035

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 平凡な農業用ため池です。
 しかし、ここは犬吠の半島部付け根、銚子の台地面です。
 国道126号線が、犬吠埼に分岐する県道286号線(元の有料道路)の橋梁足下にあります。

037

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北総台地の特徴は、平坦な台地面を削る樹枝状の細長い谷津が発達していることです。銚子の台地も同じです。台地面は次の通りで、灯台キャベツの大産地となっています。

003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

041

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな谷津の一部をせき止めて、農業用ため池は築造されています。
 まずはこの写真を見ていただければ谷津の地形をご理解いただけます。

043

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、この地形の何が妙かというと、谷の方向性にあります。この付近の地形は、南に屏風ヶ浦、北に銚子の台地と利根川があります。その地形の中、谷津を流れる河川は北流しているわけです。
 
 屏風ヶ浦は海岸ですから、谷津(河川)の最上流が海岸というのも不思議なものです。
 ため池の最上流部を拡大して見てみましょう。次の写真です。

045

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この写真は、屏風ヶ浦の断崖地形を想像させます。つまりは、この谷津の最上流は屏風ヶ浦の急崖であるわけです。
 
 そこで、屏風ヶ浦に関する航空写真と地形図を調べてみましたら、地形の妙を説明できるかも知れません。

001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 標高の一番高いところ(標高59m)が屏風ヶ浦の崖の上にあります。航空写真も、地形図も断崖の上が谷津地形の最上流であることを示しているのが分かります。なぜ、このような地形になったのでしょうか。
 
 屏風ヶ浦の海岸をよく見ると簡単に理由が分かります。

217

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

216

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

182

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 屏風ヶ浦は昔から海岸浸食の激しい場所です。現在はテトラポッドによる海岸防護をしていますが、むかしはそのままでした。地元の古老によれば、一年間に数mという信じられないような速さで陸地が後退していったそうです。
 
 台地面は畑や林地だから良いけれど、市街地であれば大変でした。現在は、このようにがっちりと防護していますから安心です・・・・とは言っても、自然と人間の時間スケールは比べること自体が無意味です・・・。

190

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なお、最後に追記です。
 「妙」とは、変ちくりんな「妙」ではなく、おもしろい、良くできている、すばらしいという「妙」です。
 
 参考に、<広辞苑>の記事を追加します。
 
 みょう【妙】メウ
(1)いうにいわれぬほど、すぐれていること。甚だ巧みなこと。美しいこと。「造化の―」「絶―」「―技」「―齢」
(2)不思議なこと。へん。「―な話」「奇―」「珍―」
(3)(「少女」の合字が「妙」となるところから) 少女。醒睡笑「庫裡から―が粗忽に出でて言ひけるは」。「針―」
(4)(近世の流行語) すばらしいさま。すてきなさま。浮世床初「こりやアいい。―だ―だ」

 なおまた追記です。
 屏風ヶ浦は、上から見下ろすと足がすくみますので、下から見上げる角度が最高です。ぜひ一度、現地をご訪問下さい・・・おすすめです。
 <地図等はYahooと国土地理院から転記しております。>