土木の風景

from civil engineers 築土構木、土木技術は社会生活の基盤をささえています。

風による自立型煙突の振動(その2)-(1)no.459

風による自立型煙突の振動(その2)-(1)no.459

【1】まえがき
(その1)では、高さ80mの自立型煙突が、春一番の吹くころに激しい振動が発生することから、その制振対策について述べました。具体的には、最初に春一番の吹く頃を見計らって、頂部の風速と振幅の実機測定を行い、その結果、風速20m/sの風に対して、頂部で両振幅80cmの振動の生じていることを確認致しました。
つぎに、その制振対策として頂部に螺旋板を巻き付け、改めて実機計測を実施してその効果を確認したところ、両振幅で5cmに低減していることを報告致しました。
本煙突の制振対策については、事前に風洞実験を実施して、耐風工学的に効果を確認致しております(1)。今回の(その2)では、そのときの風洞実験について述べることに致します。
実験は、二次元模型を用いてばね支持実験を行い、螺旋板の高さ、本数などをパラメータにして、最も効果的な螺旋板の取り付け方法を求めました。次に、縮尺1/45の実物模型を製作してその制振効果を確認いたしました。
今回の(その2)では、煙突を事例とした構造物の風洞実験について、“土木の風景”として紹介させて頂きます。


【2】実験の目的
煙突の筒身に付加物を取りつけて空気力学的特性を改善する方法として、たとえば次のような方法が提案されています。
1)筒身の表面に板またはケーブルを螺旋状に取り付けるか、あるいは板を筒身に平行に取り付ける方法
2)金網、あるいは多くの孔をあけた円筒を筒身の周囲に取り付ける方法
3)後流領域に流れを安定させる板を取り付けて、渦の形成を防ぐ方法

2)の方法は、螺旋板を取り付けた場合と比較して効力係数は小さくなりますが、金網の内側を塗装することが困難であるので、維持管理の面から適当ではありません。
1)の方法のうち、直径の大きいケーブルを筒身に螺旋状に巻き付けることは、実際の工事では難しく、直径の小さいケーブルでは制振効果は期待できません。また、板を筒身に平行に28枚取り付けると制振効果の大きい報告もあります。しかし、28枚の板より螺旋板を取り付ける法が、製作上圧倒的に簡単になります。

以上の考察から、筒身に螺旋板を取り付ける方法が、もっとも合理的と考えられ、ここではこの螺旋板による方法に限定して、もっとも制振効果の大きい形状を求めることを目的に、実験的検討を行いました。

これに関しては、すでにC.Scrutonの研究(2)があります。筒身径をDとするとき、高さ0.1Dの3本の板を螺旋状にピッチ角32°で巻いた場合、制振効果が大きいと報告されていました。しかし、本数、ピッチ角、螺旋板の高さを変化させたときの制振効果に与えるそれぞれの影響について具体的に示されていませんので、予め二次元バネ支持実験を行って、その効果を確認致しました。

【3】バネ支持2次元模型による風洞実験
3.1 実験計画
螺旋板の制振効果の大きい取り付け方法を求めるために、バネ支持2次元模型による風洞実験によって、螺旋本数、ピッチ角度、螺旋板の高さを変化させたときの、振幅の変化を調べました。実験を行った風洞は、高さ2.5m、幅1.5mの吹き出し型風洞で、気流の乱れは1%以下であります。
上記の3つのパラメータの実験範囲について考えてみますと、まず螺旋本数は製作上本数の少ない方が望ましい。逆に、本数が多くなると螺旋板による新たな円形効果が形成され、制振効果の減少することが予想されます。このようなことから、本数は制振効果が著しく変化する2〜6本としました。

螺旋板は高さを高くすると静的抗力係数が大きくなりますので、高さは小さい方が望ましいが、高さが低いと制振効果は大きくなりません。実験は制振効果の変化が著しい、円柱径の5〜10%の範囲で行いました。ピッチ角は製作上角度の小さい方が望ましい。しかし、角度を極端に小さくすると板を筒身に平行に取り付けた状態に近くなり、制振効果の大きくならないことも予想されます。このようなことから、ピッチ角は10°〜30°の範囲で実験を行いました。

3つの実験パラメータをそれぞれ組み合わせると、実験ケースは膨大な数となります。しかし、ここではそれぞれのパラメータの制振効果に与える影響は独立と考え、一つのパラメータの影響を検討するときは、他の二つのパラメータはもっとも最適と思われる値で固定しました。それぞれのパラメータが互いに影響し合うとすれば、ここで得られた結果よりもさらに合理的な取り付け状態の存在することも考えられます。しかし、本実験の目的は、制振効果が強度的に問題のない程度に期待できる、実用的な螺旋板の取り付け方法を見出すことにありますので、パラメータ相互間の影響については、今後の課題と致します。

円柱模型の大きさについては、直径を極端に小さくすれば後流側に発生する渦の3次元効果が生じますので、ここではBlevinsの研究3)を基に、L/D=10近辺にしておけばその影響は少ないと考えました。境界層の影響を避けるために壁面から5cm隔てて端板を取り付けました。
なお、2次元実験は三つのパラメータの制振効果に与える影響について、相対比較を行うことを目的としており、実物煙突と模型の間の相似則は一致させていません。2次元模型の諸言を下記に示します。
直径     Dm=124mm
      重量     Wm=5.52kg
      固有振動数  fm=2.0Hz
対数減衰率    δm=0.05
実験時のスクルートン数を求めてみますと
      2Mδ/(ρD^2 )=(2×(5.32/9.8)×0.005)/(0.125×0.124^2 )=2.8
     
  スクルートンの求めたバネ支持円柱模型の安定曲線図4)によれば、スクルートン数が小さいので、実験は極めて不安定な領域で行っています。
  共振風速は上記のパラメータによって変化しますので、最大風速を求める場合の風速は同一ではありません。螺旋板は厚さ1mmの厚紙を円弧状に切り取って模型に取り付けました。また、振幅の計測は非接触変位計で行いました。

3.2 実験結果
3.2.1 螺旋本数の影響
図―1は螺旋本数の高さ、ピッチ角をそれぞれ0.1Dおよび40°として、螺旋本数を変化させたときの実験結果を示します。図中、実線は螺旋板を取り付けたときの結果でありますが、一点鎖線は螺旋板の高さおよびピッチ角と同じにしたビニールチューブを巻き付けたときの結果であります。
ビニールチューブを取り付けたときは、螺旋板の場合と比較して制振効果が小さくなっています。これは、螺旋板の場合は剥離点が板の端部近辺にありますが、ビニールチューブは丸みがあるので、剥離点がチューブの頂部にはなりません。このため、螺旋板と比較して高さの効果が減少するので、制振効果が大きくならないものと思われます。巻き付け材の断面形状によって、制振効果が大きく変化することが分かります。
図―1の結果より、螺旋本数が3本以上になると制振効果は大きいが、巻き付けの本数としては4本の方が多少効果が大きくなっています。制振効果がこの程度の差であるなら、実験上特に優位性は認められず、実用的に本数の少ない方が望ましい。しかし、ビニールチューブを巻いた場合は、3本よりも4本の方が制振効果は明らかに大きくなっています。
このようなことから、螺旋本数は4本としました。

001

図‐1 螺旋本数の影響


3.2.2.螺旋のピッチ角
図―2に螺旋本数(4本)、無次元高さ(d/D)をそれぞれ一定にして、ピッチ角を変化させたときの制振効果を示します。ピッチ角の影響を顕著にするため、d/Dを小さくし、共振振幅を大きくしました。図―2からピッチ角は制振効果に大きな影響の生じないことが分かります。40°の場合若干振幅が小さくなっていますので、ピッチ角を40°として以後の実験を行うことにしました。

002

図―2 ピッチ角の影響


3.2.3  螺旋板の高さの影響
図―3は螺旋本数を4本、ピッチ角を40°として、螺旋板の高さを変化させたときの制振効果を示します。螺旋板の高さd/D=0.075以上であれば無次元振幅が非常に小さくなりますので、十分な制振効果が期待できます。
なお、本来ならd/D=0.075, 0.10の場合で、ピッチ角を変化させたときの実験をしなければなりません。しかし、d/D=0.75が0.075以上になれば、振幅が著しく小さくなりますので、実験的にピッチ角の優位性を求めることは難しくなります。Scrutonは螺旋板高さ:0.1D, 本数:3本、ピッチ角:32°とする取り付け方法を提案しています(2)。図-1の螺旋本数:3本の場合で考えてみますと、ピッチ角に若干の相違がありますが、ピッチ角の影響は小さいと考えることができますので、今回の実験とよく一致していると言えます。 (続く)  (文責
島田忠幸)

<土木の風景TOPへ>  <土木の風景分類TOPへ>

http://blog.livedoor.jp/gijutunohiroba/archives/51909426.html その1



続きを読む

ヤンゴン(ミャンマー)上下水道の風景(その2)no.458

ヤンゴン(ミャンマー)上下水道の風景(その2)

***ヤンゴン市の下水道の状況

ヤンゴンの下水道は、イギリス植民地時代のシステムが現在も使用されています。メインコンプレッサーステーション2か所、縦横に張り巡らした下水道管の要所34箇所にエジェクターステーションがあり、唯一の下水処理場に送られています。空気による圧送方式です。

sha-17
[ 写真―17 メインコンプレッサーステーション ]


sha-18
[ 写真―18 メインコンプレッサー ]

コンプレッサーステーションには、1888年建設の名板あります、日本であれば産業遺産指定間違いありません。苦労してメンテナンスしているようです。

sha-19
[ 写真―19 メインコンプレッサーステーション建屋の名板(1888年) ]


sha-20
[ 写真―20 エジェクターステーション ]


zu-2
[ 図―2 下水圧送システム図 出典YCDC ]



***ヤンゴン市内の観光名所

現在一番の観光名所は、アウンサンスーチーさんが軟禁されていた自宅前だそうです。軍事政権時、自宅前まで一切の外国人の立ち入りは禁止されていたそうですが、現在は、道路から写真撮影も可能です。

sha-21
[ 写真―21 アウンサンスーチーさんの自宅前 ]


仏教の総本山シュエダゴォン・パゴダは、約100mの金箔の寺院です。チャット・ジー・パゴダは、約70mの寝仏です。ボージョー・アウンサン・マーッケットは、衣類や土産物の市場です。男性用の腰巻(ロンジー)も沢山売っていました。

sha-22
[ 写真―22 シュエダゴォン・パゴダ ]


sha-23
[ 写真―23 チャット・ジー・パゴダ ]


sha-24
[ 写真―24 ボージョー・アウンサン・マーケット ]


***おわりに

街中では、民主化を歓迎し期待する市民の喜びを感じることが出来ました。数年前には写真を掲示しただけで逮捕されたと云ううことですが、カレンダーが自由に売られています。

sha-25
[ 写真―25 カレンダー売り ]



日本は途上国支援としてODAや技術支援を継続的行っており、国民の親日に貢献しています。国連やASEN等の国際的な場でミャンマーが日本側に賛同の立場をとれば、国益につながりますが、東南アジアにはJICA等の支援を受けながら、中国寄りの国がいくつかあります。
今後どうなるか不明ですが、ミャンマーの国民生活、公衆衛生、交通インフラ等の民主的な向上のため、JICA等が日本方式を押し付けるのではなくミャンマーの文化を尊重し、支援を継続していくことを望みたいと思います。(完)
   (Nov.2016  水道特派員  M.N)

   <土木の風景TOPへ>  <土木の風景分類TOPへ>

続きを読む

ヤンゴン(ミャンマー)上下水道の風景(その1)no.457

ヤンゴン(ミャンマー)上下水道の風景(その1)

***ミャンマーの概要

zu-1
[ 図―1 ミャンマーの地図 google map より ]


ミャンマーは、図―1のようにバングラデッシュ、中国、ラオス、タイと国境を接しています。
歴史的には、11世紀に仏教国としてバガン王朝が栄え現在のミャンマーの基礎が築かれたとされています。19世紀にはイギリスが侵攻しイギリス領インドに併合されました。1941年頃から日本軍が侵攻しましたが、1944年には抗日運動が起き再びイギリス領となりました。
第二次世界大戦終結後独立しますが、1947年アウンサン将軍が暗殺されるなど、社会主義政策、民主化運動、軍事政権のせめぎあいが続きました。また、1986年当時の軍事政権は、国名をビルマからミャンマーに変更しました。

1990年アウンサンスーチーさん率いるNLD(国民民主連盟)が総選挙で圧勝しますが、アウンサンスーチーさんの自宅軟禁が2010年に解かれ、やっと民主国家への歩みを始めました。
尚、2006年に首都がヤンゴンからネーピードーに遷都していますが、現在もミャンマーの主要都市はヤンゴンとなっています。
ミャンマーの人口は、5000万人強でその約1割の500万人がヤンゴンに住んでいます。


***ヤンゴンの市街地の風景

sha-1
[ 写真―1 早朝の托鉢風景(ヤンゴン中央駅前) ]


ミャンマーは、敬虔な仏教徒の国で、男子も女子も出家することが義務付けられています。
上の写真1は、早朝のヤンゴン中央駅前を托鉢で廻る「はだしの少女」たちです。

次の写真2、3、4は、朝市の風景です、朝市が路地路地で開かれています、肉、魚、野菜、花、果物等あらゆるものが売られており、市民の生活をうかがうことが出来ます。

sha-2

[ 写真―2 朝市の風景 ]


sha-3

 [ 写真―3 朝市の風景



sha-4

[ 写真―4 朝市の風景 ]

 

ミャンマーの女性たちは、ほほに「タナカーという木」を石の台で擦ったトノコのような物を自然派コスメとして塗っています。下の写真5も朝市の写真です。

sha-5

[ 写真―5 朝市の風景 ]


***ヤンゴン市内はバイク、自転車禁止です

次の写真6は、JICAヤンゴンが入居しているサクラタワーから撮った写真です。ヤンゴン市内は、バイク、自転車が禁止されているそうです、理由は(噂ですが)、軍事政権時、政府高官が路上でバイクの集団に取り囲まれ怖い思いをしたため禁止にしたそうです。

sha-6
[ 写真―6 サクラタワーからの風景(ヤンゴン中心部) ]


リヤカーは大丈夫です、写真7は、水売りの風景です。尚、市内を走っている車のほとんどは日本車です、20年以上前の日本の古い「・・交通」とか書かれたバスが後ろのエンジン部分を開けっ放しで走っています。

sha-7
 
[ 写真―7 リアカーを押す水売り(ヤンゴン中心部) ]


***ミャンマーの人たちは親日です

戦時中はともかく、現在は親日に感じました、JICAミャンマー事務所の話では、軍事政権時から日本はインフラ等の技術支援を行ってきており、非常に信頼されているとのことでした。

sha-8
[ 写真―8 JICA事務所 ]



現在は、国民の生活向上、人材育成、制度整備、経済成長支援を目的として、鉄道、上下水、灌漑等のODA(政府開発援助)や技術支援を行ってます、中国も活動しているようですが内容が公表されていないため実態は不明とのことでした。


***ヤンゴン市の水道の状況

今回視察の目的である上水道状況は、ヤンゴンで稼働している浄水場が1か所、建設中のものが1か所あります、その各々にJICAの技術支援やODAの援助が入っています。

sha-9
[ 写真―9 ニャウナピン浄水場(唯一の稼働中の浄水場) ]


sha-10
[ 写真―10 ニャウナピン浄水場の水質監視 ]


sha-11
[ 写真―11 ラグンピン浄水場 (建設中 ODA案件) ]


現在は、上流の貯水池の水がそのまま送水されている状況であり、浄水場で水処理された水が送水されているのは一部の地域のみとなっています。日本のように飲める水が各家庭に給水されていません。

sha-12
[ 写真―12 ローガ貯水池 ]


レストランなどはボトル水を利用しています、街中や寺院等人が多く集まる場所には水飲場が設置されており、無料で市民が利用することが出来ます。

sha-13
[ 写真―13 店先のボトル水 ]


sha-14
[ 写真―14 街中の浄水器が付いた水飲場 ]


sha-15
[ 写真―15 寺院(シュエダゴォン・パゴダ)の浄水器が付いた水飲場 ]


sha-16

[ 写真―16 寺院(チャット・ジー・パゴダ)の浄水器が付いた水飲場 ] 

 

次回は下水道の状況他をアップします。

   (Nov.2016  水道特派員  M.N)

    <土木の風景TOPへ>  <土木の風景分類TOPへ>


続きを読む

平成28年度地盤工学会千葉県グループ現場見学会報告no.456

平成28年度地盤工学会千葉県グループ現場見学会報告

表記の現場見学会が先月末9/28(水)に行われました。お昼過ぎにJR蘇我駅をバスで出発、まずは、富津市山中地区の地すべり防止区域上畑地区の地すべり防止の抑制工を見学しました。

28007


現場の説明と解説は千葉県君津土木事務所天羽出張所の徳留出張所長と綾部技師でした。

28016


地下水を低下させる水抜き孔は水平ボーリングによります。
抑制工により地すべりが安定しない場合はアースアンカーなどの抑止工が必要になると言うことです。


28015

 水位観測装置


28017


ある程度の湧水があり、効果があるようです。


28021



28024

最後の質疑応答。

 

約1時間の現場見学を終え、次の見学地へと移動しこちらも富津市内の拡幅工事館山道・天羽トンネルの工事現場へ。こちらは東日本高速道路(株)関東支社木更津工事事務所のご担当が案内、解説をしていただきました。
  足場が悪いと言うことで切り羽までは見学できませんでしたが、内部を見学することができました。

28032


28070

   左側の隧道が現在供用中の館山道、右側が工事中の隧道。


28041


28060



28059


28050



現場見学会は毎年一回開催されている地盤工学会関東支部千葉県グループが主催するものです。一般社団法人千葉県地質調査業協会も主要なメンバーとして積極的に参加しています。この場を借りまして、事務局の方々に感謝いたします。

      2016/09/28(水) 一般社団法人千葉県地質調査業協会(中村)


    <土木の風景TOPへ>  <土木の風景分類TOPへ>











 










続きを読む

青森ねぶた祭

色彩と迫力、すばらしいものです。
毎年の夏、270万人も訪れる盛大な祭りであります。

IMGP3290

 

関連記事はこちらです。
http://blog.livedoor.jp/ynakamura1/archives/53264557.html

<土木の風景TOPへ>  <土木の風景分類TOPへ>

 

続きを読む

追悼! 広島、長崎原爆記念日

終戦の日、1945(昭和20)年でした。
広島原爆投下が8月6日、長崎原爆投下が8月9日です。

71年が経過しました。

14038

関連記事はこちらです。

http://blog.livedoor.jp/ynakamura1/archives/53262264.html

<土木の風景TOPへ>  <土木の風景分類TOPへ>


続きを読む

雄蛇ヶ池 no.455

 千葉県東金市田中地先にある古い人造湖(ため池)です。
 徳川時代から築造されていたようで、慶長19年(1614)完成と伝えられています。

IMGP2471



 美しい景観と形が十和田湖に似ていることから「房総の十和田」の別称があります。周囲約4km少々、一周できるハイキングコースとなっていて、多くの人達が週末にやってきます。

ojagaike




IMGP2470




IMGP2472



 
 この湖を有名にしているのはバスフィッシング・・・釣り人にはメッカと言うことです。さらに、心霊スポットらしく、釣り人が何かを目撃したという話が多いとか。
 雄蛇ヶ池で検索すると、「心霊スポット」としてもたくさんヒットしてきます。興味のある方はどうぞ・・・。
 
 さて、雄蛇ヶ池の読み方です。
 普通は「おじゃがいけ」ですが、地元の古〜い方は「おんじゃがいけ」と呼び習わしているようです。この名前故に心霊現象を想起させるのかもしれません。
 
 久しぶりに寄った日は雨模様でしたが、なかなか良い景色でありました。

IMGP2499



IMGP2500




IMGP2501



 なお、堤は土で出来ています。前刃金式アースダム形式で、規模の大きなため池というわけです。古い堤体のため昭和56年には改修されています。それでもその後35年は経過しておりまして、安泰万全というわけには行きません。

IMGP2469



IMGP2474




IMGP2478



 特に大きな異常があるわけではありませんが、近辺に人家が張り付いていますから管理者は常に気をつけているようです。

IMGP2498

  <土木の風景TOPへ>   <土木の風景分類TOPへ>

湯西川ダム no.454

 鬼怒川上流域の湯西川に建設された湯西川ダム、建設竣工は平成24(2012)年ですからまだ新品です。

nikkou



 
 重力式コンクリートダムは高さ119m、堤頂長320mといいますから随分規模が大きいです。

damu



IMGP3983




IMGP3975



 
 ここで有名?なのが湯西川ダックツアーで水陸両用バスです。湖上からダムを見られるというので人気です。

IMGP3992



IMGP3993



 
 ダムサイト下流の放流口も迫力があります。下流全景はウィキペディアより拝借。

IMGP3981




IMGP3980



Yunishi_River_from_Yunishigawa_Dam




 なお、利根川上流域のダムが取水制限を始めました。今年の渇水は深刻と聞いています。
 湯西川ダムも6/11(土)現在、かなりの水位低下が見られました。
 梅雨の雨で回復してくれることを期待しましょう。

IMGP3977




IMGP3995



 なお、ダムの詳細はこちらへ・・・。
 
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%AF%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E3%83%80%E3%83%A0

 http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=0584

 <土木の風景TOPへ>   <土木の風景分類TOPへ>

 

鯉の季節 番外編

 五月は気持ちの良い季候、そして大型連休があり、さわやかな風が堪りません。
 とは言いながら、真夏のような気温だそうです。
 
 プロ野球のカープも好調、鯉のぼりも良く泳いでいます。

b04db384




5月




 
 さて、近年は鯉のぼりをあまり見なくなりました。公園や河川、池などに連なる鯉のぼりを映像で見ることは多いのですが、個人のお宅では少ないのが現状です。

 
 子供が少なくなっている?
 鯉が泳ぐような大きなお宅が少なくなっている?
 風習・行事など無駄なことはしない?
 
 使わないから使って・・・とたくさん集まります。

b2779a99



 親御さん達が子供の健やかな成長を願って行って来た、良い風習だと思います。
 しかし、「個人情報を知らせてしまう・・・」という話を聞いたことがあります。何とも世知辛い話が多い現代社会であります。
 
 そういえば、どこぞの首長が公私混同、せこい話になっているようです。こういう性癖は育つ中で体に染みつくものでしょうから普通は治りません。権力にもしがみつきたくなりましょう・・・品格と潔さの対極にありそうです。
 
 
 なお、
 文明社会が進歩するというのは良いことなのかどうか・・・「きらきらした目をした子供達」はどこへ行ってしまったのでしょうか。
 
 きっと、未開の地(文明人が勝手に思っている)にたくさんいてくれるはずです。そして彼らの方こそ豊かな生活をしていると思う、サツキの空・・・。

   <土木の風景TOPへ>   <土木の風景分類TOPへ>

バラの季節 番外編

 稲毛海浜公園の5月です。
 一面のバラ・・・かおりが充満しています。
 
 よくぞ集めたものです。なお、写真は by shitara(拡大できます)。

IMGP2826




IMGP2830



 
 ばら【薔薇】 <広辞苑より>
(1)「いばら(茨)」に同じ。
(2)バラ属の観賞用植物の総称。いくつかの原種が東西で古くから観賞されてきたが、一九世紀以後に莫大な数の品種が作られ、世界中で栽培される。つるばらと木ばらに分けられ、花の形は大輪・小輪、一重咲・八重咲、剣咲き・平咲きなど、花色は深紅・黄・白、また四季咲、小形のミニチュア‐ローズなど極めて多彩。花の王と言われる。香料用にも栽培。また、バラ科バラ属の落葉低木の総称。高さ一〜二メートル。葉は有柄、托葉があり、羽状複葉。花は高い香りをもち、基本型では萼片・花弁は各五。北半球の温帯を中心に約二百種が分布。しょうび。そうび。ローズ。<季・夏>

IMGP2831



 なお、<大百科全書>のバラの記述は膨大な量があります。
 ここではバラの歴史について拝借しました・・・が、随分古くから人間との関わりがあるのには驚きであります。
 
 紀元前3000年・・・シュメールやバビロニア、エジプト、古代ギリシャ等々・・・昔も今も、バラの色香と美しい姿に人々は魅せられたのでしょう。

IMGP2827



 <大百科全書より、ほんの一部を抜粋>
 バラ【文化史】
 〔西洋〕
バラは農耕文明の始まりとともにあった。紀元前2000年以前の、シュメール人の『ギルガメシュ叙事詩』に、「この草の刺(とげ)はバラのようにお前の手を刺すだろう。お前の手がこの草を得るならば、お前は生命を得るのだ」という意味のくだりがある。ここにあるバラは野生または栽培バラ、あるいは、一般に刺のある植物をさしているものと思われるが、この叙事詩に出ている女神イシュタルについては、マリ出土の「花をかぐイシュタル」の塑像(前1800以前?)の花はバラの花であると推定されている。
 古代エジプトでは、石器時代の発掘物にはバラらしいものは見当たらないが、古い書物には記載があり、バラは東方からも移入されたと考えられる。これらには、ローザ・フェニキア、ローザ・サンクタ、ローザ・モスカータなど四季咲き性を含む芳香種もあった。
 前3000〜前2000年のバビロニアでは、隣国ペルシア、トルコなどがガリカ系などのバラの原種自生地であるうえに、バラなどを原料としたと思われる香料も加工されていたので、バラの栽培は盛んであったと考えられる。すなわちバビロン宮殿にはブドウやイチジクの果樹園とともにバラが栽培され、香料や薬用とされていたと推定される。
 エーゲ海文明期、エーゲ海諸島がバラ栽培にもっとも適した気候であったこともあり、バラが栽培され香料や医薬用として利用された。クノッソス宮殿のフレスコの家とよばれる洞窟(どうくつ)内の壁画にバラらしい絵が発見されている。古代ペルシアでもガリカ系やフェティダ系も豊富に自生し、ペルセポリスの彫刻にはバラを頭に飾ってあるものや、大建築の円柱にアカンサス模様のようにバラの模様が残されている。
 ヘブライ王国では、ソロモンの栄華にバラが出現しているが、ソロモン詩篇(しへん)や『旧約聖書』にあるバラは、現在のバラの祖先であるか否かは明らかではない。
 古代ギリシアでは、多くの詩人によってバラが詠まれており、ホメロスは若い人の美しさを「バラの頬(ほお)」と表現しており、バラ水(バラ油)も記述している。またサッフォーは「花の女王バラ」と歌っている。さらにアナクレオンは「恋の花なるバラの花、いとしき花のバラの花」と詠んでいる。ビーナス(アフロディテ)のバラの花は愛と喜びと美と純潔を象徴していると信じられた。バラの英語名ローズroseは、古アルメニア語のバールドvardに発し、古いギリシア語ブロードンbrodonがロドンrodonになり、ローズになったとされる。バラを意味するロードス島に当時のものと思われるバラ模様の硬貨が伝えられ、オリンピア競技の人々の頭の装飾にバラと思われるものが使われていた。
 歴史家ヘロドトスは「ウラニア」のなかに八重のバラを記載している。マケドニア地方のミダス王の花園にバラが栽培され、「60枚の花弁を有し」とあるのはローザ・センティフォーリアで、「他をしのぐ芳香」とあるのはローザ・ダマスセナである。これが歴史書に現れた正確なバラとして最古のものである。
 ギリシアのテオフラストスは、「バラには花弁の数と粗密さ、色彩の美、香りの甘美さなどの点でいろいろな相違があるが、普通のものは5枚の花弁をもっている。しかしなかには12〜15枚あるいはそれ以上、なかには100枚の花弁をもつものさえある」と述べている。また、「そのころギリシアにあったバラは大きさはスイレンの半分くらいで、ローザ・ダマスセナ、ローザ・アルバ、ローザ・センティフォーリア」とその種類を記載している。
 エジプトでは、プトレマイオス王朝の織物や壁画にバラの花が描かれている。クレオパトラがアントニウスを迎えるため、室内をバラで飾ったのは有名で、アントニウスは死にあたって、墓場をバラで飾るように遺言したという。
 ローマのプリニウスは『博物誌』のなかで、当時栽培されていたガリカ、ダマスセナ、アルバ、センティフォーリアなど12品種をあげている。当時ローマでは「バラの中に暮らす」ということがいわれたが、これはぜいたくに暮らすという意味である。
 シルク・ロードを通して盛んに東西交易が行われたが、正倉院宝物にある尺などに現れる宝相華(ほうそうげ)の類はシルク・ロードを経てもたらされた文様で、それらにはローザ・シネンシス、ローザ・ギカンティア、ローザ・モスカータの仲間が描かれており、バラ栽培が広く普及していたことを知ることができる。
 ルネサンス期、とくにボッティチェッリの『春の寓意(ぐうい)』『ビーナスの誕生』『バラのマリア』に描かれたバラは、ガリカ系のダマスク、アルバ、センティフォーリアなどの品種の特徴がはっきり描かれている。また「ばら戦争」としてよく知られているヨーク家とランカスター家の王位継承戦争は、それぞれ白バラ、赤バラを紋章に用いたのでその名がある。このほか、宗教画やミニアチュールにもよく描かれている。
 
 〔中国〕
ローザ・シネンシスすなわち中国のバラ(月季花、庚申(こうしん)バラ、長春花などといわれる種類)は、遣隋(けんずい)使や遣唐使によって日本にもたらされたが、当時すでに多数の園芸品種があったらしく、絵画には長春花とみなされるものが多数描かれている。栽培の起源は明らかではないが、ボタンやキクと同様、かなり古くから栽培されていたと思われる。しかも、西欧のバラ栽培が香料や医薬、装飾用であったのに対し、中国では観賞用としての栽培が最初であった。

 〔日本〕
日本でバラが最初に記されているのは『万葉集』で、「うまら」「うばら」とある。『枕草子(まくらのそうし)』『源氏物語』『古今和歌集』『新古今和歌集』では「さうび(薔薇)」と記されているが、これらはローザ・シネンシスの類であろうと思われる。また『明月記』や『栄花(えいが)物語』にもバラの記述がみられ、源義経(よしつね)の兜(かぶと)にもバラが描かれていたと伝えられている。『春日権現霊験記(かすがごんげんれいげんき)』には明らかに長春花と思われるものが描かれている。また、室町時代には各種の装飾にバラが描かれている。江戸時代、岩崎灌園(かんえん)の『本草図譜』には長春花、月季花が描かれており、当時すでにバラ栽培がかなり普及していたことを知ることができる。〈鈴木省三〉

   <土木の風景TOPへ>   <土木の風景分類TOPへ>

Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ