2006年01月16日

公立小中学校の補習外注 PART2

先日の「公立小中学校の補習を塾に外注?」のエントリーに関して、ふと気づいたことがあります。
 私にとっては義務教育の根幹を揺るがすような重要なことが、どうしてこうも簡単にするするといろいろな自治体単位で進んでいくのだろうと不思議だったのですが、もしかしたら、一斉導入される「学力テスト対策?」と思い浮かんだのです。



文科相、全国学力テストの結果公表を検討(NTS教育研究所)

今年から全国一斉学力テストが実施される予定です。そしてそもそもこの学力テストが実施されることになったきっかけは、PISAの学力調査で日本の順位が下がったという結果からの「学力低下」問題です。そして、イギリスを見習って、学力テストを実施し、その結果を公表することで、学校間の競争力を引き出し、学力を上げようというものです。

 だから、学力テストの結果は公表されるでしょう。一般にどこまで公表されるかはわかりませんが、教育関係者にはかなり詳細に出ることでしょう。
 教育委員会の方々にとって、この学力テストの結果が悪いということは、かなりまずい感じがするのではないでしょうか?
だから先手を打って、補習しよう。
学力を上げるなら、学校の先生よりは「塾だな!」
なんてことになっているのかもしれません。

 そもそも学校単位の競争を引き出すはずの全国一斉学力テストの復活が、学校の先生から「学力指導」を引き離す結果になってしまっているのだとしたら、これもまた非常におかしな話です。


 とにかく、自治体の教育委員会が面子を保つためのなりふり構わぬ「学力向上施策」だとすれば、それは予算も通だろうし、実施も早いだろう、と妙に納得してしまったのでした。


 がんばる方向性が違うような気はするんですがねぇ。




★ブログランキング参加中!クリックよろしくお願いいたします♪
人気blogランキングへ
にほんブログ村 教育ブログへ



gimukyoiku at 22:26│Comments(22)TrackBack(1)教育政策 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 授業の外部委託がどんどん進んでいくようです  [ THE義務教育-保護者が感じる「今の学校ちょっとヘン」 ]   2006年02月09日 09:27
江東区では、普段の授業にも、塾の先生が入るようです。 江東区4月から 10小学校で授業に塾講師(NTS教育研究所)  江東区は、学力に差がつきやすいとされる小学4年と中学1年の授業で、4月から教員と非常勤講師の2人体制による授業を始めるほか、小学校10校で担任を塾....

この記事へのコメント

1. Posted by ゆう   2006年01月17日 21:37
こんばんは

>一斉導入される「学力テスト対策?」と思い浮かんだのです。

どうでしょう?(笑)

私は、学校の、試験に対する考え方は完全に間違っていると思っています。全国共通の試験を行い、結果を一般に公開することには賛成ですが、それに対する動きは絶対に変なほうに行くと思います。
まあ、10年くらいは子供に我慢してもらうしかないかなあ(泣)
2. Posted by ワタナベ   2006年01月18日 09:35
私はイギリスの小学校で、日本がモデルにしている学力テストの実態を体験しました(うちの息子は英語ができないので申請して免除してもらったのですが)。
新聞に全校の結果が出るので、それはもう学校は熱心でした。
が、日本とイギリスは学校のシステムや、先生や学校側が保護者に対して持つ権限が違うので、うまくいくかどうか(イギリスだって完璧ではないようですし)は、疑問です。
 少なくとも、イギリスでは塾は一般的ではないので、先生は保護者に対して「テストがあるからがんばりましょう」というメッセージを出して、協力してやろうっていう感じでしたが、日本の場合は、親は学校にまかせっきりで、結果だけみて学校批判をしたり、学校を選んだりというようなことになりそうです。そしてそのために、「授業を外注化」って、なんだそれ?っていう感じがしてしまいます。
3. Posted by Karl   2006年05月10日 08:16
1 Nice site!
4. Posted by Cory   2006年05月10日 08:19
1 Well done!
5. Posted by Angie   2006年05月10日 08:23
1 Good design!
6. Posted by Adam   2006年05月10日 08:26
1 Nice site!
7. Posted by Samuel   2006年05月10日 08:28
1 Well done!
8. Posted by Scott   2006年05月12日 09:35
1 Thank you!
9. Posted by Paula   2006年05月12日 09:39
1 Well done!
10. Posted by Marla   2006年05月12日 09:43
1 Nice site!
11. Posted by Marla   2006年05月12日 09:44
1 Nice site!
12. Posted by John   2006年05月12日 09:46
1 Thank you!
13. Posted by Maggie   2006年05月14日 11:02
1 Good design!
14. Posted by Heidi   2006年05月14日 11:03
1 Thank you!
15. Posted by Don   2006年05月14日 11:06
1 Thank you!
16. Posted by Monica   2006年05月14日 11:07
1 Great work!
17. Posted by Dennis   2006年05月14日 11:10
1 Good design!
18. Posted by Edward   2006年05月14日 14:12
1 Great work!
19. Posted by Mary   2006年05月14日 14:16
1 Well done!
20. Posted by Julie   2006年05月14日 14:19
1 Thank you!
21. Posted by Veronica   2006年05月14日 14:22
1 Thank you!
22. Posted by Sarah   2006年05月14日 14:27
1 Good design!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
RANKING
ランキングに参加中です。
ぜひクリックをお願いします。
ランキングバナーG
にほんブログ村 教育ブログへ
Profile
ワタナベ
都内某公立小学校に二人の息子を通わせる母です。1年間だけですが、イギリスの公立小学校に息子を通わせた体験あり。「同じ小学校でも国によってこんなに違うんだ」というのがブログをはじめたきっかけです。
みんなで考えれば、日本の小学校はもっともっと良くなります。目指せ!世界N0.1の小学校!!

詳細プロフィールはこちら
NPO法人キープラネットの会員です。
keypla

注目特集
●アメリカの公立小学校の現状が大変良くわかる対談サイト。日本とのあまりの違いに愕然とします。是非お読みください。
イーウーマン win-win対談
第61回 学校心理学者 アン・オレアリーさん 
「子供にとってベストな環境が提供されるように」

●フィンランドの小学校の様子がよくわかる毎日新聞の特集
「学力とは何か」全12回
★小学校の英語教育★
小学校の英語教育に関するみなさんのコメント集です。
英語コメントリンク
訪問者数