先の平成26年10月17日(金)、千葉市建設コンサルタント協会の見学会がありました。
 千葉市役所前の国道改良工事とあって、40数人の参加者がありました。
 
 本国道の改良は全長5.6km、平面改良区間と地下立体区間があり、今回の見学は地下立体区間の方です。

IMG_0003



 まずは全景から・・・工事はすべてオープンの開削工法となっています。
 覆工板が印象的です。

2014-10-18059



 さていよいよ工事現場内へ・・・国道の騒音も届かなくなってきます。
 現場内は意外に静かでありました。

2014-10-18002


2014-10-18009




 
 ボックス入り口で関東地方整備局千葉国道事務所・山室久千葉出張所長並びに清水建設の担当者による詳細の説明があり、奥へ・・・。

2014-10-18018



 そして、内部は支保工や中間杭が所狭しと構築されています。狭い空間を抜けながら歩いた先に完成した区間がありました。
 ボックス横幅は9.66mとか。

2014-10-18025



2014-10-18040



2014-10-18034




2014-10-18037



2014-10-18019




 
 最深部には大きな切れ込みがあり、ポンプ室へと通じています。
 どの程度の雨量に耐えられるのかは不明でありました。

2014-10-18032



2014-10-18038



 
 さらに先へ行くと地上への仮設階段があり支保工の上部及び型枠工が見られます。
 配筋はこれからのようです。

2014-10-18043



2014-10-18041



2014-10-18060




 地上に出ると換気口が目立ちます。
 完成後は緑地の中になるようです。

2014-10-18049



2014-10-18053



2014-10-18055




 そして最後はコンクリート製の調整池、これも緑地の下になるとか・・・地中連続壁も印象的です。

2014-10-18057




 
 かなりの距離を歩き、また戻って見学終了でした。

 
 なお、部分写真のアップでは工事の概要が見えてきませんので地下立体区間の工事概要を整理してみました。

IMG_0001



IMG_0002


 工事手順は下記の通りです。
 
  |話耋続壁施工

2014-10-18058

 ◆…貳弉良工
  床堀工事+切梁+中間杭(4列)+支保工(3段) 設置施工
 ぁ…貳弭獣曄Ψ刃氾欝
 ァ3段目支保工撤去
 Α‖κ氷獣曄Ψ刃氾欝
 А\溝慘太瀉
 ─2段目支保工撤去
  側壁上部及び頂版の構築・型枠撤去、中間杭の切断

2014-10-18030


2014-10-18042


2014-10-18020

  埋め戻し
  完了
 
 最後に、千葉国道事務所山室久千葉出張所長はじめ関係各位に感謝を申し上げます。

  <土木の風景TOPへ>   <土木の風景分類TOPへ>