土木の風景

from civil engineers 築土構木、土木技術は社会生活の基盤をささえています。

2007年07月

no.101 津久井湖

津久井湖津久井湖2

 

 

 

 ダムの名称は城山ダムである。
 戦国時代の山城、津久井城跡のほとりに建つことから付けられたらしい。津久井湖城山公園・津久井湖記念館が行楽地となっている。また、ブラックバス釣りでも名が売れているらしい・・・。

津久井湖3津久井湖4

 

 

 

 1965(昭和40)年に竣工、洪水調節、上水道、工業用水道そして発電まで行っている。相模ダムの下流域にある。
 神奈川県にとって、非常に重要なダムであり、宮が瀬ダムや道志ダムとの連携も行っているという。
 
 しかし、周辺は写真に見るように国道413号線の通過と旧津久井町の市街地が広がり、水質汚染もあるようだ。ただし、市街地と反対側は自然が多くのこり、津久井湖の景観も楽しめる。

津久井湖5津久井湖6

 

 

 

        三井大橋遠景(上流側を見る)

 なお、関連サイトは多く、
 ウィキペディアと ダム協会・城山ダム 津久井湖城山公園を代表で紹介。

津久井湖7津久井湖8

 

 

 

津久井湖9

 

 

 

                     取水塔

no.100 相模湖

1528

 

 

 

 神奈川県の重要な水瓶である。
 富士山を源流とする相模川中流をせき止めて出来たダム湖、重力式コンクリートダムサイトは人影も少ない。
 休日には人出が多い行楽地と聞く・・・。
 
 ダムの仕様は次の通り。   
<相模湖ダム>16-211

 

 

 

<神奈川県企業庁>18

 

 

 

 

 古いダムゆえに、コンクリート表面に植物が着生しているのが見える。ダム堤頂より見る相模川はむかしの雰囲気を残しているようだ。今でも水力発電が稼働しているのも立派なことである。

  参考分家1   参考分家2

 最後は、昔ながらの石積みと相模湖大橋(拡大写真あり)。

2926

no.99 銚子大橋架替え工事

銚子大橋

 

 

 

 板東太郎の河口部に銚子大橋がある。
 建設されてから45年が経過しているようで、老朽化が進んでいる。
 
 今年度、緊急に架け換える必要がある旧橋トラス部の迂回路完成を図り、引き続き平成21年度の全線完成に向けて事業を進めていると言う。<銚子整備事務所説明><ウィキペディア説明
 
 現在の橋梁を使用しながらの工事であり、大変である。写真の左側が新設迂回路橋、右が既存橋梁部である。

銚子大橋2銚子大橋3

 

 

 

 また、資材の運搬搬入のプラットホームが設置されている。利根川の最下流部と言うことで降雨による増水ばかりではなく、潮の干満が非常に重要な要素となるようだ。
 
 実際、現地に立つと潮風が来るようで、海の雰囲気もただよう。関係者のご苦労に感謝。

no.98 水抜き孔の役割

南房総水抜き孔

 

 

 

 ここは、南房総市の山間の道路である。
 降雨直後の法枠モルタル吹き付け工の法面・・、
 水抜き孔が大いに働いている。
 
 擁壁やコンクリート構造物、吹き付け工などに、なぜ水抜き孔が付いているのか。
 一般の人には気が付かないことだが、土木屋には常識である。
 
 水抜き孔の役割は文字通り「水を抜く」ことだ。

水抜き孔2

 構造物の裏側には浸透水や湧水が存在することが多く、この水を速やかに排除することが必要である。

 そのまま残留するようでは、それだけの水圧が裏側から作用することになり、構造物を破壊させる作用力が生ずる。
 
 大規模な崩壊を起こす崖地は水が大きな役割を果たすものである。

今時、水抜きを忘れる土木屋はいないと思うが、水抜き孔の重要性を再確認することが肝要である。

Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ