房総半島中央部の南端、いすみ市大原地区の南方に自然状態の海岸があります。
 岩船地区です。


1111



2222

 本地区の地質は第三系の黄和田層(Kd)で泥及び砂、泥互層を示し、比較的よく締まっています。とは言いながら、波浪に浸食されるのは必然のこと、長い年月の間に海岸線は後退しています。
 
 このため、道路が最も近接する場所にのみ、テトラポッドが置かれています。
 その他の区間は自然のまま、後背地が丘陵で人家がないことによります。

2019.2.21010



 やはり、海岸線は自然のままが良い景観ですね〜。

2019.2.21005


2019.2.21001



2019.2.21006



2019.2.21007


<土木の風景TOPへ>  <土木の風景分類TOPへ>