ginghamstar

猫背日記

ミシンのある生活。サッカーを見る生活。

18

牛すじ肉の煮込み

朝9時前起床、曇り空だったけど、寝ている間に雨が降ったらしく、庭の物干し竿が濡れていた。
配達。コンビニで買ったパンを車の中で食べつつ帰宅。

仕事を済ませてお昼ご飯を食べる。新しいオーブンレンジで冷凍ご飯をチンしたら、まだ全然冷たくて、追加で温めた。前のオーブンレンジとは、やっぱりちょっとクセが違うのかな。

ジャスコに買い物に行って、キャットフードや歯磨き粉などを買った。知覚過敏が気になるお年頃、今回は、小林製薬の「生葉」をチョイス。字ばっかりのパッケージで、ちょっと爺さんぽい気がするが、その分「なんか効きそう」な感もある。果たして。

この間、牛すじ肉を貰ったので、今日は久しぶりに圧力鍋を使って、初めて牛すじ肉の煮込みというやつを夕飯に作ってみた。
2回下茹でをしてから、肉とこんにゃくと人参、臭み消しの青ネギと生姜のスライス、調味料などを入れて、圧力鍋で25分加熱。火を止めてピンが下がったら、蓋をとって煮詰めて汁気を飛ばす。
ネットを検索しながらの調理だったけど、肉がトロトロで柔らかくて、結構うまくできたのでは、と思う。圧力鍋は偉い。
下茹でしたお肉は半分残してあるので、今度は牛すじカレーを作ってみたい。

今この日記を書きながら、そういえば今日は、兄としか喋ってないな、と思った(よくある)。
18

「電子レンジが遠い家」

ウェブ拍手にコメントありがとうございます!

・studio clipのネコフリースブランケット、検索して見ましたよ〜。可愛いですね!肌触りもすごく良さそうで、寒くなるのが楽しみになりますねえ。本物の猫を身にまとうと、毛だらけになりますからね(笑)。クッションも可愛かったなあ...。

---------

朝4時半過ぎ起床、配達、朝食、二度寝。
今日は八百屋さんの朝市に出店の日で、7時45分にスマホのアラームをセットしておいたのだけど、7時半前あたりからふと目が覚めて、まだ寝られると思って寝て、また目が覚めて、まだ寝られる、というのを5分おきに繰り返した。これは得なのか損なのか。

滞りなく朝市を終えて、昼前に帰宅。
今日は兄が午前中に病院の予約が入っていて、それは例の骨盤にヒビが入っているやつの診察で、本人は相変わらず足が痛いと言っていたので、もしかしてなんかちょっと悪くなっていたりとか、じゃあやっぱり手術しましょう入院してくださいとか言われていたら困るなあとうっすら心配していたのだけど、私が帰ってからすぐ兄も病院から帰って来て、特に悪くはなっていなかった、こういうのは日にち薬ですから心配しなくていいですよと言われたらしく、まあ安心した。3週間後にまた診察。

昼食後、近所のジャスコで買い物をして、本屋さんでまた洋裁の本を買ってしまった。秋冬は、編み物の本の刊行が多くなるので、洋裁の新刊は貴重だから...などと心の中で言い訳をしつつ、でも近々まだ洋裁の本が出ることを私は知っている。けど買っちゃう。

夕方、兄と近所の電器屋さんに行って、オーブンレンジを買ってもらった。持ち帰って、台所の流し台に設置した。

先日壊れたオーブンレンジは、仕事場に置かれていた。これは当時、家の食事は父が作ってくれていて、父は仕事場で料理をしていたから。居間にも流し台とガスコンロは普通にあったのだけど、食後に食器を洗うときしか使っていなかった。

それが、父が亡くなってなんとなく私が食事係になったので、居間の台所で料理をすることにした。仕事場での調理は、夏は暑いし冬は寒いし、なにより私は「普通の台所で料理をする」ということに、昔からずっと憧れていたのだった(これ、飲食関係とかの自営業の子供は結構そうだと思うんだけど)。

仕事場で使っていたキッチン用品のあれこれを、居間の台所に移して、まあそれなりに快適にやっているのだけど、ただひとつ、オーブンレンジは仕事場に置いたままだった。ちょっと大きめのレンジなので、置き場所がなかったのだ。

だから台所で料理をしていて、電子レンジ使いたいなー、というときは、土間に降りて靴を履いて、ちょうど台所の反対側にある仕事場まで行かなければいけないのだった。まあ面倒だ。冷凍ご飯とか、かぼちゃとか、ちょっとチンしたいだけなのに、靴を脱いだり履いたりする。その度に、頭の中でよく劇的ビフォーアフターのピアノが鳴り響いたものだ(「電子レンジが遠い家」)。

なんとか台所でレンジの置き場所を確保できないものかと、割と常に考えていたんだけど、なかなか良い解決策がなくて、そうこうしていたら、ついにオーブンレンジが壊れた。いや待ってたわけじゃないけど。あのオーブンレンジには、今までありがとうという気持ちでいっぱいだけれども。

というわけで、流し台をちょっと片付けて、新しいオーブンレンジを設置した。悲願達成である。
嬉しいので写真も撮った。
IMG_0606

新オーブンレンジの初仕事は、「ラップでくるんだとうもろこしをチン」であった。
もう靴を履かなくてもすぐに使える。当たり前だけど、とても便利だ。
マメに手入れして、大事に使おうと思う。
16

蕎麦とドライブ

祝日。朝9時前に起床。
今日は兄が実験映画を観に愛知トリエンナーレへ行くというので、兄を駅まで車で送って行き、その足で私は配達へ。
帰って来たら、ちょうど伯母がやって来て、それからしばらくして母と母の旦那さんも来て、今日は4人でお昼にそばを食べに行くのであった。

伯母の車に乗り込んで、皆で一旦伯母の家に行った。何十年かぶりに訪れた伯母の家は、きれいにリフォームされていて、昔の面影は殆どなかった。確か、応接室になぜか直径1mくらいのでっかい時計があって、子供の頃の私はそれがなんだか怖かったのだけど、今回行ってみたら、大きな時計も応接室ももうなくて、伯母に聞いてみたら、時計のこと自体覚えていないようだった。

ちょっと休憩してから、また伯母の運転で出発。1時間ほどかけて、いなべ市の藤原岳の麓にある、お目当の蕎麦屋さんに到着。古民家というか、大きめの農家の家を改装した感じのお店で、なかなか人気のようだった。そばがきと、10割そばに天ぷらや和え物のついたそば定食を食べた。美味しかった。店員の若い女の子が、とても可愛くて愛想が良くて、はつらつと立ち働いていたのが印象的だった。

それから伯母が、せっかくだからちょっと鞍掛峠をドライブしようと言いだして、くねくね道の国道306号線を走って山を越え、県境も越え、滋賀県の多賀大社に行った。母は19歳のとき、ここに厄除けのお参りに来たことがあるらしく、随分懐かしがっていた。

伯母はあちこちに出かけるのが好きらしく、去年買い換えたこのプリウスは、走行距離が1年で3万キロ
だと嬉しそうに話していた。それもたいしたものだが、カーナビをばっちり使いこなしているのにも感心した。

再びくねくねと山を越え、無事家まで送ってもらって、4時半頃解散。お昼にちょっとそばを食べに行くだけだと思っていたけど、予想外に長いドライブになって楽しかった。

少ししてから兄を駅まで迎えに行って、少し疲れたのでちょっとうとうとして、夕飯を食べた。

夜、ツタヤのネット配信で「サウナーマン」を見た。ヨシトモに少しずつ変化が...!
16

つい月見を

ウェブ拍手にコメントありがとうございます!

・そうなんですよ〜、こっちは緊張してるし焦っているので「眞島さん、あの、もういいですから...」って感じなんですけど、眞島さん離してくれませんでしたよマジで!ツイッターでも同じ感想がいくつかあったので、やっぱりそうだったよねえと。本当に、ひとりひとりに丁寧に接してくれてたんだなあと思います。なんていい人〜...。

-----------

朝9時前起床。兄と配達に行く。マクドナルドで朝マックを食べた。朝マック、最近はずっとホットケーキセットを頼んでいたのだけど、今日は月見マフィンのセットにしてみた。
先日ヨーロッパ企画のお芝居を観に行った帰り、名古屋駅の地下のマクドナルドで月見バーガーを食べたのだけど、それがなんだか美味しかったのだ。電車の時間が気になっていて、結構慌てて食べたのに。それがあったので、今日もつい月見を。

帰りにブックオフに寄って、昨日買い忘れていたオダギリジョーのセーターブックをやっぱり買って、ついでにオフハウスにもちょっと寄って、帰って来たら注文の電話がかかって来たので、すぐまた配達に出た。帰り道、上りの国道がやたらと混んでいた。連休だからだろうか。

やれやれと帰って、洋裁をする。昨日縫ったTシャツの、2枚目を縫おうと思っていたのだけど、急に気が変わってパンツを縫うことにした。裁断から始めて、縫ってはちょい休み、縫ってはツイッターを覗きなどしつつも、結構サクサクと進めることができた。

夕方から兄が出かけて、夕飯はひとりなので、チャーハンを作ることにして、冷凍ごはんを解凍しようとしたら、電子レンジがうんともすんとも言わない。どうもついに壊れてしまったらしい。14年前のだからなあ。とりあえずチャーハンは諦めて、戸棚の奥にあったカップラーメンを食べた。

夜、「いだてん」を見て、パンツの続きを縫って、無事完成した。なかなかいい感じだと思う。お手本はファスナーなしのゴムパンツだったのだけど、ファスナーを付けたので、脱ぎ着しやすくなって達成感がある。
14

今度はちゃんと牛乳を買う

ウェブ拍手にコメントありがとうございます!

・いちじくは、ねっとりと甘くて、全然酸っぱくないですよ。一度食べてみてほしいなあ〜。しいたけは、あのくにゅっとした食感と、あと香りも苦手なんですよね...。

・お役に立ててよかったです!本も30%オフとはありがたいですね〜。もう秋コートですか、いいですねー!

---------

朝4時半過ぎ起床、配達、朝食。久しぶりにシリアルにした。この間業務スーパーで買った牛乳を開けたら、やたらと色が薄くて、あ、これ全然牛乳じゃなかったなと思った。確かにこれは、牛乳ではないのだ。ちゃんと「乳飲料」と書いてある。でも、普通の牛乳のような見た目だったので、「なんだかんだで、牛乳に近いんでしょ〜?」と勝手に判断していたのだ。
仕方なく、その水っぽい牛乳のような乳飲料をかけてシリアルを食べた。まあ別に、ものすごくまずいというわけではなかったけど、でもやっぱりなんか残念な感じだったので、今度はちゃんと牛乳を買おう、と心に誓った。

二度寝の後、起きて配達に行き、帰ってから玉子焼きを焼いた。本来は土曜日は仕事はしないのだけど、もしかしたら焼くかも、と兄に前もって言われていたので、仕事があるのはありがたいことですなくらいの気持ちで臨んだ。

お昼を食べて、午後は久しぶりに洋裁。
昨日買った洋裁本に載っていたTシャツを縫った。型紙を写すところから始めて、2時間半くらいで完成はしたのだけど、VネックのVの部分があまりうまく縫えなかった。Vネック縫うの苦手...。
全体の形や着心地は気に入ったので、別の布で今度は丸首にアレンジして縫おうかなと思っている。

先日もらったしいたけをまだ消費しきれていないのに、今日また一袋もらってしまった。しいたけ地獄である。軸を外して、フライパンで両面焼いて、ガーリックパウダーを振ってマヨネーズを絡めたやつを夕飯に作って食べた。しかしやはり2枚食べるのは厳しい。今度は肉詰めにしてみようかなと思っている。

夜、車に給油するついでに、ブックオフに寄ってみたが、特に何も買わずに帰った。
そういえばオダギリジョーのセーターブック(2000年発行)が200円で売られていて、ちょっと「おっ」と思ったのだが、帰る時には忘れていた。若かったな、オダギリジョー。

帰って「サギデカ」を見る。森安刑事の出番が少なめなのが寂しいけど、ドラマは面白い。親子で詐欺をしていた娘役の子が、なかなか印象的だった。あと、ベンチャーの社長で怪しくない人はいない!
13

おすしの日

4時半過ぎ起床、配達、朝食(貰い物のいちじく)、二度寝。
9時半頃起きて、仕事。金曜日は、いつもより少し量が多い。

仕事が終わって、お昼ご飯。貰い物の栗おこわ、貰い物の煮豆、余り物の酢の物、切っただけのベーコンなど。
お昼ご飯は、直前まで仕事をしているので、何か作るとしてもせいぜい簡単な炒め物とかしかできない(やらない)。なので貰い物とか加工品の存在はありがたいし、1品でも作り置きがあると、作っておいた自分、グッジョブと思う。

昼食後は、結構がっつり寝てしまった。

夕方、よろよろと起きて配達に行き、帰ってパック詰めをして、夕食はお寿司とマグロの刺身。
毎週金曜日は、近所のお寿司屋さんのお寿司を2人分取ることになっている。ゼータクとかそういうのではなくて、昔からそういう習慣というか、取り決めというか、そういう感じになっているのだった。とはいえ週に一度、夕飯の献立を考えなくても良いのは確かに楽だ。
刺身は、兄が食べたくて市場で自分で買って来たもの。おいしかった。

夜、ちょっと外でコーヒーが飲みたいと兄が言うので、近所のジャスコのスタバへ行く。
私は本屋さんでうっかり洋裁本の新刊を買って、後からスタバへ行って、チャイティーラテを頼んだ。コーヒーが飲めないので、スタバでは「そんなのあるの?」みたいな飲み物をよく注文する。ほうじ茶ラテとか。

そういえば今日は1日、自分の部屋のクーラーをつけなかった。
ずっとこんな感じならいいんだけどなあ。
12

賽の河原のしいたけ

ウェブ拍手にコメントありがとうございました!

・鶏レバーの甘辛煮、以前はちょいちょい作ってましたねー。でも自分で作ると市販品みたいに照り照りにならないんですよね...。市販品のあのつやつやは何なんでしょう、片栗粉とか使ってるのかしらん?

-------------

朝4時半過ぎ起床。配達、二度寝、7時半過ぎまた起きて、八百屋さんの朝市に出店。
ここしばらく、朝から猛烈に暑かったけど、今朝は久しぶりに涼しかった。
今日は暇な日だった。
途中で八百屋さんのお父さんが市場から野菜を大量に仕入れて帰って来たので、皆で荷下ろしをして、暇だったので私も少し手伝った。暇な時はもういっそ八百屋さんでバイトしたい。

八百屋さんが、売り物だけどやや熟れすぎたいちじくをくれたので、隣の貝屋さん(アサリやしじみや海産物などを売っている)と1個ずつ食べた。私より3つほど年下の貝屋さんは、いちじくを生まれて初めて食べたと言っていて、ちょっとびっくりした。

昼前に帰って、お昼ご飯を食べて、午後から仕事をした。朝は涼しかったけど、仕事をすればそれなりに暑くて汗もかく。

仕事が終わって、少し昼寝して、近所のジャスコに買い物に行った。今日発売の+act.(プラスアクト)という雑誌に眞島さんの記事が載るというので本屋さんに行ったのだが、置いてないようだった。前は売ってたのに。その足で他の本屋さんにも行くかと思ったが、夕飯の支度があるのでグッとこらえた。大人になったじゃないか自分、と思った。

夕飯は、ナスとささみの揚げ浸し、しいたけのツナマヨ詰め、きゅうりとわかめの酢の物。
私はしいたけが、特に肉厚でデカイやつをそのまま煮たやつが苦手なのだけど、最近その肉厚ででっかいしいたけを貰うことがちょいちょいあって、あの煮物以外に私でも食べられそうなものはないかといろいろ調べた結果、しいたけの軸を細かく刻んでツナと混ぜてマヨネーズで和えたものを、逆さまにしたしいたけに詰めて粉チーズをふって、オーブントースターで10分くらい焼く、という調理法に落ち着いた。これなら私でもギリ食べられる。2個はちょっとツライけど1個ならいける。

そんな風になんとかがんばってしいたけを全部消費する頃、また新たにしいたけ1袋を貰ってしまうのだ。賽の河原のようだ。

夜、昨日借りたDVD「架空OL日記」を見た。バカリズムが、スカートを履いているだけで、あとは喋り方も仕草も別に女の子風に振舞ってないのに、銀行のOLとして全く普通に馴染んでいて可笑しい。
12

レバニラ炒めは鶏でいく

朝9時起床。
昔から割と首を寝違えしやすい方で、「これは寝床が硬いからでは?」と思って厚めのベッドパッドを1枚重ねることにした。それからというもの寝違えしなくなったので、柔らかい寝床サイコー!となったのだが、今度は長時間寝ると、起きた時に背中や腰がガチガチに凝っている。「これはやっぱり寝床が柔らかいからでは?」と思って昨日、寝る時にベッドパッドを外して久しぶりに硬めのマットで寝たのだが、今朝起きたらやっぱりガチガチだった。ザ・徒労。

今朝は珍しく配達がなかったので、買い置きしてあったピザを焼いて、バサバサと新聞を広げて読みながら、兄と半分ずつ食べた。

仕事をして、お昼を食べて、午後から四日市へ買い物に出た。車を運転しているうちに、雷が鳴り始めて、ショッピングセンターの立体駐車場に入る頃、雨も降り始めた。
ユザワヤでミシン糸やファスナーなどを買い、本屋さんで昨日買えなかった漫画を買い、ツタヤに寄ってDVDを返してまた借りて、最後は近所のジャスコで夕飯の買い物をして帰った。

夕飯は、久しぶりにレバニラ炒めを作ってみた。ただし、豚のレバーはどうしても苦手なので、鶏にした。兄は「おいしかったけど、やっぱり鶏だとレバニラ感は低いよね」と苦笑していたが、私としてはこれが精一杯なので、そして貧血対策として鶏レバーはもっと摂取するべきなので、今後もレバニラ炒めは鶏でいくのでよろしくと宣言しておいた。
11

9月10日の日記

二度寝ののち、9時頃起床。
配達のついでに、今日は近所のお寿司屋さんの奥さんを、業務スーパーに連れて行く。父の代からの長いお付き合いで、奥さんは免許を返納して車も処分したので(旦那さんは元々車の免許持ってない)、買い出しに行きたい時、たまーに頼まれて運転係をする。
奥さんが店内で買い物をする間、私もついでなので牛乳などを買った。

帰宅してお昼を食べて、兄が車で名古屋に行くというので、私も便乗して大塚屋まで乗せてもらった。久しぶりの大塚屋。確か7、8月は全然行ってないはず...。しかし、縫いたい服も欲しい布も、これというのが思いつかない。そろそろ秋物の用意をしたいけど、実際はまだまだ暑くて、あまり具体的には考えられないのだ。布はこんなに売っているのに!まあ、無理して買うこともないのだけど、と思いつつも結局無地の綿麻を買った。

帰り道、いつもの近所のジャスコではない、別のジャスコに寄った。
今日発売の漫画で欲しいのがあったので、本屋さんに入った。その漫画というのは所謂BでLなやつで、その本屋さんではそういう漫画は、お店の一番奥にコーナーがあって、行ってみると、小学5年生くらいの女の子がそのコーナーの漫画を熱心に立ち読みしていた。お、おう、と思ったのだが、あまりに堂々としたその立ち読みっぷりから、もしかして私なぞよりもずっとキャリアある姐さんなのかも、とも思った。欲しかった新刊は、結局売ってなかった。

家に帰って夕飯を食べて、夜はサッカーの試合を見た。W杯アジア2次予選、ミャンマー×日本戦。できれば3点目を見たかったけど、中島選手の1点目、いいもの見た感があった。
10

しんじつをうつすかがみ

ウェブ拍手へのコメント、メッセージありがとうございます!

・握手会の報告、楽しんでいただけましたでしょうか(笑)。本当、あっという間だったんですけど、いろいろ反芻してはときめいておりますよ。眞島さん素敵でした!

・これを読んでいる方が、いつか誰かの握手会に行こうとなった時に、「握手会とはこんなものなのか」と事前の参考になればとの思いで書きました。なんちゃって(笑)。

・でも横から眞島さんの「お願いします」が聞こえた時は、「美容院かな?」って一瞬思いました。えらいイケメンでイケボの美容師さんだ(笑)。妄想楽しんでいただけたようでなによりです!

---------

朝4時半過ぎ起床。もう暑い。配達、あまり食欲を感じなかったので朝食はとらず、二度寝。この私が食欲がないとは珍しいが、体調は別に悪くはない。
起きたらさらに暑く、また異様に天気が良い。
テレビでは関東地方の台風のニュースで大騒ぎだ。特に停電は本当に気の毒だなあと思う。

仕事を終えて、温度計を見たら43℃だった。
お昼を食べて、近所の100均でちょこちょこと買い物をして、下の階にある「あかのれん」という、中部地方版しまむらみたいなお店に寄ってみた。
ぶらぶらと見て回って、ふと鏡を見たら、物凄く老けた自分の姿が映っていた。ひどい。いろいろひどいが、特に髪が。この間染めたと思っていたのに、白髪がもう目立つ。私、こんなんで昨日眞島さんの握手会に行ったのか、と愕然とした。

久しぶりに来たのですっかり忘れていたが、そういえばここの鏡は、照明のせいなのかなんなのか、やたらとくっきりはっきり映るやつが1枚あるのだ。前に来た時も、うっかりその鏡に映った自分を見てしまい、がびーんとなったのだった。思い出した。

認めたくないけど、あれはきっと、真実を写している鏡なんだろう。
辛いので、帰って少し寝た。

夕方、パック詰をして、夕飯の前に、近所のお寺へ墓参りに行った。
諸事情で離れて暮らす母が、先週から行け行けとせっついてきていたのだ。
日暮れの直前で、かなり薄暗かったが、まあ特に怖いとも思わず、お墓の花を新しいのに取り替えて、さっとお参りしてさっと帰った。一緒に行った兄が「今度は夜中に来てみようか」と冗談で提案してきた。墓泥棒と間違われそうだ。

夜、録画しておいたNHKのドラマ「サギデカ」の2話目を見た。眞島さん演じる森安刑事は、優秀で堅物というキャラクターなのだけど、主人公の女刑事・今宮と昔、少しだけ付き合っていたこともある、という関係性もあるからか、多少くだけた口調になるところがあって、そこにグッと来る。
刑事ものなので、決して明るい話ではないのだけど、なんとなく柔らかい部分もあって、なかなか面白いドラマだと思う。あと、木村文乃さんの前髪本当かわいい。
8

握手会に行ってきました

朝7時起床。身支度を整えて、桑名の商店街の朝市へ。
異様に天気が良くて、まだ8時だというのに、温度も湿度も既に高い。

ばたばたうちわで扇ぎながら玉子焼きを売り、9時半ごろ、配達を済ませた兄が来たので、店をちょこっとだけ閉めて、兄に車で桑名駅まで送ってもらい、名古屋へ行く。今日は、眞島さんの握手会(+チェキ撮影会)なのだ。

私を送って行った後、兄は商店街に戻って玉子焼きを売ることになっている。こういう時の兄は、ものすごく協力してくれる。それはもう、そこまでしてもらわなくとも、とこちらが思ってしまうほど。本当にありがたい。

そういえば、桑名の駅から名古屋に行くのって初めてだなと思いながらホームに着くと、ちょうど出るところだった急行に乗れた。

電車の中でツイッターをチェックして、昨日の渋谷での握手会に参加した方のツイートを読んでいると、否が応でも気持ちが高まる。とりあえず、もらったチェキをパタパタしてはいかんのだな、と肝に銘じる(色ムラの恐れがあるそうです)。

10時頃名古屋駅に着いた。会場は近鉄パッセの星野書店。エレベーターで8階に行くと、既に大勢のお客さんがいた。98%女性だと思う。お店の隅に衝立で囲まれているコーナーがあって、この中で握手会らしい。11時スタートだが、整理番号140番までの人は、階段に並んでくださいとお店の人が誘導していて、私は150番台だったので、本屋さんの中や他のフロアをウロウロした。どうにも落ち着かない。私ついさっきまで、商店街のアーケードで玉子焼き売ってたんだけどなあ。

やがて11時になって、170番台の方は〜となったので、衝立の隣、店の裏手の階段に向かう。ぞろぞろと階段を降りて並び、途中で折り返して今度は少しずつ上っていく。チケットと免許証をお店の人に見せて(本人確認)、プレゼント箱に手紙を入れ(書きましたよ、ファンレター!)、階段を上りきったところで鞄をお店の人に預けてチケットを渡して、ふと頭をあげると、何人かの向こうに、紺色のラフなジャケットを着た、笑顔の眞島さんが見えた。本物...!

あっという間に自分の番がきた。
まず私が椅子に座って、すると眞島さんが私の右隣に屈んでくれて(耳元で眞島さんの「お願いします」のささやき付きである。勿論イケボである...!)、チェキでツーショット撮影。椅子の隣にテーブルがあって、テーブルを挟んで眞島さんと握手。両手でしっかり握手してくれた気がする。それで私もつい、左手をさらに添えてしまった気がする。握手しながら、まあ凡庸ですけど「舞台、楽しみにしてます」と言ったら、それまで笑顔だったのが真面目な表情で「頑張ります」と答えてくれて、なんだろう、私その後何か言った気がするんだけど、「頑張ってください」だったか「ありがとうございます」だったか、今となっては本当に記憶がない。そんなことあるんだね。

後ろに立っていたスタッフの人に肩を押されて、おお、これがハガシというやつですな、と思いながらその場を離れて、お店の人から写真集2冊とさきほどのチェキを渡されて、鞄を返されて、衝立の外に誘導されて、終了。11時半位だったかな。あっという間だったなあ。あっという間でしたよ。

眞島さんは、清涼感が半端なかった。こっちは暑さと緊張で汗だくだったけど、眞島さんはサラッとしていて、あのほら、美人が来ると部屋の温度が下がるとか言うじゃない。まさにああいう感じで、眞島さんの周りだけ空気が爽やかというか。あと気さくで、誠実なお人柄が偲ばれたのだった。

私は割と自意識がめんどくさい人間なので、大好きなミュージシャンのライブでも、入り待ちとか出待ちとかサインをもらったりとか、そういうのは昔から恥ずかしくてとても苦手で、だから今回の握手会も最初は「ツーショット撮影とか絶対無理だ!」と思ったんだけど、でもまあ私も歳をとった分、多少は屈託がなくなり、こんな機会はそうそうないだろうからと、思い切って参加してみて、チェキの時横向いて眞島さんの顔を間近で見りゃ良かったなとか、もっと気の利いたこと言えたかなとか、私前髪切り過ぎだなとか、思うことはままあれど、行って良かったなー、楽しかったなーと心から思う。

エスカレーターで下まで降りて、喫茶店でアイスピーチティーを飲んで休憩して、特に他に予定もなかったので、電車に乗って帰宅。少し前に帰った兄に、最寄りの駅まで車で迎えに来てもらった。朝市は結局、持って行った分はほとんど完売したらしい。よかったよかった。

兄は朝市で買った弁当を、私はコンビニで買ったラーメンサラダを食べて、さすがに疲れたので昼寝をして、夕方ジャスコで買い物をして、今日は兄が夜、バンドの練習に行くので夕飯を少し早めにと頼まれていて、夕飯を作っていたのだけど、ふたりともお腹が空いてないので(昼食が遅めだったし、午後は寝ていただけだし)、やっぱり帰ってから食べようということになり、しかし思っていたより兄の帰りが遅かったので、作ろうと思っていた生姜焼きはやめにして、サラダなどを適当に食べた。

眞島さんの、ひんやりと柔らかい手の感触が、まだ右手に残っている。

589603115.565947
8

写真集が届く

今日は、八百屋さんの倉庫で朝市の日。
前回は私が病院の日でお休みさせてもらったので、久しぶりの出店になる。

空いた時間に八百屋さんの若奥さんが、「顔写真を、老け顔に加工してくれるアプリがあるんだよ」と、嬉しそうに見せてくれた。嫌なアプリだ。しかし話の流れで、私の顔の写真をその場で撮って、加工して見せてもらうハメになってしまった。何段階かあって、最も高齢の顔は、正直言って「お婆さんって皆こんな感じじゃ...」という出来だったが、それよりも、今より若返った加工の方が、「私、やっぱり老けたわね...」となって、より心に刺さった。

とはいえ、人って、年をとると大抵、見た目がおじいちゃんかおばあちゃんかわからなくなるよな、と思う。

昼前に家に帰って、昼ごはんを食べていたら、お届けの品をご指定のコンビニに届けましたよ、というメールが届いた。中身は、ネットで予約した、眞島さんの写真集(直筆サイン入り)である。今日は午前中は朝市があったので、コンビニ受け取りにしておいたのだ。
が、いそいそとコンビニに出かけたら、間違えて別のコンビニに納めてしまったらしいです、と店員さんに申し訳なさそうに言われてしまった。なんと...。夜になったらまた取りに来てくださいということになって、すごすごと帰る。
明日の握手会は大丈夫だろうか。出鼻をくじかれた感が凄い。

細々とした用事を済ませて、明日の朝市(出るのだ...)の用意も済ませて、夕飯を作って食べて、後片付けをしてから再びコンビニへ。今度はちゃんと届いていて、無事受け取ることができた。

写真集は、とても良かった。眞島さん主演の映画を3本分観たような気分になるので、気になる人は買った方がいいと思った。巻末のロングインタビューも読み応えがあった。

明日の握手会は、大丈夫だろうか。(二度言う)
7

あざと可愛い勝新

ウェブ拍手にコメントありがとうございます!

・ご心配いただきありがとうございます。朝の配達の頃には雨は小降りになってたんですけど、車のラジオで「うちは四日市で、床下浸水しました」というメールの投稿を聞いてびっくりしました。うちは山からも川からも離れているので、土砂崩れとか浸水の心配はあんまりないですね。ただし海は近いですけど...。

(うっかりしてしまうことが多いので、まず最初に持ってくることにしました)

-----------

朝、二度寝して起きたら久しぶりによく晴れていたので、おりゃーと洗濯をして干した。そんなつもりはなかったのだけど、予想以上に洗濯物が溜まっていた。

仕事を終えてお昼を食べて、それから洋裁の続きというか仕上げ。袖口を縫って裾上げをして、ボタンを付けて完成。とても気に入ったワンピースが縫えた。

6月の下旬に作った梅シロップが、全部なくなった。私もたまには氷水で割って飲んでいたけど、大部分は兄が炭酸割りで飲んだ。また来年作ろう。
庭に梅の木があって、何も世話をしてないのに勝手に毎年ちゃんと実がなって、それで梅シロップを作ったこともあったのだけど、2年前に庭の大掃除をしたとき、ついでで梅の木を切り過ぎてしまって、ただの棒みたいな感じになってしまった。あれからまた少しずつ枝が伸びて葉もついてきたけど、実はまだまだなりそうにない。いつかまた実がなったら、それで梅シロップを作りたい。

夜、DVDで「続・兵隊やくざ」を観た。大宮一等兵(勝新)と有田上等兵(田村高廣)がますます仲良しだ。でも、映画の中でもそういう話はあったけど、やくざの大宮とインテリの有田は、本来ならば全く住む世界の違う二人で、軍隊という特殊な環境でたまたま出会って意気投合して、お互いのことが大好きだけど、でももしも無事に日本に帰って除隊したら、二人はきっとまたそれぞれの世界に戻ってしまうのだろう。だからこのシリーズは戦争中のまま、ずっと続いて行くのだなあ...と思った。

あと、前作の勝新は、いつも親指を口に咥えて寝ていたのだけど、今回はそういうシーンはなかった。あれ、あざと可愛くて良かったんだけどなあ。

----------

(スマホ用の個別記事のページにも、メッセージフォームを設置しました。この日記の下にあります。良かったらお気軽にどうぞ)
5

大雨の報告

(ちょこちょこ日記を休んでてすみません)

昨日はヨーロッパ企画の舞台を観に、夕方から電車で名古屋へ出かけた。
会場の名古屋市東文化小劇場で、友達のNちゃんと待ち合わせて、一緒に観た。

先月の頭に栗東市でのプレビュー公演を観ていて、今回のお芝居「ギョエー! 旧校舎の77不思議」は、びっくり要素が多いので、一度見てしまうと2回目はどうかなーと思っていたのだけど、2回目もばっちり面白かった。

公演が終わって外に出たら、雨はそれほど降ってないものの、雷がすごくて空がピカピカしていて、兄からは「名鉄の一部が止まっているらしい」とLINEが入っていた。いつの間にそんなことに。天気アプリを見てみたら、特に四日市一帯が豪雨らしい。

豪雨に向かって帰ることになるね、無事に帰れるかなあと言いながら、名古屋駅のマクドナルドで月見バーガーのセットを食べて、近鉄に乗ったら、大雨で速度規制のため、スピードを落として運転しております、みたいなアナウンスが流れた。名古屋駅を出てしばらくは、窓の外を見てもそんなに雨が降っている感じはしなかったのだけど、桑名駅のあたりから強く降り出して、また雷のゴロゴロピカピカも始まった。結局私が降りる駅には、15分位遅れて着いた。駅には兄が車で迎えに来てくれていた。

帰りは遅くなったけど、それほど雨には降られなくてよかったなあ、と思いつつ就寝。が、夜中の2時半頃、激しい雨と雷の音で目が覚めた。さっきの豪雨で終わりじゃなかったんだ〜。こうなるといよいよ停電が心配になってくる。それと、朝の配達の時間になってもこの天気だったらどうしよう。ああそれにしても雷雨がうるさいし、怖い。などと考え始めたらあまり眠れなくなってしまった。1時間くらい寝床でうだうだしていたような気がする。

いつの間にか寝ていて4時半過ぎに起きたら、雨足はかなりおさまっていて、いつも通り配達に行くことができた。さっきあんまり眠れなかったから、がっつり二度寝するぞーと思っていたのだが、朝ごはんを食べていたらまたどこからともなく「ムー、ムー」と音がして、また兄がスマホを持って行くのを忘れたことに気付いてしまった。仕方がないのでまた公設市場に届けに行ったのだが、大雨の影響か、行きも帰りも道が混んでいていつもの倍は時間がかかってしまった。家に着いたらばったり寝た。

その後仕事をしながらテレビのニュースを見ていたら、今回の大雨で床上浸水した地域もあるし、亡くなった方もいる。私は帰りが遅くなったり少々寝不足になった程度で済んだけど(結局停電もなかったし)、大変だったんだなあ...。

仕事を終えて、お昼を食べて、少し寝て、久しぶりにミシンを踏んだ。ようやく縫いたいものを思いついて、おととい型紙を写して昨日裁断して、今日はごんごん縫った。エンジンかかった感がある。
3

通院終了

昨日は、病院に行く日だった。

いつも通り採血をして、久しぶりにレントゲンも撮った。
去年の夏に検査入院して心臓に溜まっていた水を抜いて、1年かけて少しずつ薬の量を減らしていって、この1ヶ月はついにメインのステロイド剤なしで過ごした。体調に変化は特になくて、相変わらず普通に元気なんだけど、自覚症状が全然ないのもある意味こわい。自分で気がつかないうちに、体の内部は悪くなっているかもしれないから。果たしてどうなんだろう、数値とか悪くなってたら嫌だなー、と思いながら呼ばれるのを待った。

結果、特に大きな問題はなかったのだけど、血液検査でひとつちょっと数値が高いのがあって、なのでもしかしたら再発することもあるかもしれないとのこと。
でも今のところ体調が悪いわけではないから、とりあえず私のかかりつけ医に紹介の手紙を送るので、今度からそちらで検診を受けてください。それで具合が悪くなったら紹介状を書いてもらって、すぐまたこちらに来てください、ということになった。

というわけで、約1年間の通院生活が終了した。
薬の方も、最後に1種類だけひと月分出してもらって、それがなくなれば終わりとなる。
(まあ、この薬がなくなる頃に、一度かかりつけ医の方に診てもらってくださいと言われているのだが)

どうも完治したわけではないようだけど、だからこの先はどうなるかわからないけど、ずーっと飲み続けなければならないのかと思っていた薬もなくなったし、とりあえずは良かったのかなと思う。

しかし結局、最初から最後まで痛いとか辛いとかは全然なくて、ただただお医者さんの言うことを聞いて病院に通ったり、毎日薬を飲んだりしていたのはなんだったんだろうなあ、という気もする。

今ふっと思ったけど、これって私が幸せな患者だったということだろうか。
まあ、先のことは本当わからないけど。




livedoor プロフィール

wee

1971年6月生まれ。趣味は洋裁とサッカー観戦など。サッカーのユニフォームはピチピチよりもゆるゆる派です。機転の利く人に憧れます。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ウェブ拍手

「とりあえず読んだら押しとく」
という習慣を身につけておくと
何かいい事があるかもよ(ないかもよ)


ウェブ拍手って何?

メッセージ

名前
メール
本文
月ごとインデックス
  • ライブドアブログ