2009年09月23日
  • はてなブックマークに追加する
  • この記事をつぶやく

ホントに暫定的なもの。

boundleft、boundright、p1startx、p2startx、zoffsetの数値をそれぞれ2倍に。
Hires = 1は削除。

[StageInfo]に以下追加
localcoord = 640,480
xscale = 1
yscale = 1

各スプライトのdeltaの値を2分の1に。

他、微調整する部分あるかもしれないけど、ひとまずこれで問題なし?





慣れるまで大変だなぁ。作る意味でも遊ぶ意味でも。

  • はてなブックマークに追加する
  • この記事をつぶやく

この記事へのコメント

1. chmaster   2009年11月26日 09:38
あ、日本語が下手ですから、英語で書きました。

Very nice. Now I can use hi-res stage on 1.0.

Is there any way to use hi-res screenpack on 1.0?
2. まこと   2009年11月29日 18:30
スクリーンパックや各アドオンについては確認していません。
調べている人がいるので、そちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。
http://blog.livedoor.jp/ginga_ginga/archives/51557015.html
3. chmaster   2009年12月22日 18:50
もう分かった。I've figured out.

Hi-res screenpack with low-res(320x240) title screen and hi-res(640x480) select screen can't be used in 1.0.

Mugen 1.0 can only use 1 resolution for the whole screenpack.

コメントする

名前:
 
 

トラックバックURL

Archives
Recent Comments