ここは、君津市亀山地区の三石山(神社)登山道の途中です。
 房総丘陵の中では急峻な地形が連続しており、亀山ダムなどの人造湖も多くある地区です。
 
 真夏は三石神社を参拝する人も少なく、景観も最高です。
 
 さて、その登山道の一角におもしろい形の落石防護柵を見つけました。
 腐食防止をしたような鋼製の柵です。
 
 かなり大きな落石も止められそうです・・・が、背後は完全にコンクリート吹きつけを施工しています。必要なのか・・・?
 と、上を見上げて納得でした。吹きつけの上に、まだまだ崖が続いています。そういえば、この場所むかしはトンネルであったかも知れません。

   <拡大できます>

落石防護柵落石防護柵2落石防護柵3

 

 

 

 

 三石山には神社参拝が目的でなければ来ることはありません。
 むかしむかしは奥深い敬虔な神社で、参拝する人も大変だったでしょう。
 今は、車で神社まであがれます・・・ありがたさが半減するようです。

三石より樹林

 

<拡大できます>

 

 それにしても、岩に包まれ、大木の樹林に抱かれるような三石神社は魅力的です、房総にも、こういうところがあります、是非どうぞ。

   <土木の風景TOPへ>