・利根川上流域の水道水源

図1に利根川上流域のダム群と利根川の位置関係を図示しました。

利根川から水道用水を取水するためには、水利権(河川から水道用の水を取水する権利)が必要となります。

首都圏の水道事業者は、昭和30年代後半から、水道用の水利権を取得するため、多くのダム建設に参画しました。

こうして取得した水利権の水道用水をどの地点から取水するかが、次の課題となり、農業用水等他の関係者との調整が必要になります。
利根川上流ダム群の位置概念図



・見沼代用水
八代将軍徳川吉宗は、新田開発のため、見沼代用水の整備をすすめました。

利根川からのかんがい用水の取り入れ口は、利根川左岸の埼玉県行田市(現在)付近です。写真1の看板に当時の状況が示されています。(なお、江戸時代の利根川は、太平洋ではなく、江戸湾に流れていました。)


見沼代用水の看板
 
  写真1:元見沼代用水元圦公園の看板


・利根大堰

東京都や埼玉県が、利根川から水道用水を取水するため、昭和38年(1963年)から利根大堰や武蔵水路の建設が始まり昭和43年(1968年)に完成しました。

都市用水の取水箇所について、建設省(当時)は、当初、八ッ斗島下流の埼玉県本庄市付近で取水し、東京都東村山浄水場へ導水する出来島案を計画しましたが、農林省(当時)は、都市用水が農業用水より上流で取水し優位性を持つことに断固反対し、見沼代用水を利用し都市用水は板橋北部へ導水する見沼代用水利用案を提案しました。

そこで、昭和37年(1962年)に設立された水資源開発公団(当時)が、見沼代用水取水箇所に、農業用水と都市用水の合口の取水堰を設け、武蔵水路を建設し荒川に注水する荒川利用案を提案、国、関係都県の合意を得て、利根大堰の位置や武蔵水路が決定されたようです。

利根大堰の位置は、利根川河口(千葉県銚子市)から154km地点の利根川中流部となります。

利根大堰看板ガイドマップ
  写真2:利根大堰周辺ガイドマップ(利根導水総合管理所看板より)

 図2に、農業用水と都市用水の系統の模式図を書いてみました。
利根導水路用水系統模式図

武蔵水路は、都市用水専用の水路で、利根大堰で取水された用水が荒川に注水されています。

武蔵水路の建設当時の流量は50/S で、内訳は、新河岸川・隅田川浄化30/S、東京都上水道用水16.6/S、埼玉県上水道用水1.6/S、埼玉県工業用水道用水1.8/Sとなっています。(なお、武蔵水路は、平成22年度(2010年)から改築工事が行われており、水量が若干変更されています、詳しくは水資源機構のHPをご覧ください)


利根大堰 屋上からトリ
写真3:利根導水総合管理事務所屋上から見た利根大堰と沈砂池



・ 
利根大堰の魚道

利根川は、農業用水だけでなく、水運としても、江戸時代から重要な河川でした。

利根大堰は閘門機能(運河)を持たない堰として設計されたことで、堰上流への水運による物資の輸送路としての利根川の役目を終わらせたと云えます。

また、堰の建設は、上下流の生態系に大きなダメージを与えます。特に、鮭や鮎など、河口から上流まで河川を縦に泳ぐ魚にとっては、影響が重大です。(ドジョウやナマズは、河川と圃場を行き来する横に泳ぐ魚と云えるでしょう)

利根大堰には、3箇所の魚道が設置してあり、右岸側の魚道には観察窓が設置してあり、自由に見学することができます。

大堰魚道 名入り
写真4:利根大堰右岸下流から

魚道縦
写真5:魚道

鮭の遡上 トリ
写真6:魚道を遡上する鮭

大利根大堰鮭遡上経年変化

水資源機構では、鮭や鮎の遡上数を、毎日カウントしています(お疲れ様です)。平成7年〜平成9年にかけて魚道の改築がなされ、その効果が平成17年以降顕著にあらわれています。

この勢いであれば、近い将来、みなかみ町付近の利根川で鮭を捕っている熊を見かけることになるかもしれませんね。



ライバル語源


<千鉱エンジニアリング(株)HOMEへ> <土木の風景TOPへ>