土木の風景

from civil engineers 築土構木、土木技術は社会生活の基盤をささえています。

2013年08月

渇水 no.402

 房総は稲刈り時ですから農業用水を必要としないところまで来ました。
 ぎりぎり間に合ったと言うことでしょうか。
 
 この夏の気象は、異常というより、毎年同じような現象が出る訳ですから、これが普通の気象現象なのかも知れません。
 
 豪雨で被災された地方の方々にはお見舞いを申し上げます。
 

 さて、名もなきため池です。
 鴨川市長狭地区・・・国道410号線沿いのため池であります。
 緑の面は、本来水底にあるはずの高さです。

2013-08-16010



2013-08-16009




 そして、安房中央ダム・・・、農業用の貯水池ですが、干上がった底地に植生が進出しています。植物のたくましさには驚きです・・・。

2013-08-16001




 こちらは戸面原ダムの現状です。
 湖底には新緑のような草、そして湖底に沈む前の小さな橋が見えています。

2013-08-16046



 別の角度から見ると水位低下がよく分かります。

2013-08-16047



2013-08-16048



2013-08-16050




2013-08-16049



 最近の気象は極端な形で現れています。これは日本だけではなく、世界的、地球的な話のようです。地球が何十億年もの時間をかけて蓄積してきた炭素を、人間があっという間に消費しているのが現在の地球です。
 
 何事も、極端なことはよろしくありません・・・。
 
 炭酸ガスが増え、酸素が減ってきているそうです。このまま行くと何千年後には人間の住むことができない「大気」になるそうです(生き延びる生物はちゃんといます)。
 
 人間には知恵がありますから、そのまま行くとは考えませんが、自制が求められる昨今の人類であります。
 
 
 食と水とエネルギー・・・人類生存の基本要素です。
 国家のエゴを少し抑え、地球全体として議論をしていただきたいものです。
 
 
 なお、房総地方にも8/24(土)、8/26(日)に恵みの雨が降りました。貯水率が大幅に上がることは先のことですが、ようやく秋の気配が感じられます。
 
 自然の恵みに感謝を致したい収穫の秋であります。

201308230028


    <土木の風景TOPへ>

外環見学・・総武線横断工 no.401

 地盤工学会の見学です。
 他の団体での見学も含め、3回目の現場見学(2013.8.7)となります。
 
 その時々で進捗状況も異なり、また、同じ場所の見学もありましたが、暑い夏の見学も良きものかな・・・NEXCOさんの案内でした。
 
 まずは、外環の総武本線交差部の位置関係です。

chiba_b



 さて、総武本線との交差部全景です。
 電車を通過させながらの施工ですから、かなりの難工事のようでした。

2013-08-08033



2013-08-08034



2013-08-08035




 説明を聞いてもなかなかぴんと来ません。理解度ではなく暑いせいかもしれません・・・(笑い)。
 総武本線電車が通過して行きました。
 
 この時期には、総武線の補強は完了し、外環道本線の工事進捗中であります。

2013-08-08044




 さて、工事手法はいかに・・・案内板を順序よく並べて施工の概要を見てみます。
 
 鉄道近接施工ですから、その施工精度は厳しいものがあります。
 画を描くのは簡単ですが、実際の施工は大変です。

2013-08-080511



2013-08-080512



2013-08-080513



2013-08-080514




2013-08-080516



 その施工図は次の通りです。

2013-08-080521



2013-08-08052




2013-08-08049



2013-08-08050




 図面ではわかりにくいので案内板の写真解説を並べてみました。
 JRの両側に総武本線をささえる基礎として外環本線のボックスカルバートを構築し、太い梁をかけてJR線を受ける形です。
 
 こういう工法がJR線使用中に可能になるのですから土木の技術というのはすごいものがあります。

2013-08-08046



2013-08-080461




2013-08-080462



2013-08-080463



2013-08-080464



2013-08-080465




2013-08-080466




2013-08-080467



2013-08-080454



2013-08-080452




2013-08-080468



2013-08-080469



2013-08-0804610




2013-08-0804611



2013-08-0804612






 
 最後は現在の姿です。
 施工方法を知ると土木の風景も興味が出てくるというものでありました。

2013-08-08048



2013-08-08039




2013-08-08040




2013-08-08041



2013-08-08042




2013-08-08047


   <土木の風景TOPへ>
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ