地形図高滝湖

 

 

 

 

 千葉県中央部・養老川中流域に位置し、平成2年に建設された重力式コンクリートダムである。
 湖底に沈んだ集落(住家110戸)もあり、昔の風景が記憶のどこかに残っている・・・。集落が集団移転すると言うことは現在では考えられないことなのかも知れない。
高滝湖2高滝湖3

 

 

 

 しかし、
 今は、水を満々とたたえ、レジャーや行楽に有名な高滝湖として存在する。洪水抑止、水利活用等々、十分にダムの役割を果たしているものである。
 
 観光スポットとして
 高滝湖、水と彫刻の丘、市原市民の森、高滝神社、市原ぞうの国などがあり、夏の花火は湖に映えて素晴らしい。また、釣り人も多いようだ。
 なお、本項では湖が主役である。次回、ダムサイトと施設概要をエントリー予定。
 
 紹介サイトは 観光と釣り=高滝湖観光・企業組合   

         ダム管理者=高滝ダム管理事務所   その他多数。
 
 なお、おまけは湖を横断する加茂橋(ランガー桁橋)である。

加茂橋遠景加茂橋 

 

 

   <土木の風景TOPへ>