明けまして、おめでとうございます。
 今年もよろしくお願い申し上げます。
 
  さて、栗山川です。
 千葉県東部北総台地(成田市大栄町付近)を発し、九十九里海岸に流下する中小河川です。まずは、航空写真で栗山川の全景です。
 北総台地は平坦な地形ですが、そこを最上流地にしているくらいですから大河川というわけではありません。

栗山川



 九十九里海岸平野は隆起平野です。縄文期には完全に海の底、縄文時代の海進は相当に内陸深くにまで達していました。現代の繁華街はほとんどが海の底です。

prm151


 ゆえにこそ、栗山川の流域は低地が連続し、土地改良などの整備が進んでも低地は低地です。千葉県がまとめた災害関連の浸水区域は栗山川周辺に集中しています。
 干拓をし、水田として開発しても低いところは低いものです。
 
 千葉県の防災情報ではしっかりその状況を捉えています。栗山川流域が高くなるわけではありません。

kuriyama



 さて、現在の姿です。
 河川堤防は整備され、水田も立派に区画整理をされています。
 洪水時にはしっかりと排水機場が機能し、洪水にならないように出来ています。

21 070


21 071




 しかしです。
 江戸時代、明治時代には河川堤防のない中小河川の哀しさ、洪水時には大氾濫し、また干ばつ時の水不足は大変なものだったそうです。百姓にとっての水は、命より大事・・・水争いは生きるための闘争でした。

21 095



21 093



 このように、明治27年には死者が出たようです。
 そこでまずは、栗山川の河川堤防の築造から始まりました。低湿地だったこの周辺の栗山川に堤防を築いていったそうです。もっこ、トロッコ・・・もちろん、人力です。
 
 地元の古老の記憶では、昭和10年から始まったとか・・・。
 まずは低湿地を堤防で遮断し、農地化して行きます。
 
 そして、重要な対策は河川の流水制御です。
 それが篠本堰、これは洪水対策と農業用水確保が目的です。古い施設を改修し、現在の堰が出来たのは昭和41年です。

seki



21 074



 今でも立派に活躍しており、その勇姿をご紹介・・・。


21 102



21 106


21 108



21 110



21 118


 なお、栗山川の役割は両総用水事業の導水路を兼ねています。
 それは次回へ・・・。   →その2

  <土木の風景TOPへ>