土木の風景

from civil engineers 築土構木、土木技術は社会生活の基盤をささえています。

初夏の新緑

 5月も終盤、緑が濃くなってきました。
 風はまだ爽やか、千葉県いすみ市のある場所です。
 
 この緑はどういう場所でしょうか。


201305140193




201305140191




201305140190


 最後の写真でわかります。  <土木の風景TOPへ>
続きを読む

鎮守の森とキンラン

 日本全国にはたくさんの神社があります。
 有名ではなくとも各地に小さな神社があり、多くが鎮守の森を有しています。
 そんな、名もない神社の一つです(参考記事 鎮守の森と保存樹木 no.476)。


画像05.8 048




画像05.8 045


 
 その鎮守の森に、5月初旬の頃見られるのが「キンラン」です。
 樹林の下、日光が少ない環境ですが、ポツリポツリと咲いてきます。群生を見ることはありません。
 
 このような雰囲気はうれしいもの、コロナやウクライナ侵攻とは別世界です。
 連休中の小さな楽しみであります。

画像05.8 041



画像05.8 044



画像05.8 042



画像05.8 052


<土木の風景TOPへ>

新緑とヤマフジ

 燃えるような新緑がまぶしい季節です。
 そして、フジの季節でもあります。
 
 緑の中に淡い藤色が見えますのでよくわかります。


2022.4.25021




2022.4.25023




2022.4.25025



2022.4.25024



2022.4.25018


 房総の山中にはたくさんのヤマフジが繁茂しています。他の樹木に張り付き、覆うような姿と垂れ下がる形とがあります。他の樹木からすると厄介者です。

2022.4.25013



2022.4.25017



2022.4.25019



2022.4.25022



2022.4.25020



 これだけフジが多いということは、山が放置されている証拠です。
 ヤマフジは花の時期だけ目立ち、その後は山の緑の中に溶け込んでしまいます。
 
 それでも、花はきれいです。大型連休中が見頃になります。


a68d07fd

<土木の風景TOPへ>

放置林とツタウルシ

 散歩すると放置された人工林をよく見ます。
 管理をする人も高齢化し、子供たちも手が出せません。木材として出すにも、大規模でなければ採算割れ、費用を払うことになります。
 都市近郊の山林が抱える困難です。


4.18 023


 なお、ロシアの木材が来なくて苦しんでいる会社があるとか聞きました。さらには戦争によって建築費用が高騰しているそうです。
 
 「戦争」は良いことなど何もない!! しかし、長期化しようとしています。
 
 プーチンの頭はどうかしています。ソ連時代そのままです。
 政権が倒壊しない限り継続するのでしょうか。このままでは国が滅びます。
 早期の停戦を願わずにはいられません。
 
 
 なお、荒廃した山林の杉にはツタ類が着生し、最後は杉の上部にまで達して杉を弱らせます。高速道路を走っているとフジの花をよく見ます。これから開花してくる時期ですが、フジが見られる山林は管理がなされていないということです。
 
 次の写真は杉に寄生(?)するツタです。
 その名をツタウルシと言います。
 新芽の頃から秋まで、撮りためた写真を並べてみました。
 樹液に毒性があり、毒性はウルシの仲間ではかなり強いそうです。
 毒は、身を守るためでしょう。


4.18 044




4.18 047




fc8dd6f2




c57bed21




e4101127




85ebadd8


 ツタウルシ     <大百科全書>より
〔蔦漆〕 【学】Rhus ambigua Lav.
ウルシ科の落葉藤本(とうほん)(つる植物)。気根で他の樹木に巻き付く。葉は互生し、三出複葉で、長い柄がある。小葉は広楕円(だえん)形、長さ10センチ、全縁で先は鋭くとがる。雌雄異株。初夏、葉腋(ようえき)に円錐(えんすい)花序をつくり、黄緑色の小花を開く。花は雌雄とも花弁は五枚、萼(がく)は五裂する。雌花には退化した5本の雄しべと、1本の雌しべがあり、雄花には5本の雄しべがある。核果は扁球(へんきゆう)形で、径5〜6ミリであり、淡黄色に熟す。樹液に毒性があり、毒性はウルシの仲間ではかなり強い。北海道から九州の山地に普通に生え、千島列島、樺太(からふと)(サハリン)、中国に分布する。〈古澤潔夫〉

<土木の風景TOPへ>

春の海 仁右衛門島

 外房・鴨川地方は海の色が明るくなっています。
 春を感じます。
 
 コロナやウクライナなど暗い話が多いこの頃です、気分を変えていただければ幸いです(拡大してみてください)。


2022.3.24032



2022.3.24031



2022.3.24028





2022.3.24029




2022.3.24067


<土木の風景TOPへ>

三島ダム補修工事

 令和4年、1月の工事風景と3月完成後の姿を紹介します。
 
 今年1月の工事中です。


CIMG0074



CIMG0075



CIMG0088



 次は完成形、現在の姿です。

2022.3.24004



2022.3.24000



2022.3.24001



2022.3.24002



2022.3.24007



 4年前から各種の調査計測、解析、設計などを経て、少しずつ補修し、とりあえずは一段落のようです。当初の満水位からずいぶん水位が低くなっています。
 2018年6月に切り欠いた部分が満水位の基準です。


2018.6.25001切欠き完成



 なお、桜が満開、これは4月初旬です。


2022.4.6010




2022.4.6011


<土木の風景TOPへ>

雨後の小向ダム

 南房総の小さな水道用ダムです。
 地滑り地帯を抱えている流域ですから混濁した水の色が特徴的です。


2022.3.24009




2022.3.24011


 そのためか、昔から曝気しています。
 間断なく空気が上がるのです。


2022.3.24012


 雨後ですから流量も多いようです。

2022.3.24017




2022.3.24016




2022.3.24018



 そして、やはり春です、近くの畑には菜の花が満開でした。

2022.3.24019

<土木の風景TOPへ> 

NTT鉄塔修復工事

 ここは千葉市緑区、昔からあるNTT鉄塔が修復工事中です。
 まずは、2005年12月の姿です。
 

2005 画像12.27 画像12.27 001



 当時は周辺に住宅もなく、よく目立っていました。
 しかし、今は周囲を住宅に囲まれています。
 
 そして、もう長い間防護服を着ています。
 内部でどの様な作業が行われているか、想像するしかありません。


2022.3.11000


 関連記事(スカート)

<土木の風景TOPへ> 

送電鉄塔

 久しぶりに神社裏の鉄塔に寄ってみました。
 下から見上げると首が痛い・・・。
 
 送電線は一層に見えますが、実際は複層になっています。


2022.2.23000




2022.2.23001




2022.2.23003


 なお、部材の一部を見ると複雑です。


2022.2.23002


 構造計算は大変のようですね、昔だったら手計算で・・・(笑い)。
 
 
 過去記事

雄蛇ヶ池

 東金市にある古〜いため池です。江戸時代の築造で、心霊スポット、またはブラックバスで有名です。少しずつ修復をしながら、今でも現役、元気です。
 農業用水、行楽と釣り、周遊の散歩コースは大変な人気です。


2022.2.24000




2022.2.24001



2022.2.24002




2022.2.24009



ojagaike


 堤の下の方には桜の古木がたくさんあります。若い木も植えられ、桜の名所、春には賑わいます。

2022.2.24010



 そして、ブラックバスの聖地?ですからボート屋さんも営業しています。
 これから忙しくなりそうです。


2022.2.24018

  過去記事 2016.6.30

<土木の風景TOPへ>
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ