名前はまだなゐの杉田真吾です。
写真はまた関係のないネコです。
なでようとしたら嫌悪感丸出しのダッシュで逃げられました。
もうなでません!!

さて、それではコレクトエリットの紹介をしたいと思います。

人間ってもんなわけです。僕たちは。間違いなくチンパンジーではない、いや、分からないですよ?正確に本当にDNA検査とかして、チンパンジーではない、と証明したわけではないので。ただ、親の話を本当に純粋に信じるなら僕たちは、むしろ僕は、人間の親から生まれた人間の子なわけです。

では、その人間ってななんだろう?

そう考えて、そういうところからスタートするのがコレクトエリットの芝居です。

メンバーは
松本絵理・べかお・重田恵
の三名。

作品はほとんどべかお氏が書き、松本絵理嬢とべかお氏の2人が演出をします。

この2人が本当にぶつかり合って、文字通りぶつかり合って作品を作ります。
作品に賭ける意気込みが素敵で、思わず、これが表現者か…

と他人事になってしまうぐらいに表現に真っ直ぐです。
そんな風に真っ直ぐに提示された作品をまさに「女優」重田恵嬢や他の役者がまた真っ直ぐな情熱で紡ぎあげます。

待て、待て、待て。

作品作りに真っ直ぐ過ぎるんじゃないか?

と思うぐらいに真っ直ぐです。

愚直なぐらい真っ直ぐに作品を創る、ということは理想とそこには絶対につきものの現実のハザマで傷つくということだと思います。

コレクトエリットは傷ついて作品を作ります。
その作り方はまさに人間で。
実はこのユニットそのものが人間的なんだなぁと感じさせるのです。

三名が三名ともユニットを大切にしている感が溢れていて、

てめぇら!真っ直ぐパフォーマーか!と言いたくもなりますが、いいさ!!

いい表現者はどこかそれぞれ違うベクトルで似てる匂いを感じるからです。

祭では、その「場」その「空気」を生かしたパフォーマンスをしかけてくれるでしょう。

どこまで人間的か、見届けたいと思います。


コレクトエリットブログ
http://yaplog.jp/collect-erit/


杉田真吾
  
Posted by gigmeartstaff at 17:19Comments(0)TrackBack(0)