永遠にガスト宙ミラーを打つ修行を通して学んだことは、先にスリーブ玉藻を引いたものが基本勝利するという残酷な現実でしたが、
お互いに玉藻がないときは原始時代のリセをするゲームでもあるので、基本が詰まっているいいデッキと思いました。
なお玉藻があっても手札が増えるだけで、原始時代のリセなのでおススメです。
そんな原始時代のリセで強い行動はどんなデッキでも強いので、原始時代の暮らしを学んでおきましょう。


①手札を増やす
初手スリーブ玉藻の能力を言うことで、同じキャラを出しても手札消費を軽減できます。手札1枚でも十分選択肢が増えてうれしいですが、
それ以上増えだすと盤面に出せるキャラ一体分の手札の差となり玉藻ありとなしの盤面ではそもそもキャラの量が大きく変わります。
ポイント①スリーブ玉藻は引き得
該当カード スリーブ玉藻、その他玉藻

②打点差をつける
こちらはP瑛里華で殴りましたが、相手はRリシアで殴りました。
同じ3枚の手札消費で出したキャラですが、こちらは4点、相手は3点、
1点の差ですが、この打点が通る状況が続けば続くほど4点で殴ってる側がじわじわ有利になり、
3ターン続いた日には3点側がどこかでもう一回打点を通さないと追いつけなくなります。

P瑛里華がスリーブ滸だった場合どうなるでしょう。
同じ3点で殴りあうゲームかと思いきや、滸の能力が機能すると3点対2点のゲームになります。
この場合、4点対3点のゲームの時と同じく有利になりますが、打点軽減を防ぐ方法はないため、
相打ちを合わされても不利に傾きづらくなります。
特にスリーブリシアは4点パンチャーのバトルを中断すると2点得するので、すごいです。
ポイント②相手の都合に左右されずに打点を稼げるのは強い
該当カード SR瑛里華、P瑛里華、スリーブ滸、スリーブリシア、R玉藻

③オーダーステップ
同じ打点のキャラしかわかない場合、どうやって差をつけるのでしょう。
相手がR玉藻を出してきたとしましょう。こちらがそれに対し、スリーブリシアを合わせました。
こうなると、3/3の玉藻ではスリーブリシアに一方的に倒されてしまいますので、相手も不利な攻撃はできませんね。
自ターンが回ってきた場合、スリーブリシアはオーダーステップを持っているため、防御から攻撃に転じることができます。
こうなると、本来先に攻撃し始めるはずだった相手は動けず、こちらは本来受けるはずだった攻撃を防いだ上に攻撃できているので、
オーダーステップを持たないキャラを出した時よりお得です。
ポイント③移動持ちで先手後手を入れ替えよう
該当カード P瑛里華、スリーブ滸、スリーブリシア、伽耶、Rリシア

④サポート
相手目線になって、止まったR玉藻はどうすればいいでしょうか。今まではAPとDP、DMGにしか注目してこなかったですが、
このゲームにはサポートが存在しています。
なので、R玉藻の後ろにスリーブ玉藻を出してみましょう。すると、4/3のPリシアに対して、3/3の玉藻にSP2を足せば5/3となって相打ちまでいけますね。
または、相打ちせずに、スリーブ玉藻が防御する時のサポートにAFのR玉藻を使ってみましょう。
すると4/3に対して一方的に負けるはずだった1/3がSP2を足して1/5となり、うまく防御できるようになります。
サポートキャラもタダではありませんが、こういう攻め方、守り方もあります。
積極的に相打ちを狙うべきか、はたまたお互いが殴れない硬直した状況を目指すべきかはデッキや状況によって異なるため、難しいですね。
このケースでも
攻撃する場合 相打ちすればR玉藻がゴミ箱に落ちるため、スリーブ玉藻が能力を使えるようになる。
リシアが落ちていたらサポートしたのに能力で中断されてしまうかも。
防御する場合 R玉藻が残ればより能力でカードを除外できる。相手にSP2以上が出てくると突破されてしまう。
と、いろいろ考えられますね。
ポイント④意外と高いSPをうまく使えるようにしよう
該当カード スリーブ玉藻、R玉藻、Rリシア、SR滸

⑤AP/DPを上げる
今度はスリーブ玉藻ではなく、SR滸を後ろに出してみます。
能力が使えれば、R玉藻は4/4になるため、4/3のスリーブリシアに倒されなくなりました。
この状況なら、相打ちにもならずに済みますね。
これもリシアが落ちていたら中断されてしまうので、例としては悪い例なんですが、今回はスペックだけ気にしてください、すいません。
ポイント⑤お互い4/3ばっかのゲームなので、一回り大きくなればすぐ打点は通せる
該当カード プリシラ、SR滸

⑥無駄なカードを使わない
しかし⑤の状況では打点を通すために2/4/2DMG2を3ハンドで出してしまっていることには注意ですね。
さっきはDFに出しましたが例えばこのカードをAFに出してしまった場合、次のターン攻撃すると思いますが、
2/4/2のスペックでは簡単に防御されてしまいますし、DMGも2なので相手にとっては通しても問題ない打点です。
同じ手札消費でDMG4のPえりかを出されたりした日には2倍の打点で殴られるのでさんざんですね。
DFに出した場合はどうでしょう。DP4なので、4/3のアタックを止めることができますが、サポート1回で楽々突破されてしまいますね。
これだったら、無理に玉藻の列で打点を稼ごうとせずに、他の列のAFやDFに他のキャラクターを足した方が打点を稼げるかもしれません。
1列だけのゲームではないので3列うまく使っていきましょう。
ポイント⑥玉藻でめくれた普通のカード使うより、手札から強いカードを出すのもあり

⑦除外を増やす
ここまではガスト宙だけではなく、どんなデッキにも通用する内容でしたが、これはガスト宙だけの特徴ですね。
除外枚数を参照する強力なカードがあるガスト宙は、どれだけ早くカードを除外できるかもゲームを有利にする重要な要素です。
1ターンに1枚除外を稼げるようなキャラを複数体並べられれば4ターン目には目標の10枚に達成しますが、
除外用のキャラがその時強いとも限らない為、手札を見て除外もできて状況にあったキャラを展開できるようにしましょう。
ポイント⑦どんなときも極力除外は貯め続けること

⑧Rリシアを出す
今まで強い行動として紹介してきた行動の内、②と⑤、加えて⑥を実質カバーし、自分自身のスペックによって③、④を達成していますね。
除外10枚を達成さえすれば、一瞬で有利な状況を作ることができるので、あるとないとでは大違い、持たざる者は持つ者に対して、一気に不利になります。
余裕を持って動けるなら、とにかくこのカードを出せる状況を極力キープして動きましょう。
ポイント⑧Rリシアを出す
該当カード Rリシア、決起集会

⑨相手にRリシアを出させない
Rリシアを出されるときついので、場にガウか滸を出して、除去しましょう。
それまでの有利がRリシアじゃひっくりかえらないと判断したら、普通にスルーすればいいと思います。
ポイント⑨相手にRリシアを出させない
該当カード スリーブ滸、ガウ


原始時代のゲーム、いかがでしたか。

原始時代でも除外とか意外とテクいことしてたり、王族に類するキャラがいると知って驚かれたと思います。

詰めとかそういう話は原始時代的に避けておきます。

皆さんもよいティラン城ライフを!