ginghamstar

猫背日記

ミシンのある生活。サッカーを見る生活。

1

今度はロコモコ丼

朝4時半過ぎ起床、配達。帰って朝食、は、そういえばパンとかもうないんだった、どうしよう、と考えつつもコンビニなどに寄り道することなく、まっすぐ帰って来てしまった。
そんなにお腹は空いてないし、今日は朝市に行くのでのんびり食べてる時間はあんまりないしで、この間気まぐれに買った森永ミルクキャラメルドリンクが冷蔵庫にあったのでそれを飲んだ。
なにせミルクキャラメルのドリンクなのだから、べっとべとでギットギトな甘々を期待していたのだけど、案外あっさりさらっとした飲み口で、甘い飲み物好きにとってはやや物足りなかった。

二度寝して7時に起きて、鈴鹿の白子朝市へ。
久しぶりに晴天に恵まれたのだけど、売れ行きはあまり芳しくなかった。残念デー。

11時頃、撤収。その足で母の家に行く。近所に母たちの知り合いがやっているステーキハウスがあり、そこでランチを食べようと誘われていたのだ。
「シェフのおすすめランチ」的なやつを頼んで、立派なステーキ定食をがっつり食べた。とても美味しかったのだけど、今度はロコモコ丼を食べてみたい。ランチっぽく。

お腹いっぱいになって解散。やっぱり鈴鹿は遠いなー、と思いながら帰る。

あれこれ荷物を片付けて、汗だくだったのでシャワーを浴びた。
ここで寝てはいかんぞと自分に言い聞かせて、洋裁を始めた。
頼まれものの着物のリメイクがあって、期限はないけど頼まれたのは6月の末で、依頼した人から軽く「そろそろ...」な圧を感じるようになったので、今日はパターンを切り取って裁断、芯貼り、それから少し縫った。明日もがんばろう。
30

頼むぞハセヒロ

7月29日(水)

今日は近所の四九の市の日。
29日なのでいつもよりお店が多くてにぎわう。先月から、ギターの弾き語りライブをやる人も登場した朝市である。
うちの隣には洋服や雑貨を売るお店が出て、先月そこのお兄さんが、私が洋裁をするのを知ったので、今日は布がぎっちり詰まった大きな段ボール箱2箱を持ってきてくれた。うひょうひょ言いながら夢の箱を掘って、何枚か買わせてもらった。

IMG_1826
一番上のドット柄は多分綿サテンで、他は全部ウール。

町の洋装店とか、紳士服のオーダーのお店に置かれていたような、インポートものの布である。古い値札がついていて、3万とか5万とか、どえーと思うような値段が書かれているけど、巡り巡って、たま〜にこういう「なんで?」というシチュエーションで、ものすごく安くゲットできることがある。ちなみに今回は1枚500円で売ってくれた。安! しかしそもそも元のお値段の3万とか5万とかも、本当にこの価格でやり取りされてたのかなあと思う。謎だ。

お昼前に撤収して、帰ってすぐに仕事。お昼を食べて、少ししてから兄のリクエストで久しぶりにブックオフに行ってみたが、特に何も買わずに帰る。

昼食が遅めだったので、夕方になってもあまり空腹を感じず、夕飯の献立が何も思いつかない。どうしよう、と兄に言ったら、じゃあ今日はココイチでカレーを食べようということになった。兄は2辛を、私は2甘を頼み、カレーの色が全く違うので面白かった。


7月30日(木)

昨日、天気は微妙だったけど自分の部屋のベッドパッドを洗濯して干した。そうしたら朝、ポツポツと雨が降っているではないですか。曇りで済むと思っていたのに。うそーん。

実は最近、虫刺されに悩まされている。お恥ずかしい話だけど、多分ダニ。ものすごく痒いし、その痒みは数日続く。主に足が狙われていて、もう10箇所以上やられている。かゆみ止めのパッチだらけである。

そんなわけなので、さすがの私も部屋の掃除と洗濯をマメにやるようになったが、今のところ効果が表れている感じはあまりしない。ただ、部屋が片付いているのでそれは嬉しい。このままキープしたい(多分無理)。
そして今日はジャスコの薬局で、フルコートFを買った。ステロイド入りの軟膏で、虫刺されにも効くらしい。思っていたよりも高かったので少々たじろいだが、背に腹はかえられない。水色の外箱に、長谷川博己の写真のポップが貼られていて、頼むぞハセヒロ、と思いながら買った。

夜、脱衣所に置いてある珪藻土のバスマットがいい加減汚れていたので、紙ヤスリで表面をジャカジャカとヤスった。完全にきれいになったとは言えないけど、今日はまあこの辺で、と見切りをつけて、大汗かいたのでついでにお風呂に入った。

そういえば、ドライヤーのフィルターもこの間ようやく掃除した。それで風呂上がり、洗った髪を乾かそうとスイッチを入れたら、音が明らかに違うのでおどろいた。あー、確かに買ったばかりの頃は、こういう高めの音だった気がする...。あと、乾かす時間も短縮できた気がする。
やっぱりマメに手入れしないといけないんだなあ、と肝に命じた。
29

時間泥棒がやってくる

午前中から近所のかかりつけ医に行って、健康診断をやってもらった。
実は昨日、その医院から「県の医師会から連絡があって、新型コロナの感染が増えてきたので、今年の市の特定健診は中止になるんですよ。今のうちならまだやってるので、なるべく早く来てください」と電話がかかってきたのだった。

もちろん健診には行く気まんまんだったから、よしそれならすぐ行こう、明日は朝市もないから明日行こう、というわけで兄妹揃って行ってみたら、なかなかの混雑ぶりだった。受付の人も看護師さんも、かつて見た事がないくらいのスピードでくるくると立ち働いており、大変だなーと思いながら待った。

私は市のがん検診のクーポン券も持って行っていたので、ついでにレントゲンもやってもらったりして、まあいろいろと時間がかかり、結局2時間くらいかかって、午前の部、ほぼ最終の客(?)となった。
ちなみに、やっぱり今回も採血に失敗して、2回針を刺してもらった。

1時頃、ようやく家に帰ってお昼を食べたら、なんだか眠くなってしまったので少し寝た。
3時にまた起きて、兄に「寝ちゃったよ」と言ったら「医者疲れだな」と返ってきた。なるほど。

玉子焼き用のだしを作る仕事をして、それから明日の朝市用のサンドイッチを作って、汗だくになったので着替えて近所のジャスコへ行き、買い物をした。さらに本屋にも行って漫画を買った。

時間がないなと最近思う。特に夕方の4時あたりから夜の7時あたりまでは、時間が進むのがめちゃ早い気がする。本当は他にもあれこれやりたい事ややらなければならない事がいくつかあるのだけど、なかなか時間がとれない。
いやいやツイッター見る時間とか漫画読む時間とかもう少し削れば楽勝でしょうとわかってはいるのだけど、でも私としては、そういう時間を削る事なくあれこれやりたいし片付けたいわけでありますよ。などと勝手な事を考えている。
そして今日が終わっていく。
21

イカレー。

近所のお寿司屋さんに配達に行った帰り道、いつものように鰻屋さんの前を通ったら、まだ午前中だというのにお店の窓から煙がもうもうと漏れていて、そうか今日は土用の丑の日だ、さすがに張り切ってんなー、と思いながらすぐ先の交差点は赤信号だったので、車の運転席の窓を開けた。車の中に、うなぎを焼く美味しいにおいが入ってきた。たまらん。

午後、洋裁に精を出す。今日は自分用のブラウスを縫った。夏の服はすぐ縫える。

ツイッターを見ていたら、「ノストラダムスの大予言」の著者が亡くなっていたとのこと。
私は確か小学生の頃、同級生の女の子から教えてもらって「ノストラダムスの大予言」を初めて知った。しかし1999年の7月、私は28歳になっているはずで、そんな大人になった自分がまずイメージ出来なかったので、世界が滅亡すると言われても、あんまりピンと来なかった。

兄などはかなり真に受けて震え上がった経験があるらしいので、その点私は想像力が足りなくてしあわせな子どもだったといえよう。
(それよりも近所のお寺で見た、地獄極楽図の方がトラウマになった)

夕飯は、昨日の「きょうの料理」で見たチキンカレーを作った。玉ねぎを蒸し煮にするので長時間炒めなくて良くて、材料もシンプルでとても手軽にできた。しかも、調味料は塩だけなのに、ちゃんとカレーの味がする、でも全然辛くない、うーん不思議。
辛いカレーが食べられない私にとって、とてもありがたいカレーだった。また作ろう。
(兄は物足りなかったみたいで、チリパウダーをふりかけて食べていた)

shareImage_1595338985
兄のリクエストでイカも入れました。イカレー。
20

近況

暑い。
ひっつめ髪に飽きたので、この間美容院に行ったというのに、髪を下ろすと首回りが暑くて仕方がないので、結局またひっつめ髪で過ごしている。
ついでに前髪もぴっちり横分けにしてピンで留めている。以前と同じ髪型だ。

横分けにした前髪は、なんというか毛先がくるんとウェーブになっていて、そういえば父もこんな前髪だったなあと思い出した。パーマはかけてないはずなのに、父のあの波打った前髪はなんなんだろうと昔は思っていたが、あれはくせ毛だったのだ。年をとり、髪のくせがより強くなって、父と同じ前髪になって、あの前髪の成り立ちがやっと理解できた。
意外なところで自分に父の面影を感じてしまった。なんだかなあ。

普段あまりにも身体を動かさないので、今日からラジオ体操をやってみることにした。子供の頃からとにかく運動というものをしてこなかったので、筋トレとかプランクとかは、私にとってはものすごく敷居が高い。あれはリア充の人たちがやる、キラキラした運動だ。なので私は真面目にラジオ体操をやろうと思う。こうしてブログに書いたし、ツイッターにもツイートしてしまった。公表して後戻りできなくする作戦である。

今日は縫い物をして、自分用のパンツを1本仕上げた。明日撮影しよう。
19

なぜまだ眠いか。

朝7時過ぎ起床。今日は近所の四九の市の日。
四九の市は、雨続きのためここのところ2回連続で休んでいるので、もうあんまり休みたくない、次は多少の雨なら出店するぞーと決めていた。

曇り空ではあるものの、雨が降る気配はなさそうな天気で、よしよしと思いながら玉子焼きを売った。そのうち晴れてきて、気温もぐんぐん上がっていったが、風がそよそよ吹いていたので割と快適に過ごせた。

11時過ぎに撤収。帰って少し仕事をした。

今日はお米を切らしてしまったので、お昼はひやむぎを食べた。
最近、兄はラー油にはまっていて、何にでもラー油をかけている。今日もひやむぎのめんつゆにラー油をたらして食べていて、食後は「今度ひやむぎを食べるときは、もうめんつゆは無しでいいや。ひやむぎに直接ラー油とネギかけて食べる」と言っていた。減塩になるのは良いことだとは思うけど(ラー油は塩分0なので)、味的にはいいのかな。と、辛いものが苦手な私は思う。

食後は案の定眠くなって、昼寝をした。というか今日は朝市のときもずっと眠かった。平日よりも、日曜の方がたっぷり寝ているはずなのに、なぜまだ眠いか。早起きして二度寝した方がいいのかなあ。
目を覚ましたのは夕方の4時半過ぎで、あー寝ちゃったなあと思いながらのそのそ起きた。

お米のない夕飯は、ツナとトマトの冷製パスタ。あと、昨日の残りのマグロの刺身に和風ドレッシングをかけたら、兄はそれもラー油をたらして食べていた。

夜、本当は昼間からやりたかったのよね...と思いながらミシン。
だが、ロックミシンをかけていたら、うっかり途中で下ルーパー糸を切らしてしまい、糸換えに難儀した。取説を見てもよくわからず、ネットでエクシムロックの糸換えの動画を検索して、結局4本の糸を全部掛け直してようやく調子が戻った。エクシムロックの取説よ、下ルーパー糸の糸かけレバーCの説明ちょっとわかりづらいよ...。でも今回これで学んだからもう大丈夫かな。
17

ダイジェスト

7月14日(火)

・雨だったので、朝市を休んだ。
・取り寄せしていた布が入荷したとの電話をもらったので、午後から大塚屋へ。
・先月末に大塚屋に行った時、店頭のサンプルを見て「いいな〜」と思った布が在庫切れだったので、店員さんに入荷の予定を尋ねたら、なんかいつの間にか取り寄せてもらうことになってしまい、それはまあいいんだけどでもその手続きの時、店員さん布の色間違えてない?という一抹の不安があったのだけど、ちゃんと私が希望していた色の布が届いていた。よかった。
・夕飯は、家のホットプレートで焼肉をした。

7月15日(水)

・昨夜焼肉したからなあ、と思い、居間の床の拭き掃除をしようと、10年前に買った回転モップを久しぶりに引っ張り出したら、本体のペダルが壊れたらしく、バケツの中でモップがしっかり回転してくれなくてちゃんと水が切れない。仕方がないのでモップを手で絞りつつ床を拭いたら床がびしょびしょになった。買い直すかなあ。
PFFオンライン映画祭5日目のプログラムの、山中瑶子監督の「あみこ」と最新作「魚座どうし」を、ようやく見た。上映期間は今夜の23時59分までで、本当にギリギリの鑑賞になってしまった。映画の後の、監督と池松壮亮さんのトークショーは、冒頭10分くらいしか見れなかったもんね。オンライン上映、自宅のPCで好きな時間に見られるので敷居が低くて良いけど、まだ期間内だから大丈夫〜と思ってつい油断してしまう。
・「あみこ」はやっぱり良かった。あみこかわいい。そして「魚座どうし」は短編だけど、短編だからといって雰囲気で見せるんじゃなくて、ちゃんとお話を伝えようと作られているのがいいよなと思った。

7月16日(木)

・雨が降ってないので、喜び勇んで洗濯をした。
・DVD化されてないので眞島さんファンの間で伝説と化している、東海テレビ制作の2014年の昼ドラ「シンデレラデート」、三重テレビで今日から再放送が始まった。ありがとう三重テレビ。三重県民で良かった。
・眞島さんは人妻のヒロインと恋に落ちるジャカルタの駐在員の役で、まだ初回しか見てないけどまあとにかくかっこいい。ヒロインがいかにも悪そうな男達に絡まれているところに颯爽と登場して、男達にパンチをお見舞いし、ヒロインの手を取って一緒に逃げる。それからヒロインに「これって運命だよね」とか言う。ヒー!あんまりかっこよくてムズムズする!眞島さんのかっこよさを堪能しよう。

7月17日(金)

・朝起きたらしとしとと雨が降っており、庭に干しっぱなしだった洗濯物がしっとり濡れていた...しまった...。もうちょっと持つかなと思ってたんだけどなあ。
・近所の八百屋さんの朝市へ。試食用に茹でたとうもろこしや、熟れ熟れのメロンの切れ端をいただく。うまい。
・本屋さんで「ミーナ」を買った。若い子向けのファッション雑誌だけど、載っている服がとても好みだったので。別にいいよねー、と思いつつ、しかし本文の字がやたらと小さくて、ああやっぱり若い子向けなんだなあ...としみじみしながらローガンキョーをかけた。

--------------

ウェブ拍手&メッセージお返事

・なるほど、照り照りの秘訣ははちみつか水飴...!私は今まで砂糖しか使ってませんでしたねー。参考になりました、ありがとうございます!

・庭が本当に荒れまくっていた頃、シルバー人材センターもちょっと考えたんですけど、結局身内の自力でなんとかしましたね。電ノコで木を切ったりとか。
13

照り照りのツヤツヤ

二度寝の後、9時過ぎにがばりと起きたら小雨が降っていた。
昨日のうちに庭の草むしりしておいて良かった〜。
あと洗濯物も、昨日のうちに軒下に移しておいて良かった〜。

今日は仕事をしなかったので、兄の配達に同行して、ついでに帰りにジャスコに寄って、お昼用にスーパーの惣菜コーナーで「鶏レバーの赤ワイン煮」と「ごぼうとレンコンのサラダ」を買った。

市販品の鶏レバーの煮物は、どうしてあんなにタレが照り照りのツヤツヤなんだろう、といつも思う。煮汁がいかにもタレって感じでおいしそう。私が自分で作ると、完成直後はまあ照りはあるんだけど、翌日にはつやはすっかり消え失せている。煮汁は、単なる汁だ。煮汁に片栗粉でも入れてとろみをつけるのかしらん。まさか。と、ここで「煮えた鶏レバーをいったん鍋から取り出して、煮汁だけ煮詰めてとろみをつけて、それから鶏レバーにからめる」というのを思いついたので、今度やってみよう。

午後は、洋裁をした。頼まれものの作務衣をごんごん縫う。
上着が大体出来上がったところで、近所のジャスコに買い物に行った(午前中のジャスコはまた違うジャスコ)。
あれこれ買い歩いているうちに、なんか太ももの裏が痛いな?と気づいた。筋肉痛だ。来るかとは思っていたけど、やはりきっちり来やがった。それからはもう、立ったり座ったり歩いたり、動くと痛い。つらい。
庭がさっぱりしたのだけが救いである。
13

草をむしる

今日もまた、ぐずぐずした天気なのだろう...と思いながら起きると、雨が降ってないのでちょっとおどろいた。久しぶりの晴れに少々戸惑いつつ、近所の八百屋さんの朝市へ。

11時過ぎに撤収して、お昼を食べた後、待ってましたとばかりに洗濯をした。我々兄弟は、自分の分は自分で洗濯するシステムなので、今回も自分の洗濯物だけだったのだけど、洗濯機は2回まわした。
風もよく吹いていて、干した洗濯物も早く乾きそう。

頼まれものの服を縫わなければ!というわけで、まず裁断をする。
その後、思い立って庭の草むしりをした。

今週末に、浄化槽の点検の人が庭に来るので、せめてその浄化槽の蓋のまわりぐらいは整えておかなければ、とずっと考えていたのだ。
以前、庭が荒れ放題で雑草も伸びまくりだった頃、あまりのことで蓋がどこにあるのかわからず(そして我々も蓋の位置を知らず)、点検の人が「無理です」と帰ってしまったこともあった。あれは申し訳なかった。

そんな庭を、2年ほど前にえいやっと片付けて(主に母が)、おかげでそれなりにさっぱりした庭になった。しかし時が経てば、また雑草は伸びるのだった。

私は正直、ガーデニング的なことにあまり興味がなくて、それよりまず虫が苦手なので(特に足が沢山あるやつと全くないやつが)、庭の手入れはついおろそかになる。もう一切合切お任せするから、誰か庭いじりの好きな人がうちの庭を整えてくれないだろうか...と、都合の良いことを考えるけど、そんな人は現れない。

虫が出ませんように、と祈りながらわしわしと雑草を抜いて、蓋のふちに土がめり込んでいて開けづらそうだったので、スコップで掘って土をどけた。小一時間ほど作業して、抜いた雑草は大きなゴミ袋いっぱいにたまった。結局、ぎゃー!と叫びたくなるタイプの虫は出てこなかったので良かったが、早速ひざがガクガクになった。運動不足この上なし!明日はもっと筋肉痛になるだろうか。
11

無意味な保険

朝8時、鈴鹿の白子朝市に出店。
家を出たときは、雨は止んでいて、どうせまた降るんだろうけど、午前中なんとかもってくれたらいいな、と思っていたのだけど、9時前からざんざんと降ってきやがったのだった。くうう。

本降りの雨の中、傘を差したお客さんたちは急いで買い物を済ませて帰っていく。でもたまに、「雨なんて降ってないでしょ」と言わんばかりに傘なしで濡れながら悠々と買い物してる人もいて、あれはちょっと面白い。そんな光景を、店のテントの下で見ていた。

いつもなら11時頃までいるのだけど、結局10時前に撤退。でも今日は昼から予定があるので、早めに帰って、また余裕を持って出かけられるので良しとしよう。

お昼、東員町の大きなジャスコに行き、友達のNちゃんと待ち合わせ。イオンシネマでヨーロッパ企画の「ドロステのはてで僕ら」を観た。

先月、オンライン上映で見たとき、鏡合わせの理屈とか、カトウが5階に行くときにアレをああして行く(ネタバレになるので伏せます)理屈とか、正直よくわからなかったんだけど、今回映画館で見てもやっぱりよくわからなかった。そして、Nちゃんもわからなかったと言っていたので仲間だなと思った。
でもまあ、その辺の理屈はわからなくても、全然乗って行ける、楽しい映画なので。

久しぶりにNちゃんと会っていろいろ喋ったけれど、話題はやっぱり新型コロナのことが多かった。自粛期間中どうしてた?みたいな。
それで、喋りながら自分でも「あ、これって」と思ったのは、「私、なんかもうコロナは収束したみたいな感じで話してるな」ということ。それで慌てて「まあ、この先もどうなるかわからないけどねー」などと付け足してみたりして、無意味な保険を掛けてる自分がいるなあということ。
そう言っておけば、自分は決して気を緩めているわけじゃない、うかつな人じゃない、だから大丈夫、と安心したいのだろう、私そういうとこあるよな、あーあ。と思った。

でも、友達とご飯食べて映画見てお茶出来て、楽しかった。

Nちゃんと別れて、スーパーでお惣菜を買って帰った。
9

罪悪感なく食べられるから

朝、起きるとそれなりに雨が降っていたので、本日の四九の市はお休みとした。
なにしろ近所なので、一応、車で現地までこっそり見に行ったのだけど、3、4軒しかお店は出てなかったので、よし休もうと決めて帰った。

しかし、ここの朝市に参加させてもらうようになってまだ1年ちょっとなので、他のお店のことはあまりよく知らないのだけど、今日も出店していたお店は、きっと相当な悪天候でも、他のお店が軒並みお休みでも、毎回きっちり出店しているのだろう。すごい。えらい。

仕事をして、お昼を食べて、のんびりだらだらと過ごす。

夕飯は、豚肉と春雨の炒め煮を作ったらおいしかった。また作ろう。
あとポテトサラダも作った。前々から作ろうと思っていたのだけど、しかし今日のこのタイミングなら、お惣菜のポテトサラダを買うべきだったのかもしれない。でも私、お惣菜のポテサラは昔からあまり好きではないのです。ごめん。

ちなみに兄はお惣菜のポテトサラダが大層好きで、それは「凝った手作りのは、お手間とらせて申し訳ない気持ちになるので、コンビニ弁当に入ってるようなぞんざいなやつの方が、罪悪感なく食べられるから」とのこと。いろんな考え方の人がいる。

夜は、オンラインPFFの市井監督と眞島さんのトークショーをようやく見た。自主映画時代の眞島さん、ちょっと見てみたいなあ。

それにしても、雨はいつまで続くのか。
8

パッとしない日だったけど

朝6時頃、激しい雨音でうっすら目が覚めた。
えらい土砂降りだなー、と思いながらまた寝て、7時半過ぎ、本格的に起きた。
今日は桑名の三八の市に出店する。アーケードのある商店街なので、雨でも普通に出店できるのだけど、今日はお休みのお店もちらほらあった模様。
実際のところ、天気の方はぐんぐん良くなっていったのだけど、お客さんの数は終始少なめで、うちの売り上げも随分とさみしいものとなった。まあこういう日もありますな。

さっさと切り上げて帰り、仕事をした。

ところで。
実を言うと、今朝の土砂降りで、家が雨漏りした。1階のお風呂の脱衣所の前の廊下が、びしょびしょになってしまったのだった。お恥ずかしい。
というわけで、仕事が終わってから兄が外側にある雨樋を掃除した。すぐそばに高いびわの木が立っているので、結構な量のびわの落ち葉が溜まっていたようだ。家のメンテナンスは大変だ。

夕方、近所のジャスコの本屋さんに行って、和山やまさんの「女の園の星(1)」を買った。
FEEL YOUNG誌で連載中なのだけど、気がつけば最近、うちの近所の書店ではフィーヤン全然売ってなくて、あれは一体なぜなんだろう。なので「女の園の星」は、絶対面白いんだろうなあと思いつつ、1ページも内容を知らないまま、単行本の発売日を迎えたのだった。そしてやっぱり、めちゃくちゃ面白かったのだった。

今日は朝市全然しょぼかったし、雨漏りしたし、縫い物しようと思ってたけど眠くなってやっぱり昼寝しちゃったし、全体的にあんまりパッとしない日だったけど、面白い漫画が読めたからまあいいか、と思った。
7

土日の日記

7月4日(土)

四九の市の日。昨日から、明日は雨だ雨だと言われていて、確かに雨降りではあるんだけど、でも「この程度の小雨なら」と思ったり、はたまた「これからもっと降ったらつらいしな」と思ったり、散々迷った挙句いつもより30分ほど遅れて出店した。本当、微妙な天気って困る。
休んでいるお店もあったし、往来のお客さんもいつもより少なかったけど、天気は結局大体曇り、たまにポツポツ降ってはすぐ止む、の繰り返しで、場所代を惜しげなく払える程度には売り上げもあったので、まあ出店しといて良かったなと思った。

午後は頼まれものの縫い物をした。
あと、何年か前に兄に縫ってあげたステテコ的なやつの、股の部分が少し破れてきたよと言うので、ちょっと縫って直した。破れているのはこの部分だけだから、と兄は言っていたが、布全体が劣化してきたようで、よくよく見るとあちこちに小さな穴もいくつか見受けられた。不憫なのでまたそのうち縫ってあげようと思う。

夕飯は、兄のリクエストでまぐろの一口カツに、豆苗とキャベツの塩もみしたやつをてんこ盛りにして、マヨネーズとケチャップを混ぜただけのオーロラソース的なやつをかけたものを作った。豆苗とキャベツの塩もみは、以前テレビを見て作った中華風かつおの漬けの下に敷いていたやつで、兄はこれをたいそう気に入って、今度は上に乗せてほしいのだと言う。漬けとカツは違うけどな、と思いながらも言う通りに作ってやったら、これが案外おいしかった。


7月5日(日)

三滝川・慈善橋の朝市。6時に起きて準備して、6時半前に着いたけど、やはりもう普通にお客さんが来ていて賑わっていた。皆、朝早過ぎ。
今日は強風も吹かず、テントを飛ばされることなく、平穏に玉子焼きを売ることが出来て良かった。雨も降らなかったし。

午後は、自分の縫い物をした。カットソーを縫ったのだけど、何年か前にも縫ったことがあったので、型紙が残っているはず、と探したけどなかった。どうやら以前、型紙裁判(型紙の断捨離)をやったときに処分してしまったらしい。オーノー。「捨てなきゃよかった...」というケースは初めてだな。

元の洋裁本はあるので、また写した。簡単な服なので、型紙のトレースから始めても結局2時間ちょっとで縫えた。この型紙は、念の為保管しておこう。

夜、PFFオンライン映画祭の2日目、市井昌秀監督の「隼」上映と、市井監督と眞島さん(「サウナーマン」タッグ!)のトークショーの配信を見た。
と言っても生配信は間に合わず、トークショーの方はまだ殆ど見てないのだけど。

「隼」は、古びた一軒家で貧乏な夫婦が険悪になっていく話。エアコンが買えなくてふたりとも家ではブリーフ一丁スリップ1枚で過ごしていたり、肉のない食生活だったり、あと妻が職場で罰金を渋々払うときに小銭で払ったり、貧乏のディテールが沁みた。

生配信を、ちゃんと生で見ることって、私には案外むずかしい。
トークショーはこれからじっくり見ます。
4

雨の日

10時半過ぎ、仕事の準備をしていたら、ポツポツと雨が降ってきて、つい1時間ほど前に水通しして、庭に干していた布を慌てて引っ込めた。天気予報では、雨は昼からと聞いていたので、ギリ乾くかなと思っていたんだけど甘かった。しかし、2.5mの長さの布を干せる場所は室内にはないので、結局雨の当たらない軒下に無理やり干し直した。

仕事が終わってから午後、ふと思い立ってバナナの蒸しパンを作った。思い立ってというか、前々から作ろうと思ってはいたのだった。なぜなら、貰い物の完熟バナナをなんとかせねばならないから。そのまま食べれば早いんだけど、いつも食べるのを忘れてしまう。

レシピは、先月放送されていた「きょうの料理」のふんわりバナナ蒸しパン。バターではなくサラダ油を使って、蒸し器で蒸す。量った材料を次々とボウルに入れて、泡立て機でぐるぐると混ぜていくだけなので、簡単だった。
夕飯の後、1個食べてみたら、想像していたよりもどっしりもちもちとした食感だった。今思えば、ベーキングパウダーが少なかったかもしれない。でもまあ、バナナの風味は強かった。残りは明日の朝食としよう。腹持ち良さそう。

夜、RickRackのミニレシピの快適マスクを縫ってみた。

なんだかんだで今もちょいちょいマスクを縫っている。近頃は配達先や朝市で、マスクをしてない人もまた見かけるようになったけど、私自身は、マスクを着けるようになってから、「顔を隠せるのって楽だなー」と実感してしまったので、暑いと思いながらも着けている。以前は、そんなの、多感な女子高生じゃないんだから...と思っていたのだけど。いろいろ変わるものである。

外は雨がいよいよ本降りになってきた。明日の朝市は休みだなー、と8割方考えている。
3

毎日こんな天気だったら

朝4時半過ぎ起床。表に出ると、程よく涼しくさらりとした空気で、あー、夏は毎日こんな天気だったらいいのになーと思う。でもきっと、そうは問屋が卸してくれないのだろう。

近所の八百屋さんの朝市に出る。天気は良かったけど、今日はお客さんは少なめだったと思う。
八百屋さんの若奥さんがちょっと笑って「正直、緊急事態宣言が出てた頃の方が、忙しかったよね」と言っていた。

そうなのだ、あの頃はとにかく外に出るのもちょっとはばかられる感じだったし、ジャスコに行くのも「人が多いと心配だわね」という感じで敬遠されていて、その点ここの朝市は朝市といっても八百屋さんが自分のところの倉庫で開いているあれなので、近所の人たちは「ここならセーフでしょう」と買い物に来やすかった部分はあったと思う。
以前ラジオで聞いた、緊急事態宣言の時、野菜の無人販売所に人気が出た話を思い出した。

11時過ぎ、撤収。帰って仕事。
お昼を食べて、少し休んでからまたひと仕事。

夕飯は、家にじゃがいもとにんじんと玉ねぎがあるので、カレーにしようかと思いつつ、いやしかしカレーは結構塩分がなあ、昨日外食したしなあ、それにカレーを作るには時間もあまりないしなあ、と悩んだ挙句、豚の生姜焼きと、にんじんとツナの和え物、あとおぼろ豆腐にした。困った時の豚の生姜焼き頼み(玉ねぎ入り)。

食後は洋裁をした。頼まれ物で、袖なしの開襟シャツを縫った。昨日から縫っているのだけど、落ち着いて、丁寧に〜と思いながらも、結局は完成まで突っ走ってしまった。なので、少し強引にやっつけた部分もあり。反省。


------
ウェブ拍手お返事。

首かけ扇風機、気になっている方は結構多いみたいですね。やっぱり毎年酷暑ですものね。風に当たりすぎると身体に良くないのではないか、についてですが、私が買ったやつは正直、それほど風力は強くないので(一応3段階の風力切り替えスイッチはついてますけど)、長時間使って冷え過ぎる、みたいなことはなさそうです。私自身はドライアイなので、顔に風をあてると目が乾くかも、と少し心配していたのですが、実際は目のあたりまで風は届かない感じで、今のところあんまり気になりません。風があたるのは、主に首と下あごですかね(笑)。しかしまあ、両手があくのはとても便利ですよー。




livedoor プロフィール

wee

1971年6月生まれ。趣味は洋裁とサッカー観戦など。サッカーのユニフォームはピチピチよりもゆるゆる派です。機転の利く人に憧れます。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ウェブ拍手

「とりあえず読んだら押しとく」
という習慣を身につけておくと
何かいい事があるかもよ(ないかもよ)


ウェブ拍手って何?

メッセージ

名前
メール
本文
月ごとインデックス
  • ライブドアブログ