2013.8.7(水)の外環道路工事見学会の第二弾です。
 主催は地盤工学会千葉県グループ、35名ほどの参加です。
 
 京葉ジャンクションは外環道路が京葉道路と交差する場所で、大工事であります。

d5fb28af



2013-08-08003



 通行止めなど論外のことですから、京葉道路を横に振ったり戻したりしています。
 外環道路が京葉道路の下を通過する形ですから、上下線の京葉道路を横に振ってからボックスカルバートを構築し、その上にまた京葉道路の上り線を戻します。

2013-08-08014



2013-08-08019




 現在は上り線部分の外環構造部が完成して戻し、ただいまは上下線の中間部でボックスカルバートの工事中です。これが完成すると下り線をこの上に戻します。

2013-08-08018



2013-08-08015



2013-08-08017



2013-08-08028




 ちなみに、京葉道路上り線真下のボックスカルバートは完成し、次のようになっています。

2013-08-08023



8a1201f2




 さて、本線が完成した後はどのようになるのでしょうか。
 合流のランプなどは非常に複雑です。

2013-08-08002


 掘削して施工できるところはそれで良いのですが、できないところはシールドで抜くのだそうです。
 また一度、見学に来たいものであります。

 
 
 なお、仮設の道路、橋梁も大がかりです。工事用車両が市川市街地を通行することができないので、延々と仮設道路が建設され、ダンプトラックが京葉道路本線へ流れて行きます。もちろん、一台ずつ信号と人間で制御されていました。

2013-08-08020




 土木の風景として、仮設道路を並べます・・・。

2013-08-08009



2013-08-08010




2013-08-08011




2013-08-08006



 
 最後は一般部の風景を・・・この場所は三度目でした。

4ada5b18-s



2013-08-08057





2013-08-08059



2013-08-08061

 *** 画像はクリックして拡大できます。
 
   <土木の風景TOPへ>