お久しぶりでございます。
最近は、映画館で上映されてる時に「あー、ちょっと見たいかな」と思いつつ、結局見に行かなかった映画のDVDをレンタルして見たりしています。
ここのところずっと洋裁はお休みしていまして、このブログもしばらく休みだなあと思っていたんですが(せっかくいただいたコメントにレスもしてなくて本当すみません)、それでも映画を見るとやはり「これ見たよー」などと人に言いたくなるもので、今日は最近見た映画の感想などを書いていきたいと思います。なんか今更なやつばっかりなんですけど。

・大洗にも星はふるなり


レンタル店で、ふとこのDVDを手にして「そういえばこれ、ムロツヨシが出てるんだなあ」と思って借りてみました。最近、なんとなくムロツヨシが目に入りませんか。ドラマ「うぬぼれ刑事」にも出てたし。特に好きっていうわけでもないのですが、この人が出てるとなんか、ちょっと面白いのかなと思ってしまいませんか。そういう系の俳優さん。
大洗の海の家でバイトしていた男たちが、マドンナ的存在だった江里子から「会いたい」と手紙を貰い、クリスマスの夜にのこのこ集まった。誰もが「俺こそが彼女の本命」と主張するが...というお話。舞台っぽいなあと思っていたら、本当に元々舞台版が先にあったんですね。話の展開やテンポ、役者さんの演技もそれぞれ良いんだけど、多分、舞台版の方がもっと面白いんだろうなあとちょっと思いました。この監督が脚本を書いた「逆境ナイン」は凄く好きだったんだけどなあ。なんだろう、撮り方かなあ?

・アフタースクール


人の良い中学教師・神野の元に、中学時代の同級生を名乗る男がやって来る。同級生で神野の親友・木村を探しているという。真面目なサラリーマンのはずの木村は浮気をしているらしい。神野は、男の怪しい探偵仕事につき合わされる事に。
なんとなく借りてみたんですけど、面白かった! 騙されたよー、ものの見事に騙されたよー。そして騙された事が楽しかったし嬉しかったよー。3回見ました。いい話なんだけど、湿っぽいところがない所も好み。何か原作があるのかな、と思っていたんですが、内田けんじ監督のオリジナル脚本なんですね。凄い。そして、知らなかったけどこの映画にもムロツヨシは出ていたのでした。ムロツヨシ特集か(笑)。

・運命じゃない人


善良なサラリーマン・宮田のある夜の出来事を、いろんな角度から語ると、全く違う別の物語が見えてくる...という映画でした。「羅生門」みたいな感じでしょうか。いや「羅生門」見た事ないけども(笑)。
「アフタースクール」が良かったので、同じ監督のこれも見てみました。これも面白かったです。DVDのパッケージデザインで損してる気がする。セリフの言葉の選び方が、自然な感じで凄く好きだなあ。宮田の親友・神田と宮田の元恋人・あゆみの会話のテンポが特に好き。あと、ヤクザの組長・浅井のボヤキも妙に納得出来たりして面白かったです。この監督は、男女の恋愛よりも男の友情を描く方が好きなのかなあ。宮田よりもむしろ神田の方がいい奴だよね!
予告編の動画を貼付けましたが、もしもこの映画を見ようかなと思った人は、この動画は見ない方がいいと思いマス。

・鴨川ホルモー


前々からちょっと見たいなーと思っていたんだけど、うちの近所のレンタル店では何故かいつも貸し出し中で。やっと見ました。役者の熱演も設定の奇想天外さも良かったんだけど、全体通して見ると「まあまあ」かなー。もっっとバカバカしいのを期待していたからかなあ。

・クヒオ大佐


実在の結婚詐欺師をモデルにしたお話。これは劇場公開の時から見ようか見まいか迷ってたんですよねー。だって、切ない系というか、「面白うて、やがて哀しき...」みたいな感じだったら見るの嫌だなーと思って(個人的な好みとして)。それで実際に見てみたら、なんというかちょっと不思議な落としどころで、これはこれで良かったかなみたいな(ぼんやりとした感想)。クヒオ大佐の詐欺師っぷりが思っていたよりヘボかった気もしますが、だからこそ弁当屋の女社長の弟との絡みは面白かったなあ。

他にももう何本か、DVDを借りて見たはずなんですが、何の映画だったか忘れてしまったので(ひどいなあ)、今日はこの辺で。ではまた!