乗車記念使用済

JR各社の切符を中心に紹介する乗り鉄のブログです。更新は不定期ですが、暇さえあれば更新していきます。よろしくお願いいたします。

JR西日本・上石見駅

 今回ご紹介するのは、JR西日本、伯備線にある上石見駅です。伯備線は、特急「やくも」や「サンライズ出雲」などが走る陰陽を結ぶ重要な路線です。しかし、ほとんどが無人駅で、主要駅を除けばローカル線に近い列車本数と利用状況です。山間や川沿いを走るので、本当に景色の綺麗な路線ですが、その線形が故、「やくも」などでは、車酔いに近い感覚に陥ることもしばしばです。私は大丈夫ですが・・・(笑)IMG_9884
 岡山方面から新見駅までは概ね1時間に1本の普通列車と「やくも」が走行していますが、新見駅から米子方面は普通列車は数時間に1本と本当に本数が減ってしまいます。当日は、備中川面駅にて常備券を購入後、時間もまだ早かったので、もう1駅くらい常備券を買いに行くことにしました。矢神駅や富原駅も新見駅から移動可能でしたが、列車のダイヤ上、上石見駅が最適だったため、上石見駅を選びました。
IMG_9885
IMG_9887
 新見駅から2両のキハ120形に乗車し、30分ほどの乗車で上石見駅に到着しました。沿線では、携帯が圏外になるなど驚きもありました。雪はほとんどありませんでしたが、美しい車窓を楽しめました。上石見駅では、数人が降車しました。この駅は、伯備線の中でも標高が一番高いことから「にちなん高原の駅」と駅舎に書かれています。また、大河ドラマにもなった「風林火山」の作者の井上靖さんのゆかりの地でもあるようです。当方、恥ずかしながら井上靖さんを存じ上げず、この駅に来て初めて調べてみた次第です。当然、作品を読んだこともありません。IMG_9886
IMG_9889
 そんな、上石見駅ですが、駅舎内にレストラン「駅」が併設されていて、そこで常備券を発売しています。当初、出札窓口が閉まっていたので、「休みかぁ〜」と諦めているところ、友人から「レストランの中で売っているよ。」と情報をいただき、写真撮影を終え、恐る恐るレストランが営業しているか確認しました。中から人の声が聞こえたので、「よかった〜やってる!」と思い、レストランの中に入りました。店の入り口には、営業日の貼ったカレンダーがあったのですが、営業日と(お知らせ!)が貼ってありました。レストランは毎日営業しているわけではなく、休みも多く「以外に訪れにくいなぁ〜」と思った次第です。(カレンダーの赤〇の所が休業日。)特に上石見駅は急きょ予定を組んだ行程だったので、下調べを綿密にしていなかったので、一歩間違えれば空振りするとこでした。ちなみにお知らせにはこう記載されていました。

(お知らせ!)H29年より食堂担当者が変わります。6年間お世話になり、有り難うございました。(〇〇)

と、記載されていました。
 今現在は、担当者が変わって営業されているのか、どうなっているのかわかりません。委託解除になったかもわかりませんので、本当にタイミングが良かったと思いました。話は戻りますが、店に入ると地元の方がすでに食事をされていて、お昼時もあって私も切符購入と食事を取らせていただきました。レストランの方は、一人で全て切り盛りされているようで、私が入店した後も何人か食事をされる方が入店され、忙しそうにされていました。そのため、今後の営業については聞けませんでした。
IMG_9890
 メニューはいたって普通の食堂メニューでした。折り返し列車まで時間はありませんでしたが、「とりあえず、おすすめをお願いします!」と言った所、おすすめの「豚の生姜焼き定食」をいただき、おなかも満たされ、無事に切符も購入できたので満足することが出来ました。
上石見1
上石見2
 さて、前置きが長くなりましたが、本題の常備券を紹介します。常備券の口座は2口座のみで(190円と410円区間)、190円の口座は私が買ったものが最後でした。切符は冊子状態からばらされて発売されており、「みみ」と言われる部分が、自然についてきました。乗ってきた列車に同様の目的の方もいらっしゃり、やはり、マニアしか切符を買わないのかぁと思いました。
IMG_9891
 店主さんと軽い会話を交わしていたら、折り返し列車がやってきました。現在も切符が販売されているのか、近々訪れて確認するつもりですが、列車本数が少なく、空振りした時の時間の過ごし方などを考えてから行こうかと思っています。列車に乗ってから、駅名標を撮影していなかったことに気づき、列車内から慌てて、1枚だけ撮影することが出来ました。駅名標の撮影も必ず行うので、上石見駅での宿題がもう一つ出来ました・・・。


【来駅日】
2016年12月19日 AM11:50頃

【収集難易度】
★★★★☆・・・列車本数が少なく、店の休日日も多いため。
(★5個が難易度高い。)

JR四国・吾桑駅

 四国旅行の2日目は、高知駅からスタートしました。最初に、佐川駅や土佐久礼駅を訪れ、入場券の購入。そして、土佐久礼駅では近くに海があり、しばらく眺め、神社が海沿いにあったのでお参りするなど、非日常生活を満喫していました。土佐久礼駅からは少し、Uターンして題名にもある吾桑駅を目指しました。吾桑駅は、土讃線の駅の一つで、趣のある駅舎が今も残されています。また、列車の交換が出来る駅でもあります。周辺は、山に囲まれた自然豊かな所で、地元の方の利用がほとんどのローカルな駅です。高知駅からは、普通列車で1時間程度の距離にあります。そんな、吾桑駅でも駅から5分くらいの所にある商店で、常備券を発売しています。つまり、簡易委託駅となっています。
IMG_9610

IMG_9614

IMG_9609
IMG_9607
 下調べでも、見つけるのに時間がかかったとの情報もあり、滞在時間はゆとりを持って行程に組み込みました。場所を文字で示すのは難しいですが、吾桑駅の駅舎を出ると向かって右手に進む道があり、そこを下っていくと川と並んで歩くようになります。そして、別の道と合流する所(確か、T字路)の左側に橋があり、そのすぐそばに常備券を売る商店があります。もう少し進むと小学校もありました。当日は、小学生が校庭で授業をしていたようで、活気ある声が遠くからでも聞こえてきました。
IMG_9611
IMG_9612
 早速、お店の中に伺おうかと思いましたが、出口に「休憩中」との文字もあり、鍵もかかっていました。しばらく缶コーヒーを片手に待っていました。(20分くらい)しかし、列車の時間が近づくにつれ焦ってきて、周辺をウロウロするも車は通りますが、人がいません。(笑)諦めかけていた所、橋近くで農作業をされているおじさんを発見!尋ねてみることにしました。
 すると・・・「うちの店だよ。切符?そうだと思ったよ。」とこちらの行動を見透かされていました。こちらも「手を止めさせて申し訳ないのですが、列車の時間も近づいているので、切符を売っていただけませんか?」とすかさず言うと、「今行くので、店の前で待っててくださいよ。」と言われ店の前に向かいました。こちらの都合にも関わらずお相手していただき、本当に良かったです。
 店に入ると「どれにしますか?日付は、拘りがある方が多いので、ご自身でお願いします。」とのこと。詳しく聞くと、過去に私のような収集者が切符を買いに来た際に日付で拘りがある注文者がいたらしく苦い思い出があるとのこと。正直、日付なんか読めればいいんじゃないの?と思いました。あくまで簡易委託で切符を売られている方は売り上げの一部が収入になるとはいえ、その額は僅かなもので、ほとんどボランティアみたいなものです。その方に、あーだ。こーだ。無理を言うのは、よろしくないのでは?と感じた瞬間でした。
吾桑1
 ある程度、めぼしをつけていた所で、販売者さんが「往復もありますけど。いりますか?」とのことで、四国に来て初めて出会えた往復券に感動しました。往復券は完全常備式でした。片道券は、口座数も多く、子供も何種類かありましたが、予算の都合で全部は購入できていません。また、全て確認したわけではありませんが、片道券の口座の発駅はゴム印による補充式だったように思います。発行駅もほとんどが補充式で、購入した一部の子供券と往復券以外はそうでした。子供券はあまり売れないようで状態が悪いものもありますが、口座数も多いので選ぶのに悩みました。一部購入した切符は、販売者の方のご厚意で「ミミ」と呼ばれる部分付きで発売していただけました。
吾桑2

吾桑3
 最近までは、90歳過ぎのおじいさんが切符販売をしていたようですが、昨年お亡くなりなったとのことで、その息子さんが代を継ぎ切符の販売も継続しているようです。お店もなるべくはいるようにはしているそうですが、農作業等出かけることもあるようで、注意が必要ですね。販売者のおじさんと話しているうちに、列車の時間が近づき、また訪問することを告げ、来た道を歩き駅に戻りました。
IMG_9613
 駅舎に着くと、来た時には気づかなかった、少し年季がっ入っていましたが、切符販売の可愛らしい案内を見つけました。言い忘れましたが、日付印は、特に拘りは無いのですが販売者の方がせっかくなのでと、自分で押させていただきました。


【来駅日】
2016年12月2日 PM13:00頃

【収集難易度】
★★☆☆☆・・・高知駅から1時間程度とやや遠いため。
(★5個が最高難易度。)

JR四国・阿波赤石駅

 今回、ご紹介するのはJR四国、牟岐線にある阿波赤石駅です。阿波赤石駅は以前は木造駅舎があり、趣のある感じだったそうですが、近年、待合室のみの簡単な駅舎に建て直されています。さて、阿波赤石駅でも、正面の自転車置き場の管理室?で常備券を発売しています。徳島駅からも30分ほどと近く、列車本数も以前紹介した大田口駅や小島駅に比べ多いので、訪れやすい駅だと思われます。しかし、常に販売者がいるわけではなく朝、夕と比較的人の流れが多い時間帯にのみいらっしゃるようで、注意が必要です。
IMG_9491

IMG_9492

IMG_9493

 私自身、四国旅行第一日目にある目的を終えた後、9時前に訪れた次第です。 阿波赤石駅周辺は、国道沿いにコンビニや郵便局があったりで自然を満喫することは出来ませんが、少し行くと海が見えるなどいい目の保養になりました。
 私自身、ある程度簡易委託駅を訪れる際は下調べをするのですが、JR四国の簡易委託駅は、情報が少なく、あっても数年前という情報が多かったので、四国旅行は収集旅行するのには難儀だなぁと、初めて下調べしていて感じたのがこの駅でした。実際、切符を購入できるかどうか行ってみないとわかりませんので、いらっしゃらなかった時の絶望感は過去に何度か味わっていますが、予定を組み替える必要があるなど趣味ながら嫌気がさします。
 当日は、駅に到着後、恐る恐る販売個所とされる管理室を覗き込むと販売者のおば様がいらっしゃり、ほっと一息でした。切符収集しにきたと告げると、「どれにしますか?往復は最近切らしてるので、片道券にハンコを押しての販売となります。子供券や特急券もありますよ。」とのこと私は「特急券なんかあるんですね。珍しいですね。」とまず特急券の購入を決め、次に金額券は常備式なのか補充式なのかわからないため、何種類か見せていただいた上で購入しました。
阿波赤石1

阿波赤石2

阿波赤石3

阿波赤石4

 この時は、予算の都合もあり、常備式の260円区間と補充式の160円区間、往復で子供券を購入した次第です。往復券は発行を管理駅に要請しているとのことで、タイミングが合えば購入できるのでしょうね。今後の課題です。私が切符を見定めているときにも何人か購入されていたので、需要はあるんだぁと感じました。販売者のおば様も切符収集家への理解がある方で、とても親切に接していただけました。そして、邪魔にならない程度に次の列車までお話をさせていただきました。牟岐駅や甲浦駅を目指すと告げると「遠いですけど、お気をつけて。またお待ちしております。」と旅の初日から本当に気分が良くなりました。私が、長期旅行に出かける際は、必ず不愉快な思いをすることがあるのですが、この四国旅行の間は、本当に人間の優しさや自然の美しさを満喫することができました。四国は、是非とも長期休暇を利用し、もう一度訪れたい地域の一つです。



【来駅日】
2016年12月1日 AM9:00頃

【収集難易度】
★★☆☆☆
(★5個が難易度高い。)

姫新線80周年記念号

 各地では、ローカル線は沿線人口の減少により衰退が著しいですが、JR西日本・岡山支社では、この手のイベント列車に大活躍?のキハ47系「ノスタルジー」車両2両編成を使用し、2016年10月10日に姫新線開業80周年を記念して、記念列車を運行すると嬉しいニュースを目にしました。JR西日本では、イベント列車が自粛傾向にありましたが、最近は観光列車をはじめ、楽しめる列車が増えてきており、JR西日本沿線のファンとしてはうれしい限りです。
 姫新線は歴史が長く、1923年(大正12年)に津山駅 - 美作追分駅間と津山駅 - 津山口駅間が開業した作備線から始まり、延伸、編入、改称をしていきながら、1936年(昭和11年)に兵庫県・姫路駅〜岡山県・津山駅間で全線開業しました。全線、非電化で、姫路駅〜上月駅間は高速化され、ある程度列車の本数もありますが、上月駅から先は本数も限れており通勤、通学が主とされているローカル線です。
姫新線80周年

 この列車、なんといっても、姫新線の80周年を記念しての臨時列車であるにもかかわらず、運転区間は、新見駅から美作江見駅までと非常に中途半端な印象を受けたことです。つまりは、神戸支社管内の姫新線には乗り入れないことです。どうせなら、姫路駅まで運転していただきたかったです。憶測ですが、岡山支社の単独企画かつ折り返しが出来る駅が岡山支社管内では美作江見駅が限界のため、このような運行形態となったと思います。
IMG_8742

 切符は、1か月前の購入で、難なく手に入れることが出来ましたが、その後席が埋まり満席となっていました。当日は、新見駅でのセレモニーもあり、新見駅では信じられないくらい盛り上がっていました。姫新線を大事にしていこうという気持ちが強く伝わりました。運行方法も面白いと感じました。時刻表上は、新見駅を出た後は、美作江見駅まで下車できないようになっていましたが、途中の中国勝山駅と津山駅で立ち寄りという形で、途中下車することが出来ました。
IMG_8765

IMG_8756

IMG_8761

 当日は、岡山に宿泊しており、接続のいいやくもで新見駅を目指しました。新見駅に着くと後を追うようにノスタルジー編成が回送で到着しました。発車まで、時間があったため出発セレモニーを見届け、写真撮影をし、定刻に新見駅を後にしました。中国勝山駅では、「ひめのもち4人づき」を初めて見学させていただき、ふるまいを受けました。結構、停車時間があったのですが、有意義に時間をつぶせました。津山駅でも同様に長時間の停車がありましたので、時間ぎりぎりまで観光をし、時間を潰しながら、美作江見駅まで向かうことが出来ました。陽気もよかったためか、お酒も進みローカル線の旅を満喫することが出来ました。


 【編成・列車番号】:9836Ⅾ
キハ47系「ノスタルジー」車両 2両(全席指定)


【ダイヤ】
往路: 新見10:57→美作江見15:20(途中、中国勝山・津山で立ち寄りのみのため下車可能)


【担当車掌区】
津山運転区


【発行箇所・端末】:山科駅
JR西日本(東海道本線):山科駅 MV31端末

JR四国・小島駅

 今回、ご紹介するのはJR四国、徳島線にある小島駅です。小島駅は、徳島線の中でも最も乗降数の少ない駅みたいですが、近くの商店で常備券を発売している簡易委託駅です。近くには国道が走っている以外、本当に長閑な所です。当日は、高知に宿泊していましたが、前回ご紹介した大田口駅に訪れる際、列車の都合上、時間をつぶす必要があり、どこに行こうか迷っていました。切符収集をしている友人に相談した所「ちょっと遠いけど、徳島線の小島駅にも常備券売ってるはずだから、行ってみたら?ひょっとしたら、委託解除になってるかもしれないけど、調査がてらどう?」と言われダイヤを調べてみると行けなくもないので、挑戦してみました。IMG_9640

 高知から阿波池田まで南風に乗車し、徳島線に乗り換え阿波池田から35分ほどで小島駅に到着しました。12月に入っていましたが、日差しが強くとても暖かい日でした。小島駅では、私一人が下車し、駅舎内を見渡すと、切符の販売個所が掲示されており、すぐに見つけることが出来ました。しかし、店のカーテンは開いているものの電気はついておらず、店先に電話番号が書いてあり、かけてみたものの繋がらず、不在かと思い半ば諦めモードでした。駅周辺をふらふらしていると一人のおばあさんが、農作業をされていたので、尋ねたところそのおばあさんが店主さんでした。(笑)
IMG_9637
IMG_9638

 切符を購入したいと伝えたところ「ちょっと待ってね。すぐ行きますから。」と言われ5分ほどお話ししながら待ちました。作業中に手を止めさせてしまったので、収穫したものを運ぶお手伝いをして、店を開けてもらいました。店先には割れてはいましたが、切符を発売している看板と運賃表が掲示されていました。
IMG_9642

IMG_9643

 おばあさんは「最近売れないから、どれだけあるか忘れちゃったなぁ・・・」と言いつつ切符が入った箱を出してきてくださり、「ゆっくり好きなだけ見てください。確か、子供とか往復はないはず。」と雑談を交えつつ選ばせていただきました。この駅で切符を購入されるのは、ファンの方が多いようで、地元の方はほとんど買わないようです。「日付印は、壊れちゃってるから、押せないのでごめんなさいね。」と言われ日付印は諦めました。
 切符は全ての口座の発駅はゴム印による補充式でした。発行駅は区間により常備式と補充式とに分かれていました。購入したのは4口座のみで、その他の口座もありましたが、予算の都合上購入していません。今思えば、金額が違うだけではありましたが全口座買えば良かったと後悔していますが、近々訪れるかもしれないのでそれまでお預けです。
小島1

小島2

小島3

小島4

 「お茶でもいれますね。お菓子もあるから食べてください。」ととても親切にしてくださり、亡き祖父母を思い出しました。店内は、簡単な雑貨とタバコが売られており、愛煙家の私はせめてもの恩返しにとタバコを購入しようとしましたが、普段吸っている銘柄が無く迷いましたが、近い商品があったためそれを購入しました。
 おばあさんは、ご高齢ではありますが、とてもお元気で売上帳をちゃんとつけておられました。しかし、「もう歳だから切符の販売は近々やめようかなって思ってます。」とおっしゃるので「こういう切符を集めているファンは残念がりますので、お体が続く限りやめないでください。」と伝えると、「なるべく頑張りますよ。また来てくださいね。」と言われ胸が熱くなりました。おばあさんのご年齢を考えると収集、訪問は早い方がいいかもしれませんね。
 この後、行程の都合上、タクシーで穴吹駅まで向かい特急に乗らないといけないので、タクシー会社をお教えいただこうとしたところ、おばあさんがわざわざ電話をしてくださり、タクシーを呼んでいただけました。本当に感謝感謝です。無事に穴吹駅から特急に乗り換え大田口駅に向かうことが出来ました。



【来駅日】
2016年12月3日 AM11:10頃

【収集難易度】
★★★☆☆・・・列車本数が少ないため。
(★5個が最高難易度。)

只今の時刻
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ