千葉県東金市田中地先にある古い人造湖(ため池)です。
 徳川時代から築造されていたようで、慶長19年(1614)完成と伝えられています。

IMGP2471



 美しい景観と形が十和田湖に似ていることから「房総の十和田」の別称があります。周囲約4km少々、一周できるハイキングコースとなっていて、多くの人達が週末にやってきます。

ojagaike




IMGP2470




IMGP2472



 
 この湖を有名にしているのはバスフィッシング・・・釣り人にはメッカと言うことです。さらに、心霊スポットらしく、釣り人が何かを目撃したという話が多いとか。
 雄蛇ヶ池で検索すると、「心霊スポット」としてもたくさんヒットしてきます。興味のある方はどうぞ・・・。
 
 さて、雄蛇ヶ池の読み方です。
 普通は「おじゃがいけ」ですが、地元の古〜い方は「おんじゃがいけ」と呼び習わしているようです。この名前故に心霊現象を想起させるのかもしれません。
 
 久しぶりに寄った日は雨模様でしたが、なかなか良い景色でありました。

IMGP2499



IMGP2500




IMGP2501



 なお、堤は土で出来ています。前刃金式アースダム形式で、規模の大きなため池というわけです。古い堤体のため昭和56年には改修されています。それでもその後35年は経過しておりまして、安泰万全というわけには行きません。

IMGP2469



IMGP2474




IMGP2478



 特に大きな異常があるわけではありませんが、近辺に人家が張り付いていますから管理者は常に気をつけているようです。

IMGP2498

  <土木の風景TOPへ>   <土木の風景分類TOPへ>