gimmic room 

堺で注文住宅の設計をしているギミックデザインの いつも笑顔が素敵な女性スタッフの日々の思い・出来事。

ブログ統合のお知らせ

いつも「gimmic room」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

このブログは、このたび、「いずみのブログ」へ統合されました。

今後とも「いずみのブログ」をご愛読ください。

なお、「gimmic room」のバックナンバーは引き続きご覧いただけますので、よろしくお願いいたします。



”ギミックデザイン 一級建築士事務所 ”のHPもご覧ください

堺の注文住宅なら、女性建築家とCM方式(分離発注)でつくる”いずみの家”

リサイクル募金活動の報告 No5

NPO法人 あいうえお堺支部さん リサイクル募金推進連絡会
と言う名前で 活動されてた
代表岩野さんが、
『リサイクル募金推進連絡会』 
と団体名を変更され,
今まで通り「リサイクル活動」をされております。

私達の小さな活動が少しでも皆さんに役立ってくれればうれしいので 続けてまいりました。
今日は 前回の報告した後の 資源募金活動の報告をします。

当社は、ご近所の皆さんのご協力もあり下記の分を募金しました。


2011年12月19日 ペットボトル3kg・ペットボトルキャップ1.4kg・アルミ缶2kg
ポリオワクチン 5.7人分 

2012年7月13日 ペットボトル5.7kg・ペットボトルキャップ0.8kg・アルミ缶2.4kg
ポリオワクチン 8.5人分

2012年8月22日 ペットボトル8.3kg・ペットボトルキャップ2kg・アルミ缶4.3kg
ポリオワクチン 13.6人分

今までの累計 ポリオワクチン 92.2人分
助ける事が出来ました。
皆さまの ご協力本当にありがとうございます。

今回、岩野さんが、手荷物の重さを量る
「ラゲッジチェッカープラス」手荷物重量(はかり)(右写真)
を持参され、目の前で重さを量ってくれました。

 このブログを見て頂き 賛同してくださる方は、
是非 ご協力下さいませ。

今回はお願いがあります。
この活動にご協力いただける方は、お手数ですが、
ペットボトル・キャップ・アルミ缶を、さっと
洗って乾かしつぶしてからお持ちください。
このひと手間が、価値を生み、社会貢献になります。

よろしくお願いします。

”ギミックデザイン 一級建築士事務所 ”のHPもご覧ください
堺の注文住宅なら、女性建築家とCM方式(分離発注)でつくる”いずみの家”

堺市新金岡にて「大地震から命を守る勉強会」開催の報告

東日本大震災から11日でちょうど1年が経ちました。
当社では、2012年3月9日(金) 大泉校区連合自治会主催で
「大地震から命を守る勉強会」開催しました。

TOP 地震セミナー

朝から雨が降ってましたが、開催時間には小雨となり、
大勢の方が参加して下さいました。
地震 参加者

去年の東日本大震災で津波によって大きな被害を受けた地域も広かった事もあり、
堺市では 津波によるハザードマップを改定したことをお伝えしました。
津波の心得地震 津波
津波からの避難の心得を参考にして下さい。

大津波警報などが発表されたら
 ,箸砲くJR阪和線を目標に東へ逃げる
◆‘┐加戮譴燭蕁津波避難ビルなど高い所へ
 河川には近付かず、できるだけ地盤が高いところへ避難

 ★ご近所にも声を掛け合い、病気や体の不自由な方などの手助けを行なって、地域全体での早期避難完了に努めましょう。

地震 パンフレット堺市防災ガイドブック表紙guidebook_pdf01
参加者の皆さんが見ているパンフレットは
堺市が配布している「防災ガイドブック」です。
(詳細)←堺市HPにリンクしてます

皆さん、この中にある記事に目を通して講座を聞いておられました。
私は、まだいまだに防災グッズを揃えてないのですが、ブログを見てくださっている皆さんは、用意されてますか?

家族が多いと世代別に揃えておくものが違いますので、
パンフレットクリックされてご確認下さい。

手作り ろうそく


今回上記に書いてある手作りランプを紹介させて頂きました。

これは意外と長時間持ち、瓶が倒れても、
中の油が外に出るだけで、炎はコップの中にのこり
火災になりらなにので 「安全灯」になってます。
「作り方を教えて欲しい〜!!」との声に
資料をコピーして渡しました。

もし 我が家の震災グッズとして 作って置きたしたい方は、
当社までお問合せ下さいませ。   問い合わせ先 こちらから・・・・


 ★ 当社がある新金岡町は 津波の心配はあまりない事がわかったけど、
   いざ、事務所で仕事している時 
   「まず、どうする?」 って話がでました。

まず、頭を保護して、机の下にもぐるかな・・・
って事でしたが、私の家には食卓テーブルがないので
もぐることさえ、出来ない!!! さあ、どうする?
って事で話し合いしました。

皆さんも 食卓を囲む家族団らんの際に どのように身を守るか、
話し合ってみては 如何でしょうか・・・・。

もし、この様な 講座をお住まいの地域で開いて欲しいと
思われましたら、当社まで ご連絡下さいませ。 問い合わせ先 こちらから・・・・

 ぜひ1度当社HPも見てくださいね。
  

”ギミックデザイン 一級建築士事務所 のHPはこちらから”

堺の注文住宅なら、女性建築家とCM方式(分離発注)でつくる”いずみの家”




堺市北区新金岡町で 「大地震から命を守る勉強会」開催!!

gimmic- ibento


            東日本大震災から 早いもので3月11日で1年をお迎えます。 

     東日本大震災により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
               被災された皆様の1日も早い復興をお祈り申し上げます。

    
このたび、東北関東大震災の大きな衝撃を受け、阪神淡路大震災を 経験した近畿
    地方では、より一層地震への関心や不安が高まっています。
    次のような内容の勉強会を計画いたしました。

     (1) いつか必ずやってくる大震災への備え
           東日本大震災から 1年 ・・・・
     (2) 堺市の被害予想(堺市地震災害想定総合調査)
           堺市の取り組み
     (3) グラっときたらまず何をするか?
     (4) 非常持出品・防災グッズ
     (5) 地域の避難場所
     (6) 地震から建物や命を守るためにしておくこと
            家具の転倒防止
            一部屋シェルター
            耐震補強
     (7) 建物の耐震の補助制度  

          日時 : 3月 9日 (金) PM7:00〜PM9:00
   場所 : 大泉地域会館
  
⇒地図

         参加費 : 無料
      
申    込  :   お申込み方法  072-258-2275
             
 ここをクリックしてください

           講   師  :       住まいと暮らしのアドバイザー 
               ギミックデザイン
                 女性一級建築士 源野 きさこ 



 
ぜひ1度当社HPも見てくださいね。
  

”ギミックデザイン 一級建築士事務所 のHPはこちらから”

堺の注文住宅なら、女性建築家とCM方式(分離発注)でつくる”いずみの家”


リサイクル資源募金 活動報告 No4

s-c-DSCN7251


あいうえお堺支部さん が活動されている
「リサイクル資源募金活動」を始めてから 数ヶ月がたちました。

通常は、ユニセフを通じて世界の子供達に、
「ポリオワクチン」を送る為に寄付しておりますが、

今は 義援金の半分を
3月11日に発生した「東日本大震災で被災された子供達」
送られているそうです。

私達の活動が少しでも皆さんに役立ってくれれば
うれしいです。

今日は 前回の報告した後の
 資源募金活動の報告をします。

当社は、ご近所の皆さんのご協力もあり
下記の分を募金しました。


2011年7月7日 ペットボトル5.4kg・ペットボトルキャップ3.4kg・アルミ缶0.8kg
ポリオワクチン 7.9人分 

2011年8月11日 ペットボトル6kg・ペットボトルキャップ1.4kg・アルミ缶2.5kg
ポリオワクチン 9.2人分

2011年9月26日 ペットボトル6.5kg・ペットボトルキャップ1kg・アルミ缶0.7kg
ポリオワクチン 7.7人分


今までの累計 ポリオワクチン 41.8人分
となりました。

皆さまの ご協力 本当にありがとうございます。

このブログを見て頂き 賛同してくださる方は、
是非 ご協力下さいませ。

なお、当社が遠方な方は、
NPO法人あいうえおさんのホームページ
ご覧頂きまして、ご近所で回収されている所に
持参していただけたら幸いです。

今回はお願いがあります。

この活動にご協力いただける方は、お手数ですが、
ペットボトル・キャップ・アルミ缶を、さっと
洗って乾かしつぶしてからお持ちください。
このひと手間が、価値を生み、社会貢献になります。

よろしくお願いします。

”ギミックデザイン 一級建築士事務所 ”のHPもご覧ください
堺の注文住宅なら、女性建築家とCM方式(分離発注)でつくる”いずみの家”

LED電球がつかない!?

普通の電球を省エネになるLEDに替えようとしたのに、
いざつけてみると点灯しないというお話を聞きました。

原因は可能性としていくつかあるようですが、

●遅れて消えるタイプやセンサーつきなど、スイッチの回路の問題でつかない
●調光機能のついた電球器具や回路には、対応しないLED電球は使えない
●サイズの規格がE26、E17、E11とあるが、微妙に形状が合わず、接触が悪い
●熱がこもる等の要因により使用できない

といったことが考えられるようです。

また、口コミですが、目いっぱいきつくしめたねじを少しだけ緩めたらついた、
という話も聞きました。

注意すべき点として、LEDは熱を持つので、
断熱材施工器具や浴室などの密閉型の器具に、対応していない電球を使うと熱くなり、危険です。


”ギミックデザイン 一級建築士事務所 ”のHPもご覧ください
堺の注文住宅なら、女性建築家とCM方式(分離発注)でつくる”いずみの家”

mottainaibyもったいないおばさん


独学二級建築士受験体験記 その7 製図本番編

もうじき二級建築士製図試験の9月です。

昨年の私の試験場は、大きめの教室の長机に、
前後の席で左右交互に座るよう指定さていました。

私は机の左寄りに座ったため、製図版をセットした右側に製図用具を置かなければならず、
いつもは左側においていたので勝手がちょっと変わりました。

製図版をガムテープなどで固定している人もいましたが、
私は固定しなくても特に不便は感じませんでした。
試験場に行く途中で、資格学校の人が、製図版の角度を立てるための枕を配っていたので、
立てたい方はそれを利用するのもいいかと思います。
その時はテープでとめたほうがいいかもしれませんが。

試験時間がお昼前から4時間半なので、試験場に着いてからパンで軽食をとりました。
試験中、のどが渇いては、と、許可されているお茶のペットボトルを置いておきましたが、
試験中になったら私はとてもそんな余裕がなく、
恥ずかしながら1滴も飲むことができませんでした。(@_@;)

エスキース以外はほとんど立って製図したので、席の前後の間隔が狭いと思いましたが、
本番中はしんどいとか何か感じる余裕もなく、必死に書いているうちに終わりました。
何だかんだ言っても、本番になったら必死で、たいがいのことはどうでもよくなります。

内容の面では、まず、1階平面図の通り芯を描く位置を、
敷地に対して1ピッチ間違えてしまってしばらく描き進み、
気づいて相当あせりましたが、(T_T)そのまま進められそうになかったので、消して描き直しました。

自分を落ち着かせながら何とか描ききって、ああ終わった、と思ったのですが、
帰り道に思い返してみると、屋根の形状が、平面と立面で若干不整合があったり、
よく計算してみると樹木が少しばかり建物に支障したり、
不利な状況がいろいろと明らかになってきました。(~_~;)

精神衛生上よくないので、もうなるべく考えないようにしていました。
学科と違って製図ははっきりした得点がわかりにくく、ただ発表を待つだけでした。(>_<)

そして結果の通知。
合格していれば分厚い書類が送られてくるのかと思っていたら葉書。
めくってみると、なんと合格でした。ヽ(゜∀゜)ノ
心配していたミスも、許容範囲だったようです。(^_^;)v

今年もいよいよ製図試験本番。
独学の方も、どうぞ自信を持って臨み、多少のことがあっても心穏やかに結果を待ってください。
二級建築士受験生の皆さんの努力が報われることをお祈りいたします。!(^^)/~~~

追伸
申し遅れましたが、応援してくれた上司や職場のみんな、
母校である大阪府立夕陽丘高等職業技術専門校の、
今はなき建築内装設計科でお世話になった先生方、
家族、そのほか私の二級建築士受験を応援してくれたすべての方に、
この場をお借りして改めて御礼申し上げます。m(_ _)m

”ギミックデザイン 一級建築士事務所 ”のHPもご覧ください
堺の注文住宅なら、女性建築家とCM方式(分離発注)でつくる”いずみの家”

mottainaibyもったいないおばさん

続きを読む

独学二級建築士受験体験記 その6 製図追い込み編

今年の製図課題の参考書も発売されて、いよいよ製図試験も追い込みの時期だと思います。

昨年、普段の日は、なかなか製図のまとまった勉強時間がとれないので、
朝早く起きて出勤前にエスキースを30分か1時間くらいやろう、と思い立ち、
始めたはいいのですが、睡眠不足で体力が続かなくなり、あえなく断念しました。

通勤時間が使えないのは残念でしたが、休日には集中して製図をするようにしました。
発売された本の練習課題を何枚か描くと、今年はどんな問題が出るのか気になり、
ネットで他の課題を探してやってみました。
また、近くに資格学校に通っている人がいれば、情報交換するのもお勧めです。
私もいろいろ教えてもらいました。

解き方は自己流ですが、課題の面積の範囲の中間くらいをめざして、
8ピッチ×何ピッチという風に伏せ図の描きやすそうなグリッド数を各階決め、
その中で所要室の面積を割り振ります。
(ご存知と思いますが、13屬覆8帖、9屬覆6帖など…
私はだいぶ遅くなってから、9屬5.5帖でもOKということに気づきました)
1/200でする人もいますが、私は1/100がやりやすかったです。
エスキースで平面が決まれば、その1階の上にまず2階の壁の位置、
それから床、と赤鉛筆で梁を入れていきます。

製図用具は、資格学校などで受験用のテンプレートなども売っているようですが、
普通の○、△、□が描けるもので十分だと思います。
三角定規は、長いものは矩計図くらいしか使わないので、
そこは分けて線をひけば、あとは小さめの物でもOKで、小回りも利きます。
勾配定規でも代用できると思います。
消しゴムについては、大きい面積を消せるものと、便利だったのは、ノック式のもの。
私は無印良品の三角柱の形の物を使いましたが、
角で細かいところが消せて、字消し板を全く使わずにすみました。

それから、なくてもいいですが、安心なのは、ポケットのたくさんついたエプロン。
落としてしまったりしても安心なように、私は多ポケットのサロンエプロンに
シャーペンや消しゴムの予備を入れておきました。

大阪府建築士会の製図の模擬試験を受けたのは、
図面を見ながらの講評で他の人のを見ることができて刺激にもなり、
及第の講評をもらって少し安心することもでき、
独学受験生にとってはとてもよかったと思います。

次はいよいよ本番です。


”ギミックデザイン 一級建築士事務所 ”のHPもご覧ください
堺の注文住宅なら、女性建築家とCM方式(分離発注)でつくる”いずみの家”

mottainaibyもったいないおばさん

livedoor プロフィール
記事検索
TagCloud