現在の写真ではありません。
 雪に埋もれた白川郷の魅力は有名ですが、普段の姿から見ると生活に密着した住居であることがよく分かります。
 大昔、それはそれは厳しい生活であったろうと推察します。

 sirakawa




IMGP0201


 現在でも居住して生活されておられるようですから「観光地」とはいいながら大変です。維持管理はいかばかりかと・・・。

IMGP0210




IMGP0224



 なお、位置関係を見てみると白山連峰のまっただ中、岐阜、富山、石川、福井に囲まれるような辺境の地です。昔は中部から富山への白川街道が主要な道でした。地形を見るとこの場所を通過するしか道がないようです。

sirakawa2



 現在でも国道や東海北陸道などが通過する重要な地理的要素を有しています。
 白川郷ICもできて、観光にはありがたいことであります。

sirakawa3



 ここは白山に源を持つ庄川の上流部ですが、次の航空写真を見ると河川が形成した河岸段丘が発達し、その平坦地に集落が発達しているように見えます。

sirakawa4



 
 いつまでもこの美しい景観が続くことを祈ります。

IMGP0203




IMGP0243

 *写真提供by shitara

 <土木の風景TOPへ>  <土木の風景分類TOPへ>