斜張橋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の主役は斜張橋のいのち、(新銚子大橋の顔といっても良い)「ケーブル」です。
 橋梁全体の景観を引き締めてくれる、直線放射状のラインこそが斜張橋の特徴です。
 まずは、景観として主塔とケーブルをアップです。

主塔主塔2

<拡大可能>

 

 

 そして、工事中のケーブル設置状況です。緊張はすでに完了し、床版、地幅、舗装など仕上げ前の工事が急ピッチで進行中。

ワイヤー全景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワイヤー全景2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見学風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワイヤーは主塔に先端を固定し、桁へ向かって放射状に張られます。技術者の話では、主塔の方から引っ張るのが一般的だそうですが、今回は桁側からの緊張で苦労したとか。全体の緊張調整に実働3日というからプロのワザです。

ワイヤー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワイヤーカバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ワイヤーそのものは超高強度の鋼線ですが、今回のケーブルは現場組み立て型ケーブル(セミプレファブケーブル)と言って、一本一本が独立したケーブルを使用。これが本橋の特徴ということです。個々に張力を調整できるのが利点になるとか。
 
 また、張力調整においては、ゆるめるということはなく、引っ張る方向で行われます。この留め金を見れば分かりそうです・・・ゆるめると、締め付けて傷ついた部分が露出することになります。

ケーブル部品

 

 

 

 

 

 

 

 

ワイヤー端部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、これがケーブルのカバーです。また、小さいケーブルは一般に多用されているワイヤー(スパイラルロープ)の断面見本だそうです。

ワイヤーカバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スパイラルロープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後はケーブルの桁側取り付け部に妙なものが着いております。何かと聞けば、ケーブルの振動を抑える機器だそうです。その名を「ケーブル制振用高減衰ゴムダンパー」と言います。風、雨その他の影響でケーブルは振動し、支障が出るのだそうです。なお、その解析は難しいので省略・・・。

ケーブル制振用高減衰ゴムダンパー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケーブル端部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 参考サイトをご紹介。
 橋梁ケーブル制振ダンパー 超高減衰ゴム 住友ゴム
 ケーブル制振用高減衰ゴムダンパー (株)横河ブリッジ
 斜張橋ケーブルプレストレスの実用計算法 〜相対剛度変化法〜 (株)横河ブリッジ
 東京製綱(株) ケーブルと実例
 橋梁付属物製品検索サービス 。     <土木の風景TOPへ>


 
 最後に、こぼれ話を一つ。
 新大橋の(株)横河ブリッジの橋梁技術者は、この銚子大橋に深い思い入れを持って臨んでいるそうです(現場で説明してくれた管理技術者さんです)。「幸せです」と言っておられるそうで、なんと、古い方の銚子大橋建設(清水建設)の時には父親が関係していたそうです。そして今、息子が新しい銚子大橋の建設に従事しているわけです。
 
 親子二代の銚子大橋建設従事は、浅からぬ因縁です。橋梁技術者冥利に尽きるような、うれしい話でした。