土木の風景

from civil engineers 築土構木、土木技術は社会生活の基盤をささえています。

2015年09月

落花生 no.443

 落花生は千葉県が全国の8割を生産しています。あとの1割が茨城県、そして一部を神奈川県など、いずれも火山灰質の土壌が落花生生産に適しているようです。
 中でも千葉県八街市を中心とする地帯は関東ローム層が広く分布し、大産地となっています。

落花生生産量


 
 ただいまの時期が収穫期で生(ナマ)落花生が近所の八百屋さんなどに出回り始めています。
 安価な中国産に押されてはいますが、やはり味の深さは手間暇掛けた国内産が好まれ、しっかりと生き残っています。
 
 その掛かりすぎる「手間」を整理しますと次の通りです。
 値段の高くなるのがわかります。
 
  ー錣泙(ビニールのマルチング)
 
 ◆“芽育成(草取りと花の咲く頃マルチング撤去)

ce70b6d5



 
  実が熟した頃(9月下旬〜11月)堀り上げる

02 037



02 036




02 040




 ぁ.淵淪邁崟犬箸靴動貮瑤鮟于戞覆罎罵邁崟犬膿す)

a5288b03




 ァ“で乾燥(1、2週間)

e1d36cde




 Α^貉乾燥した株を数カ所に集めて「ボッチ」を作る

c875df82



d98eca5e




4fcad8d9




 
 А.椒奪舛砲茲觴然乾燥(3、4週間くらい、農家によって期間はまちまち)
 ボッチの風景はこの地方の風物誌です。

5b232cc8




06877999




 ─|穀作業(脱穀後のガラは堆肥とする)

3068f2cf




49d15f03



  出荷、新豆が出回る・・・
 
 なお、最近の農家は高齢化が進み、若い人を見かけることが少なくなりました。落花生の収穫作業はかなりの重労働です。いつまでも文化としての風物誌が受け継がれていくことを祈りたいと思います。
 
 なお、関連記事はこちらです。
 落花生収穫他一覧  千葉県のサイト
 
 <土木の風景TOPへ>   <土木の風景分類TOPへ>
 
 らっか‐せい【落花生】ラククワ‥  <広辞苑より>
マメ科の一年生作物。ボリビアなどアンデス地域の原産。世界中に広く栽培され、豆類では大豆に次ぐ。インド・中国に多く産する。わが国には一八世紀初め中国から渡来。匍匐性と立性とがある。開花・受精後、子房の柄が長く下に延び、地下に入って繭の形の莢果(きようか)を結ぶ。種子は脂肪に富んで、食用にし、また、油を採る。らっかしょう。南京豆。唐人豆。異人豆。関東豆。ピーナッツ。「季・秋」

 ラッカセイ   <大百科全書より>
〔落花生〕 peanut 【学】Arachis hypogea L.
マメ科の一年草。別名ナンキンマメ。英名ピーナッツ。南アメリカ原産で、世界中の熱帯から寒冷地を除く温帯に広く栽培される。茎は基部から枝分れして、枝は地面をはって伸び、長さ1〜1.5メートルになる。主茎は直立するが分枝より短い。葉は2対の4小葉からなる複葉で、暗いときは対(つい)の小葉があわさって閉じ、光が当たると開く睡眠運動をする。花は葉腋(ようえき)につき、黄色の直径1センチほどの蝶形(ちょうけい)花。夏の早朝に咲き、昼にはしぼむ。自家受精し、開花後5日後ころから子房と花托(かたく)との間(子房柄)が伸びて地中に潜り込み、先端の子房が地表下数センチのところで肥大して莢(さや)となる。この性質から落花生の名がつけられた。また茎の基部の地中にある部分に地下花がつき、これらは閉花のまま自家受精して結実することがある。莢の表面は網状の凹凸のある多肉質で、ここで養分を吸収することができ、熟すると乾燥して堅い莢殻(きょうかく)となる。莢は長さ2〜5センチで、内部に普通は2個、品種によっては1〜5個の種子(豆)がある。種子は長さ約2センチ(品種によっては1センチ未満)で、紅褐色や橙黄(とうこう)色の薄い種皮(甘皮)に包まれ、子葉は乳白色である。〈星川清親〉
〔起源と伝播〕南アメリカ、ボリビア南部のアンデスの東の山麓(さんろく)地域が起源で、この地域にはその野生型が自生している。またボリビアには変異が豊富で、もっとも利用方法も進んでいる。さらにペルー、ブラジル、パラグアイ、ウルグアイ、アルゼンチンを含む各地域で第二次中心地が形成され、種々な品種が育成された。その年代は不詳であるが、南アメリカの最古の発掘物はペルーのリマの近郊の遺跡から紀元前850年ころのものが出土しており、メキシコのテワン谷から前200年ころのものが出土している。したがって紀元前にメキシコまで伝播(でんぱ)していたことは確実である。新大陸発見時(1492)までに、南アメリカの全地域、西インド諸島およびメキシコに伝播した。16世紀にポルトガル人によってブラジルから西アフリカに、さらにアフリカを経てインドに入り、インド洋諸島各地に伝播した。同じころ、スペインに入り、南ヨーロッパに伝播した。またペルーから直接中国に伝播した。北アメリカには原産地からではなく、むしろアフリカから16世紀ころ入った。日本には、17世紀末に中国から入ったが当時は普及せず、明治初年の再導入後、1907年(明治40)ころから作物として普及し始めた。〈田中正武〉
〔品種・栽培〕ラッカセイの品種は、分枝の茂り方(立性か匍匐(ほふく)性か)、種子の大小その他によりスペイン型、バレンシア型、バージニア型、サウスイーストランナー型の4型に分けられる。日本ではおもに大粒で分枝の多いバージニア型が栽培されている。ラッカセイは温暖な気候とやや乾燥した土地によく生育する。日本では千葉、茨城、栃木、宮崎などの諸県が主産地で、平年産約3万2000トンである。関東地方では5月に種播(ま)きし、10月末の霜の降りるころに茎ごと引き抜いて収穫し、動力脱莢機で莢をとる。栽培の北限は青森県であるが、東北地方では生産は少ない。世界的には2849万トン(1994)の生産で、豆類としてはダイズに次ぐ生産量で、アジアで世界中の約70%を産する。主生産国は中国、インド、アメリカなどであるが、アフリカでは多くの国々で主作物として栽培され、また南ヨーロッパ諸国も収量が高い。
〔利用〕ラッカセイの組成は、100グラム中タンパク質25グラム、脂質47グラム、糖質16グラム、無機質ではカリウムの含量が比較的高く、ビタミンはB1、B2のほか、とりわけナイアシン含量が多く、栄養的に優れた食品である。一般に炒(い)って食べるが、殻付きのまま炒るものと、殻を除いた豆を炒るものとがある。間食用としては殻付きのほうが価格が高く、品質のよいものが用いられ、豆炒りのほうは、塩味をつけたり、バターピーナッツとして間食のほかビールのつまみ、また中国料理では油で揚げたりしてよく用いられる。大粒種に比して小粒種は食味が劣るので、おもに搾油原料とされるが、食用としてはすりつぶして塩味をつけ、よく練ってピーナッツバターとし、また煎餅(せんべい)、マコロンなど製菓材料にされ、豆腐やみその原料にもなっている。豆を冷却下で圧搾して得られる落花生油(ゆ)は、オレイン酸40〜60%を含む弱不乾性油で、香りがよく、てんぷら油やフライ油にされ、またサラダ油、ショートニング、マーガリン原料などにもされている。搾油原料の小粒種は年間数万トンが輸入されている。なお大粒種の需要は国産でほぼまかなわれている。→落花生油
 このほか、ラッカセイは未熟のうちに収穫してダイズの枝豆のように塩ゆでにして食べる。茎葉は緑肥や青刈り飼料とされる。〈星川清親〉
 
〔文化史〕ラッカセイ属の野生種は南米に限定され、ラッカセイのほかにブラジルの先住民はナンビクアレA. nambiquarae HoehneやウィルスリカルパA. villosulicarpa Hoehneを栽培する。ラッカセイの原種は北アルゼンチン、パラグアイ、ブラジル西部およびボリビアに分布するモンティコラA. monticola Krapovikhas et Rigoniが有力で、ラッカセイと同じ一年生の4倍体がボリビアから発見されている。スペイン人は、食糧としてラッカセイを船に積み込みフィリピン人に伝え、中南米の呼び名マンが現在もフィリピンに残る。17世紀アフリカからの奴隷船でも食糧にされた。西アフリカでは同じく地下結実性のバンバラビーンが栽培されていたため、定着が容易であった。日本には元禄(げんろく)(1688〜1704)までに渡来したとみられ、貝原益軒(かいばらえきけん)は『和爾雅(わじが)』(1688)で漢書を引いて落花生(らつかせい)の名をあげる。一方、『菜譜(さいふ)』(1704)では眉児豆に「なんきんまめ」をあてるが、これは紫花などの記述からフジマメと考えられる。『大和本草(やまとほんぞう)』(1709)では長崎に多く植えと述べられ、『増補地錦抄(ちきんしょう)』(1710)では砂地に植え、土中に結実するなど適確に描写されており、そのころ広がったとみられる。『桃源遺事』は徳川光圀(みつくに)が水戸に導入したと記録する。沖縄ではジマミ(地豆)とよばれ、豆腐をつくり、台湾や中国では塩ゆでを朝食のおかずに添える。〈湯浅浩史〉

ゴリラ 番外編

 番外編が続き、恐縮です。
 
 とびきりの一枚・・・「てやんで〜、世の中おかしいんじゃね〜のか」と怒っているようです(拡大できます)。

IMGP3182


  なお、関連記事はここにあります

   <土木の風景TOPへ>   <土木の風景分類TOPへ>

ジャケツイバラ  番外編

 8月下旬のジャケツイバラです。
 鋭いトゲが特徴で、驚くほどの大木となります。天を目指し、他の樹木にとりつくというわけです。

2015-08-24022


 春4月から6月の頃には見事な花を咲かせます。
 ご興味がおありの方はこちらをどうぞ・・・。

   <土木の風景TOPへ>   <土木の風景分類TOPへ>
 

杉の収穫と植林経過 no.442

 鴨川市小湊から内浦山県民の森、さらには麻綿原高原を抜け、大多喜町小田代に至る林道の大多喜町の山中です。
 杉の伐採は「○○年度収穫予定」という表記がしてありました。
 
 収穫から植林まで、定点観測が今回の主題です。
 2009年3月〜2015年8月までの6年半くらいの期間となります。
 
 まずは、収穫直前の杉林です。

011 236



 そして、収穫が始まりました。自然破壊のように見えますが、一定の間隔で収穫してまた植林をする・・・これが山のサイクルです。
  2009.03.11の撮影。

011 256



011 255




011 252



011 253




011 254



011 257



 ◆2009.08.18  次はその年の夏。まだ植林はされておりません。

18 090



  2009.11.05  なお、収穫区域に隣接する杉林は参考です。

05 065



 ぁ2010.05.17  一年以上経過していますがまだ植林はされていません。

17 108



 ァ2010.09.17  さらに時は過ぎて秋の気配が感じられますが、まだです。

17 137



17 138




 Α2010.11.10  秋の気配が深くなる頃・・・別の角度から。植林ナシです。
  秋に咲くコウヤボウキはおまけです。細い幹は強靱でほうきの材料になるとか・・・。

10 327



10 325




 А2011.09.16  そして、翌年の秋、フェンスが設置され鹿などの動物が入れないようになっていました。杉の幼木を発見・・・うれしくなってしまいます。

16 093



16 095



16 096



16 097



 ─2012.04.18  翌春4月ですが、まだ冬景色でしょうか。幼木がよく見えます。

2012-04-18133



2012-04-18134



2012-04-18135



2012-04-18141



2012-04-18144




  2014.08.23  そして、2年が過ぎました。幼木が目立ってきました。ここまで来れば動物の食害さえなければしっかり育ちそうです。

2014-08-23099



2014-08-23101



2014-08-23102



  2015.08.24  いよいよ最後の写真、から一年が経過しています。フェンスの補修や下草刈りなど結構な手間が掛かります。関係者のご苦労に感謝しつつ、林業が明るくなることを願うものです。

2015-08-24032



2015-08-24033



2015-08-24034


 数年後には、また観察に来たいものであります。

<土木の風景TOPへ>   <土木の風景分類TOPへ>
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ