土木の風景

from civil engineers 築土構木、土木技術は社会生活の基盤をささえています。

2009年01月

4.土の分類(その1)

 4.土の分類(その1)
 土を人間の生活に密着した材料という対象として取り扱いはじめたのは、工学よりも農耕という立場から土に接していた農学の分野でした。
 
 日本では、1879年に地質調査所が設立され、1882年地質調査所に土性系が設けられました。土性系の任務は、土壌・鉱脂の調査を行ない、土性図をつくって土壌と植生の関係を調べることでした。


 1926年には、「土壌の分類ならびに土性調査及び作図に関する調査報告」という題目のもとに、農学会によって土壌調査のための農学会法が制定されています。
 
 土工事を対象とした土の分類に関してまとまった記述が行われたのは、日本道路協会編「道路土工指針(1956)」が最初でした。その後、1966年土質工学会・土の判別分類法委員会が一般土工事を対象とした土の判別分類基準を作成するための委員会活動を開始し、1973年日本統一土質分類法が制定されました。
 
 土質分類は、土壌学の素材特性に関する研究成果を工学的に利用することから研究がはじまっています。
 ここでは、一般的に利用されている土の分類法として、日本統一土質分類法による工学的土質分類基準を表4.1に示します(→次の続きを読むページ)。
 
 土の分類には、主体となる粒子の大きさにより礫質土・砂質土・粘性土に大分類され、そこに混入する土質の割合により〜質〜、〜混じり〜といった土質に区分されます。また、その土の特徴や性質により有機質土・火山灰質土などに分類されています。
 
 なお、日本の国土は、その社会と同様に、多くの特殊な性格をもっています。活発な火山活動、急峻な地形、多雨多湿等の諸条件のため、各地方にはこの諸条件による典型的な土や特徴的な土が見られます。
 
 以下次号から、日本の特殊土をいくつか紹介します。

   <千鉱エンジニアリング(株)HOMEへ>  <土木の風景TOPへ>

続きを読む

十余三トンネル no.202

離陸

<拡大できます>

 成田国際空港の北の端に国道51号線が交差しています。


 その交差部に十余三トンネルが存在する・・。
 
 土木の風景としてはおもしろいが、問題も多い。
 そこで、関連記事を「土のうた」に【ボタンの掛け違い 成田・十余三トンネル】としてエントリーしています。

ご参照頂ければ幸いです。   <土木の風景TOPへ>

豊英ダム no.201

052

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

025

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 toyofusaと読みます。
 君津市豊英地区にある「豊英(とよふさ)ダム」1969(昭和44)年竣工、貯水量483万トン、堤高38m、工業用水が目的の千葉県企業庁施工です(ダム便覧)。

 高度成長期にいくらでも必要であった工業用水、東京湾岸の京葉コンビナートへ送水しています。

029

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 基盤岩は第三系の清澄層、砂岩泥岩互層の安定した地質を示しています。また、この場所は岩盤が迫り、ダム立地に絶好の場所と言えます。管理事務所にはまだ数人の常駐、巡回をしながら維持管理をしているようです。

028

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

034

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、このダムの諸元は下の写真でご確認ください。

026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 豊英湖周辺は千葉県でも有数の行楽地になっており、清和県民の森や釣りなど多くの施設があります。また、周辺は涵養林として保存保護されており、自然豊かな房総丘陵の中心部と言えます。→地図

 最後に、風景としてのダムをエントリーします。      <土木の風景TOPへ>

031

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

039

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

040

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

043

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

055

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

044

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

045

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

047

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

061

地覆 銚子大橋見学会(5)no.200

 最後におまけではないのですが、橋梁は仕上げが残っています。地覆と舗装、そしてガードレール、照明、表示板などです。
 
 コンクリートを打ってしまうと加工が大変ですから、埋め込むものは先に埋め込む、それが常道です。仕上がる前の写真をエントリーして、銚子大橋見学会の最終稿とします。

054

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

065

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

071

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

073

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

095

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

056

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なお、銚子大橋関連の記事は、
 no.99  no.130  no.149  no.190  no.191  no.195  no.199.

 があります。   <土木の風景TOPへ>

橋脚 銚子大橋見学会(4) no.199

 銚子大橋の架け替え工事は斜張橋本体は完成し、接続の取り付け橋梁の工事が急ピッチで進んでいます。銚子側の橋脚工事を整理して見ました。
 
 なお、斜張橋本体は3月の供用を目前としています。
 橋脚と桁の写真紹介です。

橋脚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋脚と桁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桁2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配筋2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、すべて完成した後取り壊される予定の人間用専用階段です。妙に曲線的な姿が印象的です。現在も現役です。   <土木の風景TOPへ>

歩道

可動式取水塔 no.198

110

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 奥地に造られた、ため池・・・ここは鴨川の山の中です。
 ここのさらに上流(源流)には、水道用水の取水施設もありパイプラインで延々と導水しています。
 
 2008.10.30の時点では、底樋(ソコヒ)を開けて水を落としています。まずは、その風景から・・。かなりの堆砂量であることが分かります。護岸をしているわけではなく、崩壊カ所も見られます。

033

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

061

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

058

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次は、ため池の重要構造物紹介です。
 最重要構造物はアースフィルの堤体そのものです。上から、そして下から見てみました(古い写真もあります)。

109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

038

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、ため池の水を底まですべて排水する底樋です。落水の時は、徐々に下げて水位がゲートに達してから水門を開放します。コイやフナを放流しているため池では収容作業が必要です(部落総出の楽しみというわけです・・・)。

071-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 徐々に水位を下げる為の斜樋(シャヒ)がこれです。取水栓(シュスイセン)という直径10cmの孔が一定間隔で設置されており、鎖を引いて上から順々にこじ開けます(かなり力が必要です)。原始的ですが、ため池で多く採用される安全安価な取水・排水設備と言えます。

071

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後が今日の主役、取水塔(シュスイトウ)です。

018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

070

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、この塔はなぜこのような形状になっているのでしょうか。農業関係の人にはすぐに分かりそうです。円盤のような取水工が水位に連動して上下し、円盤のところで水を取り込みます。
 
 と言うことは、常に表流水を取水するわけで、ため池の水温と関係します。深い底部は水温が低く、その農業用水では稲に良くないのです。稲の生育に適した高温の用水が必要です。
 
 わざわざ高いお金を掛けて・・・というなかれ、これがまた効果があるのです。先ほど見た斜樋の取水栓は力持ちでないと開けられません。時には水につかって開栓作業をすることもあります。流木が引っかかることもあります。大むかしは、亡くなった人もいたと聞きます。
 
 そうした危険要素をなくし、自動的に適正温度の農業用水を得られるわけで、農家にとってはありがたい可動式取水塔ということになります。このため池は流域面積が広く、用水量多く、灌漑面積も広いので先進的に採用されたようです。
 
 ダムなど規模が大きくなれば、手動という操作をしない形式になります。しかし、全国にある多くのため池(21万カ所以上)が小規模で、このような可動式取水塔を設置できません。
 
 経済性も、土地改良区(農家の地域団体)にとっては重要な問題ですから・・・。

        <土木の風景TOPへ>

Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ