館山道は、正式にはNEXCO東日本が管理運営する高速道路(東関東自動車道館山線と富津館山道路)です。千葉から君津インターまでは片側2車線、君津から館山終点(南房総市)までは片側1車線です。
 
 君津から先は遅い車がいると、追い越し車線区間が少なく、後続が並んでしまいます。しかし、遅いと言っても、時速70〜80Km は出ているわけで、急がなければ快適なドライブが出来ます(普通の日はとても空いています)。
 
 さて、この写真は南房総市富浦・丹生地区の丘陵地帯です。山が海に没する内房地区の急峻?な地形をぬって走る館山道です。トンネルと、橋梁が交互・連続して続きますから目に滲みる緑も切れ切れになりそうです。

館山道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 海岸沿いは、千葉県でも有数の急崖が続くので、ほとんど内陸部を通過します。このため海の眺望は無理で、楽しめるのはこの新緑、山々、そして、おいしい空気です。
 
 春も、夏も、秋も、冬も、見所たくさん、
 黒潮の暖かさが迎えてくれると思います。6月は房州ビワが楽しみです。

   <土木の風景TOPへ>