土木の風景

from civil engineers 築土構木、土木技術は社会生活の基盤をささえています。

都市の風景 千葉市

 時には都市の風景を・・・、千葉市内です。
 まずは、千葉市中央区、タワーマンションとモノレールです。
 千葉市と千葉県とが協力して築造したモノレールは、風景を壊している、いや、便利だ等と賛否入り乱れている風景であります。中心部の街路沿いにルートを決めています。
 皆さんの感想や如何に・・・。

画像2009.05.08 002


 次は都市河川の一つ犀川には最下流部に排水機場が築造されています。昔は洪水もあったものですが、最近は聞きません。県庁がすぐそばにあります。

画像2009.05.08 035



画像2009.05.08 038


 なお、犀川にはたくさんのコイが棲んでいます。丸々と太っているのが特徴、中流域から排水機場までよく見られます。気にする人は少ないですが・・・。

画像2009.05.08 037

 最後の一枚は千葉駅周辺の都市風景、虹とともに・・・。

画像2009.05.08 056

<土木の風景TOPへ> 

ツタウルシ・ツル植物の弱点

 杉その他の樹木に絡みつくツタ植物です。
 春の新緑は美しく、荒れた杉林を化粧しているようです。

画像2009.05.03 004



画像2009.05.03 011



画像2009.05.03 005


 今の季節はフジが花を咲かせ、高速道路からもよく見えます(それだけ荒れた状態で手入れがなされていない)。フジもツタウルシも成長速度が大きく、あっという間に樹木を覆います。
 
 しかし、ツル植物の弱点は、細いツル(幹)を切断されると枯死せざるを得ないことです。
 その証拠が、次の写真です。

画像2009.05.03 001



画像2009.05.03 002


 ツルの切断は比較的簡単なのがわかります。

画像2009.05.03 003


 それでも、間伐やツルの切断が出来ていない人工林が多すぎます。
 林業を本格的に復興している地区を除き、郊外の人工林の現状は厳しいです。
 
 なお、ツタウルシに関する参考記事は「放置林とツタウルシ」です。

 追記
 キンランの時期です。神社境内の林間などに咲きます。

2015-05-06008

<土木の風景TOPへ> 

蝸牛媒花・ハラン

 蝸牛媒花(かぎゅうばいか)とは何でしょうか。
 聞かない言葉です。
 
 まず、蝸牛とは 
  .タツムリ  ◆‘蘯の一部・器官と広辞苑にはあります。
 媒花は花粉を媒介すること。
 
 つまり、蝸牛媒花はカタツムリやナメクジ類によって花粉が媒介されると言うことのようです。
 さて、ハランとは観賞用に庭に植えられるもので、中国原産です。

121212


 庭のハランを刈り込んだところ何かを見つけました。
 妙な形の花?らしきもの・・・、それが下の写真です。

88888



777777


 毎年?4〜5月に咲くようなのですが、葉の下に隠れるように咲きますから、全く気がつきません。刈り込みをする機会がなければ花の存在自体も知りません。
 
 ですから、実がなるようなのですが、一度も見たことがありません。
 そろそろ出てくるカタツムリやナメクジに頑張ってもらいましょうか。

9999

<土木の風景TOPへ> 

 ハラン <大百科全書より>
〔葉蘭〕 【学】Aspidistra elatior Bl.
ユリ科の常緑多年草。地中をはう根茎の各節から、葉を群生する。葉柄は長く、葉身は長楕円(だえん)状披針(ひしん)形で長さ40〜90センチ、深緑色で先はとがる。4月ころ、葉腋(ようえき)に紫褐色花を単生する。花冠は短筒状で径2〜5センチ、質は厚い。柱頭は大きな傘状となり、内部を隠す。中国から渡来し、庭園に植栽するほか、鉢植え、いけ花として観賞する。根茎は利尿、強心、去痰(きよたん)、強壮薬として用いられる。半日陰でよく育ち、繁殖は早春のころ株分けでする。変種にホシハラン、フイリハランがある。品種としては、縦縞(たてじま)の白斑(はくはん)がある「なかすじ」、中央脈に沿う白斑がある「あけぼの」、葉先が白ぼかしとなる「あまのがわ」、白星斑がある「ほしづきよ」、「星斑」などがある。〈猪股正夫〉
〔文化史〕ハランの名は、大きなランを意味する中国名の馬蘭に由来する。江戸時代にそれを「ばらん」と読み、のちに「はらん」に変化、葉蘭という字があてられた。『花壇地錦抄(かだんちきんしよう)』(1695)は「花は未(いま)だ見ず」と記し、『本草(ほんぞう)綱目(こうもく)』の馬蘭の記述を引用している。ハランは九州の黒島など、日本にも自生がみられるが、名前の由来などからして、元禄(げんろく)(1688〜1704)のころまでに中国から伝来したと推定される。『草木錦葉集(そうもくきんようしゆう)』(1829)には近江(おうみ)葉蘭、星葉蘭、瓜白布入(つまじろふい)りなど六品種があげられ、星葉蘭がいけ花によいとされた。『草木六部耕種法(そうもくろくぶこうしゆほう)』(1833)は栽培法を詳しく載せている。ハランは陰地を好み、庭木の下、手水(ちようず)鉢の側に植えられ、葉はすしや詰め物などの間仕切りや掻敷(かいしき)に使われる。〈湯浅浩史〉

 は‐らん【葉蘭】 <広辞苑より>
(婆蘭・馬蘭の転) ユリ科の多年生常緑草本。地下茎をもち、葉は長大な楕円形で柄も長い。四月頃地に接して、表面緑色、内面紫色の鐘形花を上向きに開き、緑色球形の液果を結ぶ。葉は生花または料理の敷物とし、果実を薬用とする。中国の原産で、古くから庭園に栽培。根茎を利尿・強壮剤とする。

春到来・耕作開始

 いよいよ本格的な春となってきました。
 まずは、菜の花が最盛期であります。

0000001


 そして、千葉市郊外・北総大地の畑にはビニールの畝(うね)が張られています。
 何を栽培するのでしょうか。

0000002


 近づいてみると畝に穴が空けられています。手作業で植え付けが終わった部分のようです。
 さて何を植え付けているのでしょうか。

00000003


 想像するに、おそらくは里芋などの芋類あるいはゴボウでしょうか。
 ツルを植えるサツマイモではありません。
 
 新年度が始まりました。
 遅くなりましたが、令和6年度もよろしくお願い申し上げます。
 
 なお、珍しい野草を見つけましたので紹介します。
 その名を「ヒトリシズカ」と言います。
 可憐ですぐに消えてしまいそうですが、
 自然が多く残る里山で、たくましく生きていました。


000000004

<土木の風景TOPへ> 

枇杷の結実

 晩秋から初冬に開花し、初夏に食べられます。南房総ではハウス栽培も多く、晩春から出回ります。少しお高いですが・・・。
 しかし、野に放置されている枇杷の木は晩生もあります。2月にはほとんど結実していますが中には花も見られます。
 
 まずは樹木全景から。全く手入れされていません。


画像2.22 070


 そして、実の方はこんな案配です。栽培する場合は摘果して1,2個残し、袋かけをして大きく育てます。

画像2.22 069


 最後は時季外れの晩生花です。

画像2.22 068

 なお、枇杷の産地を調べてみました。
 平成29年のデータですが、全国で6県が多くの作付け出荷をしているようです。
 
 …杭蠍 1,050t 28.9%
 ∪虱娶  534t 14.7%
 9畧邯  287t  7.9%
 ぐι恩  224t  6.2%
 ナ叱妨  207t  5.7%
 ο族了蓋 195t  5.1%
 以上です。
 いずれの県も海に面し、暖かい地方ですね。

<土木の風景TOPへ> 

カモメかウミネコか・・

 銚子漁港から犬吠埼に掛けて、多くのカモメ類が越冬しています。二月ですから真冬です。黒潮に洗われる犬吠埼は暖かいのでしょう。また、銚子漁港はイワシ水揚げ全国最高クラスですから、おこぼれにも預かれます。
 
 そんなカモメたちの姿を写してみました。今回は犬吠に近い方面です。

2017.2.2016



2017.2.2039



2017.2.2002



2017.2.2034



2017.2.2037



2017.2.2038



2017.2.2036



2017.2.2035

 なお、ネットで調べてみるとカモメ類と言っても、たくさんの種類がいるようです。
 【 Nature Photo Gallery 】さんによりますと
 *****
「 銚子第1漁港から第3漁港にわたって約4km。 カモメ類が約15万羽が越冬。
(ウミネコ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、カモメ、シロカモメ、ミツユビカモメ、ワシカモメ、ユリカモメ、アカアシミツユビカモメ、カナダカモメ、トウゾクカモメ)
 *****
 なのだそうです。
 我ら素人には、すべて同じに見えてしまいます。

 また、犬吠埼は灯台が有名です。白いポストとともに一枚。

2017.2.2010

 【 Nature Photo Gallery 】サイト

<土木の風景TOPへ> 

学問の神様、菅原道真とは

 当社の入るビルの入り口に、「実践女子大学受験会場」の案内がありました。1月13日、14日に大学入学共通テストが実施されるなど、これから3月にかけ受験シーズンとなります。受験生の努力はもちろんですが、神社等への祈願も多くなり、特に、「学問の神様」として有名な天神社、天満宮ともなると、多くの参拝者はもちろんのこと、合格祈願の「絵馬」で境内が埋め尽くされてしまうほどです。 自分の母親も近くの天神様にお参りし、合格祈願のお守りをもらってきたことを覚えています。
 「学問の神様」とは、平安時代に活躍した菅原道真のことを指し、天神、天神社、天満宮は、すべて菅原道真をご祭神としています。
 知っているようで知らない「菅原道真と学問の神様」について少し調べてみました。

菅原道真とは
 道真は、承和12年(845)6月25日に文章博士(もんじょうはかせ:大学寮に属して詩文と歴史とを教授した教官)であった菅原是善(すがわらのこれよし)の三男として京都の菅原院にて誕生し、幼名を「阿呼」といわれました。
 幼少の頃より学問を好み詩歌にも優れ、5歳の時に庭前の梅花を見て
 
    うつくしや紅の色なる梅の花 あこが顔にもつけたくぞある


13 033

と和歌を詠まれ、11歳の時には初めて漢詩を読み、18歳で「文章生」(もんじょうしょう:漢詩学・中国史を学ぶ学生)となります。
成績も極めて優秀で、867年(貞観9年)に「文章得業生」(もんじょうとくごうしょう:特待生)となり、その学才が認められて「正六位下」(しょうろくいげ)の位を授かりました。
 33歳で文章博士となられ、42歳の時に讃岐の守(現在の香川県)として4年間の地方官生活を送られました。名国司として領民に慕われたそうです。
 帰京後は、宇多天皇のもとで信任を受け蔵人頭に任命され、55歳の時には右大臣まで昇進されました。更に昌泰4年(901)正月7日に57歳で従二位を授かりましたが、時の左大臣藤原時平の讒言(事実を偽り、他人を悪く言う事)により同月25日、太宰権帥(だざいごんのそち)により左遷させられました。
 2月1日の京都出発に際し紅梅殿の梅に別れを惜しまれ、
       東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ
と詠ぜられ、その梅が道真を慕って飛来したのが太宰府天満宮の「飛松」であると伝えられています。
太宰府への下向の道すがら河内国土師の里(藤井寺市)、道明寺の叔母に別れを告げ、瀬戸内海の
海路を使って九州にわたり、3月上旬に太宰府に着きました。しかし、政治の実権はなく太宰府の配所を一歩も門外に出ず、ひたすら謹慎の生活を送られました。そのような苦しい生活においても天を憎まず、人を憎まず、国家の繫栄と安奉を祈っていたとの事です。
いつの日か無実の罪が晴れることを願っていましたが、延喜3年(903)2月25日、再び京の地を踏むことなく59歳で亡くなられました。


25 018

 「学問の神様」とは
 今では「受験・学問の神」として多くの学生たちに親しまれる菅原道真ですが、それ以前は「怨霊」として多くの時の権力者たちから恐れられていました。
 道真の死後、道真を不幸に追いやった時平が急死しました。この頃から洪水、長雨、干ばつ、伝染病などの変異が毎年のように続くようになり、「道真が怨霊となり、祟りをなしているのではないか」と噂されるようになり、また、この時期、平将門の乱や藤原純友の乱などが続発しており、都の貴族たちは不安にさいなまれていました。
天慶5年(942)、平安京の右京七条二坊十三町に住む多治比文子(たじひのあやこ)に道真の霊が乗り移り、文子に憑依した道真は自分を祀るように強く求めたという出来事があり、朝廷は、平安京内の右近馬場の地に北野天満宮を創建することを容認しました。
北野天満宮は、学問の家柄である菅原一族が管理することになり、朝廷もこの神社を保護して勅祭の社にしたこともあり繁栄するようになりました。
道真は生前、学問に優れていたことから、雷神という怨霊から詩文の神と意識されるようになり、鎌倉時代や室町時代になると、北野天満宮で歌合わせや連歌の会など文化的な行事が開催され、人々も学問や芸能の進展を願ってこの社に詣でるようになりました。
 人々は、雷神という祟る怨霊を神社に祀り上げることによって、学問神という福の神へと変化させたのです。

※参考文献 太宰府天満宮資料ほか

  千鉱エンジニアリング株式会社 技師長・技術士 木村 正美

<土木の風景TOPへ> 

ヒューマンエラーを抑制するコミュニケーション能力(その2)

ヒューマンエラーを抑制するコミュニケーション能力(その2)

2012-01-26095

20240110092255543_0001

20240110092255543_0002

20240110092255543_00033

   千鉱エンジニアリング株式会社 技師長・技術士 木村 正美

<土木の風景TOPへ> 





ヒューマンエラーを抑制するコミュニケーション能力(その1)

ヒューマンエラーを抑制するコミュニケーション能力(その1)
画像2010.01.20 019


20240110085256526_00011


20240110085256526_00022
    千鉱エンジニアリング株式会社 技師長・技術士 木村 正美

     <土木の風景TOPへ> 

謹賀新年 令和6年

 謹賀新年!!
 卯年一年間ありがとうございました。
 辰年の新年も、よろしくお願い申し上げます。


12.16009

<土木の風景TOPへ>
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ